2022年もスタートして早3ヶ月、年度も変わり新作アニメ情報も次々に解禁されている。その一つ一つに胸躍らせているアニメファンも多いだろう。そんな中、一際目を奪われるのがアニメ独自に物語が紡がれる作品、いわゆるオリジナルアニメの数々だ。

前年度は実に多くのオリジナルアニメが制作され、大きな話題を呼んだ作品も多くあった。果たして今年度いかなるオリジナルアニメが公開されるのだろうか。注目作と注目ポイントをチェックしていきたいと思う。

TIGER & BUNNY 2



2011年に放送となったアニメ『TIGER & BUNNY』。2012年と2014年には劇場版も公開された本シリーズのさらに先のストーリーを描くのがこの『TIGER & BUNNY 2』だ。

特殊能力「NEXT」を持つヒーローたちの活躍と苦悩を描く本作。その綿密な社会設定と、そこを生きるキャラクター一人一人の人間味溢れる描写が見るものの心を惹きつけてきた。ここまでの物語で活躍してきたヒーローたちはその後いかなる人生を歩み、今どう生きているのか。注目が集まる。

シリーズ構成は西田征史が引き続き担当し、監督には新しく映画『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート』の監督などで知られる加瀬充子がクレジットされている。新監督はいかに本作のキャラクターたちを描くのだろうか。注目して鑑賞していきたい。

おにぱん!



新年度から放映開始となるアニメ『SPY×FAMILY』の制作でも注目を集めるアニメ制作会社・WIT STUDIO。本制作会社が時を同じくして放送するのがこの『おにぱん!』だ。

鬼と人間が共存する世界、3人の鬼の子供が「おにぱん」と呼ばれる鬼族に伝わるパンツを用いて立ちはだかる難問に挑む姿が描かれる。テレビ東京系列で放送されているバラエティ番組『おはスタ』内にて月曜日から金曜日まで放送され、一週間を通して一本の物語になるという放送形式も気になるポイントだ。

主人公である鬼の子3人を演じるのは野崎結愛、根岸実花、野中ここなと初々しい面々。対して脇を固めるのは前田佳織里、富田美憂、井上喜久子と実力派が揃う。キャストたちが見せる演技のマリアージュも楽しみにしたい。

エスタブライフ グレイトエスケープ



『スクライド』や『コードギアスシリーズ』など多くの作品で監督をつとめてきた谷口悟朗が原案・クリエイティブ統括を務めるメディアミックスプロジェクト『エスタブライフ』。そのテレビアニメ作品として制作されるのが『エスタブライフ グレイトエスケープ』だ。

生まれたクラスタに馴染めない者を別のクラスタに「逃す」ことを生業とする「逃がし屋エクストラクターズ」の活躍を描く本作。エクストラクターズの面々の個性的なキャラクターも本作の魅力の一つだ。演じるのは嶺内ともみ、高橋李依、長縄まりあ、速水奨、三木眞一郎とこちらも魅力的な面々が名を連ねる。

谷口悟朗監督による本メディアミックスの劇場アニメ『エスタブライフ リベンジャーズロード』も公開予定。本アニメと同時にメディアミックス作品たちもチェックしていきたい。

BIRDIE WING -Golf Girls’ Story-



女子ゴルフをテーマに、バンダイナムコピクチャーズが制作するのが本作『BIRDIE WING -Golf Girls’ Story-』だ。

裏街道の賭けゴルファーであるイブと表世界のエリートゴルファーである天鷲葵を中心に物語が紡がれる本作。2人の主人公を演じるのは鬼頭明里と瀬戸麻沙美だ。2人がいかなる掛け合いを見せるかも本作の大きなポイントとなるだろう。

また、本作の主題歌を担当するのは「ロマンスの神様」「ゲレンデがとけるほど恋したい」をはじめ、90年代を中心に数々のヒット曲を生み出してきた広瀬香美。ゴルフブームの時代と相まったこのタイアップにも作品の空気感を感じることができるだろう。放映が楽しみだ。

群青のファンファーレ



入学倍率10〜20倍といわれる競馬学校の騎手課程に入学した少年たちの青春群像劇を描くのが本作『群青のファンファーレ』。

制作にはJRAが全面協力、JRA競馬学校の取材をもとに学校内部や騎手候補生の生活、騎手の世界の現実を描くなど徹底したリアル描写へのこだわりが本作の魅力の一つだろう。また、登場する個性豊かなキャラクターたちと、メインキャストである矢野奨吾・土屋神葉・花江夏樹を中心とした声優陣にも高い期待を感じずにはいられない。

本作の音響監督は土屋雅紀、音楽を担当するのは澤野弘之。エンディングも澤野弘之のソロプロジェクトSawanoHiroyuki[nZk]が制作し、JO1の河野純喜と與那城奨が歌唱する。音楽への高いこだわりも感じられる布陣だ。そちらも注目して作品を楽しんでいきたい。

物語の展開が放送までわからない、それがオリジナルアニメの魅力の一つだろう。週ごとに描かれる物語を楽しみにしながら今回紹介した作品をはじめとしたオリジナルアニメを楽しんでほしい。