コメディを朗読劇で楽しむ朗読劇ブランド「CONTELLING (読み:コンテリング)」の第2作『親の奢りで』が、3月13日に舞浜アンフィシアターにて上演。その公演写真が公開された。

本作の脚本・演出を手掛けたのは、第1回『とりあえずウーロン茶』に続き森田哲矢(さらば青春の光)が担当。そして、黒で統一されたシックな衣装に身を包んだ梅原裕一郎、榎木淳弥、坂本千夏、関智一、日笠陽子、森久保祥太郎という豪華声優陣が初のコメディ朗読劇を好演した。

本公演は『親の奢りで』『大味屋』『娘さんをください』『お開きにしたいやつら』『昔の仲間』『それぞれのライフスタイル』『三択』『夢追い人』の8つのストーリーのオムニバス形式のコントとなっており、梅原としてはめずらしい配役となった祖母役や、森久保演じる昭和の父親役、関のクレイジーな部長役など見どころが満載。公演タイトルにもなっている「親の奢りで」のその意味も明らかとなった。

千秋楽のカーテンコールでは、初めてコメディ朗読劇に挑んだ各キャストから「すごく楽しかった!」など興奮交じりに次々と感想が述べられ、最後には関の呼びかけで脚本・演出を務めた森田が登壇。森田は「楽しく見させてもらいました。台本を何倍にもして演じてくださって、声優さんて本当にすごいんだな、と。でもアドリブが多すぎますよね(笑)」と話し、キャスト同士も少々混乱するほどのアドリブの掛け合いがさらに会場を沸かせていた。

なお、夜公演は3月21日(月・祝)23:59までアーカイブ視聴が可能となっている(チケット販売は3/21(月・祝)21:00迄)。