映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(2022年6月3日全国公開)より、本ビジュアルと本予告映像が公開。また追加キャストとしてマルコス役に内田雄馬、カーラ役に廣原ふうの出演が決まった。


「ククルス・ドアンの島」は、『ガンダム』シリーズの原点『機動戦士ガンダム』の第15話として1979年に放送された、主人公のアムロ・レイと敵対するジオン軍の脱走兵ドアンの交流を通じて戦争の哀愁が描かれたエピソードだ。
本作『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』では、『機動戦士ガンダムIIIめぐりあい宇宙』の劇場公開からおよそ40年の時を経て、劇場版3部作でも描かれることのなかった伝説の同エピソードとともに、ガンダムとアムロの物語を映画化する。


この度、映画の本ビジュアルと本予告映像が公開された。
ビジュアルは、パイロットスーツ姿で身構えるアムロ・レイと険しい表情のククルス・ドアン、その後ろに背を向け合い佇むMS-06Fドアン専用ザクと、RX-78-02ガンダムが眼を光らせている印象的なデザインだ。

そして本予告映像には、お馴染みのホワイトベースクルーやMSによる圧巻の格闘戦シーンが描かれており、森口博子の主題歌「Ubugoe」も楽しむことができる。



さらに追加キャストとして、ドアンと生活を送る子どもたちの年長者・マルコス役を内田雄馬が、島の子どもたちにとって母親のような存在の少女・カーラ役を、本作で本格的な声優デビューを果たす廣原ふうが演じることに決まった。

なお4月29日より、第2弾ムビチケが発売開始。5月18日には完成披露舞台挨拶・最速上映イベントの開催も決定しているので、詳しくは公式サイトをチェックしよう。



映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、6月3日より全国ロードショー。

■『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』
6月3日(金)全国ロードショー
配給:松竹 ODS 事業室

【メインスタッフ】
企画・製作:サンライズ
原作:矢立 肇 富野 由悠季
監督:安彦 良和
副監督:イム ガヒ
脚本 : 根元 歳三
キャラクターデザイン:安彦 良和 田村 篤 ことぶきつかさ
メカニカルデザイン:大河原 邦男 カトキハジメ 山根 公利
総作画監督 : 田村 篤
美術監督:金子 雄司
色彩設計:安部 なぎさ
撮影監督:葛山 剛士 飯島 亮
CGI 演出:森田 修平
CGI 監督:安部 保仁
編集:新居 和弘
音響監督:藤野 貞義
音楽:服部 隆之

【メインキャスト】
アムロ・レイ:古谷徹
ククルス・ドアン:武内駿輔
ブライト・ノア:成田剣
カイ・シデン:古川登志夫
セイラ・マス:潘めぐみ
ハヤト・コバヤシ:中西英樹
スレッガー・ロウ:池添朋文
ミライ・ヤシマ:新井里美
フラウ・ボゥ:福圓美里
マルコス:内田雄馬
カーラ:廣原ふう

◆第2弾ムビチケが発売
4月29日(金・祝)より
特典は大河原邦男による描き下ろし特製クリアファイルに決定

◆完成披露舞台挨拶・最速上映イベント
【日時】5/18(水)18:30の回 上映前
※劇場により上映開始時間が多少前後する場合がございます。各劇場HPをご覧のうえご来場ください。
【舞台挨拶本会場】丸の内ピカデリー
【舞台挨拶登壇者】古谷徹、武内駿輔、成田剣、古川登志夫、廣原ふう、安彦良和監督

◆全国ライブビューイング
≪チケット発売日・購入方法≫
販売スケジュール:5/16(月)00:00(= 5/15(日)24:00)以降順次発売
入場料金:全席指定料金2,100円(税込)均一 
※ムビチケ・前売券使用不可
※各種割引利用不可
※無料になるサービス利用不可
※劇場によっては上記鑑賞料金に加えて、別途アップチャージ料金をいただく場合がございます。
※その他詳細につきましては、各劇場ホームページにてご確認ください。
※ライブビューイングに関する詳細情報は公式HPにてご確認ください。

(C)創通・サンライズ