2022年7月15日公開の映画『ミニオンズ フィーバー』に、LiSAが日本語吹き替えキャストとして出演することが発表された。

『ミニオンズ』は、『怪盗グルー』『SING/シング:ネクストステージ』といったアニメーション作品を世に送り出す、イルミネーションが贈る大ヒットシリーズ。
最強最悪のボスに仕えることが生きがいのミニオンたちが、グルーと出会うまでの話にフォーカスが当てられた2015年公開の前作『ミニオンズ』は、イルミネーションらしいアトラクション感抜群の破天荒なストーリーと、ミニオンならではの愛くるしいキャラクター性が観客を虜にし、日本での興行収入は52億円を記録した。
最新作『ミニオンズ フィーバー』では、1970年代を舞台に、悪のボスとなるずっと前の12歳の少年グルーが、ケビン、スチュアート、ボブ、オットーといったミニオンたちと出会う、はじまりの物語を描いている。

LiSAは、今月4月よりライブツアー「LiVE is Smile Always〜Eve&Birth〜」を開催中。日本武道館で実施された公演では、4月19日にソロデビュー10周年最後の日を締めくくり、4月20日に11周年迎えた。

「紅蓮華」「明け星」といったアニメ『鬼滅の刃』シリーズ主題歌をはじめ、昨年公開となった『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』主題歌「往け」や 、TBS系火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』主題歌「HADASHi NO STEP」などを含む全21曲を8種類の衣装で披露した。

さらに、ライブ中盤での「Merry Hurry Berry」歌唱中にはミニオンがサプライズ登場し、最新作映画『ミニオンズ フィーバー』の日本語吹き替えキャストをLiSAが務めることがファンの目の前で発表となった。熱狂的なミニオンファンであることを長らく公言し、『ミニオンズ』(15)、『怪盗グルーのミニオン大脱走』(17)でも吹き替えキャストとして参加するなど、もはやミニオン・ファミリーの一人としても欠かせない存在のLiSA。「7月公開のミニオンズ フィーバーの日本語吹き替えを担当するが決定しました! みんな見に行ってね!」と喜びを伝えた。

ミニオンズがライブに参戦しLiSAを祝福したのは、2017年自身初のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブでの『怪盗グルーのミ ニオン大脱走』の発表以来。『ミニオンズ』では道端で出会ったミニオンたちをまるで自分の子どものようにお世話する愛に溢れたネルソン・ファミリーの母親・マージ、そして『怪盗グルーのミニオン大脱走』では突然空から降ってきたミニオンたちを気に入り逆ナンパするビ ーチガールを演じたLiSA。今作ではミニオンたちが少年グルーを救いに向かう途中で空港のチケットカウンターで出会うグランドスタッフ役を演じるとのことだ。

映画『ミニオンズ フィーバー』は、7月15日より全国ロードショー。

LiSA コメント

ミニオンたちの新しい旅にまた、一緒にお供することができて嬉しいです。
ハチャメチャなミニオンたちがまた帰ってきました。
みんなでこの夏を楽しみましょう!

ライブ写真:Viola Kam (V'z Twinkle)
(C) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.