実物大νガンダム立像「RX-93ff νガンダム」が、彩色済みアクションフィギュアブランド「ROBOT魂」に登場。2022年5月に「GUNDAM SIDE-F」にて販売される。



『ガンダム』シリーズとは、1979年のTVアニメーション『機動戦士ガンダム』放映開始以降、40年以上に渡り株式会社サンライズが製作する映像作品。プラモデルや家庭用ゲーム、ネットワークコンテンツ、映像音楽パッケージなどの商品・サービスが幅広く展開され、多くの支持を集めている。
1980年に発売開始した代表商品の一つであるガンプラ(ガンダムのプラスチックモデル)はガンプラリアルシリーズとSDシリーズとの累計出荷数7億個(2021年3月末時点)以上を販売するヒット商品であり、近年ではアジアを中心に北米、欧州など海外の販売シェアを拡大。
2022年10月毎週日曜17時からは、ガンダムシリーズのTVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』がMBS/TBS系全国28局ネットにて放送開始となる。

本商品「ROBOT魂<side ms>RX-93ff νガンダム」は、歴代7体目の“実物大ガンダム”である、実物大νガンダム立像「RX-93ff νガンダム」を立体化したアイテムだ。



新設定の「ロングレンジ・フィン・ファンネル」も再現されており、バックパックと腕へ取り付けられるギミックも搭載。
また、充実の可動域が、立像でのデモンストレーションをイメージしたダイナミックなポージングを可能にしている。



「ROBOT魂<side ms>RX-93ff νガンダム」は、5,500円(税込)で2022年5月に「GUNDAM SIDE-F」にて販売。後日、バンダイナムコグループ公式通販サイトや海外での販売も予定。

(C)創通・サンライズ</side></side>