4月21日は小西克幸さんのお誕生日です。

小西克幸さんは1990年代にデビュー。第9回声優アワードでは助演男優賞を受賞しました。2021年は『迷宮ブラックカンパニー』や『最果てのパラディン』などのタイトルでメインキャラクターを担当。2022年は『SHAMAN KING』や『鬼滅の刃』でも役柄を演じています。


そこで小西克幸さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。1月31日から3月28日までのアンケート期間中に261人から回答を得ました。
男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約35パーセント、20代が約25パーセント、30代が約25パーセントでした。


■『鬼滅の刃』宇髄天元が大差で1位に!

第1位

1位は『鬼滅の刃』の宇髄天元。支持率は約28パーセントで、昨年の同率トップから単独トップとなりました。



音柱・宇髄天元には「宇髄さんの頼りになる兄貴肌な性格に小西さんの声がぴったり! 三人の妻にかける優しい声色も素敵!!」や「豪快でド派手な性格だけど、柱としての強さもしっかり持ち合わせている宇髄さん。小西さんが演じることで頼もしさも倍増しているように感じました」と炭治郎たちの頼れる兄貴分として人気です。
『鬼滅の刃 遊郭編』で大活躍したこともあり、昨年以上の大差でトップとなりました。


第2位

2位は『デカダンス』のカブラギと『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のディアボロが同票。支持率は約6パーセントでした。



カブラギは巨大移動要塞デカダンスの装甲修理人。「カッコ良くて頼れるイケオジ。寡黙なキャラであまり喋らないのに感情がよく読み取れて、小西さんの落ち着きのある低音がマッチしていたハマリ役です」や「日常パートでは渋くて低めの声ですが、バトルシーンではお腹から全力で声が出ているような迫力があって最高でした」とナイスミドルを演じています。実はカブラギには隠された秘密があり、そちらで見せる芝居に触れた読者もいました。


ディアボロはギャング組織・パッショーネのボス。「ギャングのボスに相応しい風格と迫力のある声で、ヒリヒリとした緊張感が伝わってきました」といったコメントが寄せられました。
また「中村悠一さん演じるブチャラティと精神が入れ替わる場面では、小西さんが中村さんの話し方そのままに演じていて驚きました」と難しい芝居が求められるシーンに絶賛の声が届いています。


■そのほかのコメントを紹介!!



『世界一初恋』高野政宗には「仕事のときはデキる男でスパルタ上司なのに、律のことを一途に思い続けていて、そのギャップのお芝居がとても素敵です」。
『鬼灯の冷徹』ベルゼブブには「有名エリート悪魔なのに心は繊細。鬼灯様や妻のリリスにいじられる様をコミカルに演じ切れるのは小西さんの演技力あってこそ」。



『天元突破グレンラガン』カミナには「あの圧倒的な安心感がある兄貴ボイスは小西さんにしか出せない! 絶対に味方でいてくれると信じられるカリスマ性が備わっています」。
『迷宮ブラックカンパニー』二ノ宮キンジには「主人公だけど悪知恵が働くクズキャラというのがインパクト大。しかも気持ち良いクズっぷりで一瞬で好きになった!」と2021年に演じたキャラクターにも投票がありました。



2022年版では頼れるキャラはもちろん、天然だったり情けなかったりと多彩なタイプの役柄がランクイン。さまざまなキャラを演じてきたことがわかる結果となっています。

■ランキングトップ10

[小西克幸さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2022年版]
1位 宇髄天元 『鬼滅の刃』
2位 カブラギ 『デカダンス』
2位 ディアボロ 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
4位 アメリカ 『Axis powers ヘタリア』
5位 ゴセイナイト 『天装戦隊ゴセイジャー』
6位 男鹿辰巳 『べるぜバブ』
7位 生駒達人 『ワールドトリガー』
7位 高野政宗 『世界一初恋』
9位 カミナ 『天元突破グレンラガン』
10位 ガクト 『監獄学園』

(回答期間:2022年1月31日〜3月28日)



■ランキングトップ20

[小西克幸さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2022年版]
1位 宇髄天元 『鬼滅の刃』
2位 カブラギ 『デカダンス』
2位 ディアボロ 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
4位 アメリカ 『Axis powers ヘタリア』
5位 ゴセイナイト 『天装戦隊ゴセイジャー』
6位 男鹿辰巳 『べるぜバブ』
7位 生駒達人 『ワールドトリガー』
7位 高野政宗 『世界一初恋』
9位 カミナ 『天元突破グレンラガン』
10位 ガクト 『監獄学園』
11位 大旦那 『かくりよの宿飯』
11位 鯉登音之進 『ゴールデンカムイ』
13位 檜佐木修兵 『BLEACH』
13位 バラム・シチロウ 『魔入りました!入間くん』
15位 阿弥陀丸 『シャーマンキング』
15位 亜門鋼太朗 『東京喰種トーキョーグール』
15位 逆巻レイジ 『DIABOLIK LOVERS』
15位 ベルゼブブ 『鬼灯の冷徹』
15位 ラクサス・ドレアー 『FAIRY TAIL』
15位 ロイド・アーヴィング 『テイルズ オブ シンフォニア』

(回答期間:2022年1月31日〜3月28日)


※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。