秋アニメ『ワールドトリガー』3rdシーズンより、11月27日(土)から放送の第8話「意志」のあらすじ・先行場面カットが公開された。あわせて追加キャスト情報も発表。里見一馬役を森久保祥太郎が、佐伯竜司役を新井良平が担当することに決まった。キャストの2人からはコメントも到着している。



『ワールドトリガー』の原作は、葦原大介が「週刊少年ジャンプ」「ジャンプSQ.」にて連載しているSFアクション。
未知なる力を持つ「近界民(ネイバー)」の侵略に対抗するべく組織された界境防衛機関「ボーダー」の隊員・三雲修が、「近界(ネイバーフッド)」からやってきた謎の少年・空閑遊真と出会い、ボーダーの少年たちと共に切磋琢磨しながら奮闘する姿を描いている。



第8話のタイトルは「意志」。
玉狛支部のメンバーが焼き肉屋で偶然にも出くわしたのは、B級ランク戦ROUND8の対戦相手である二宮隊のメンバーだった。
玉狛支部に戻った修達は最終戦に向けて対策を講じようとするが、ヒュースが千佳に投げかけた質問の波紋が広がり……!?



また、今後の話数で登場する草壁隊所属ボーダーNo.1銃手の里見一馬の設定画とキャスト、オールラウンダーの佐伯竜司のキャスト情報も公開された。里見一馬を演じるのは森久保祥太郎、佐伯竜司は新井良平が担当する。



『ワールドトリガー』3rdシーズン第8話「意志」は、11月27日よりテレビ朝日ほかにて放送開始。

<以下、コメント全文掲載>

里見一馬役・森久保祥太郎コメント



里見一馬は、とても気さくな人物で誰にでもフラットな付き合いをしているバランスの良い性格だと思いました。
それ故に自己の欠点も素直に認められ、また他人の良い所を素直に評価できるという、とても大人な人物で演じていて清々しかったです。
実際のところ能力は高い部分もあるので、彼が活躍する未来を期待せずにはいられません!

佐伯竜司役・新井良平コメント



佐伯くんは今シーズンにおいて、出演が“あの一言”だけで終わる可能性が非常に高かったので、収録日には髪型も少し寄せてみたりしてまさに一球入魂の精神で臨ませていただきました! 画面越しに伝わりますと幸いです(笑)。
草壁隊のA級隊員ですし、風刃の候補にも挙がったことがあるのできっと戦ったら強いんだろうなと、今後あるかもしれないバトルシーンなどの活躍にも期待しております!

タイトル:『ワールドトリガー』3rd シーズン
2021年10月9日(土)よりテレビ朝日系列にて放送中!!
原作:葦原大介(集英社「ジャンプ SQ.」連載/ジャンプコミックス刊)
製作:東映アニメーション

(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション