『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の新ビジュアルが発表された。「サクラビジュアル」と名付けられた1枚で、満開の桜の木の下でコナンたちが佇むエモーショナルな1枚である。



『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』は『名探偵コナン』の劇場版第25作。4月15日に全国ロードショーを迎え、公開から3日間で動員数132万人、興行収入19億円を超えるロケットスタートを記録中だ。
物語はハロウィンシーズンで賑わう渋谷が舞台。公安警察の降谷零(安室透)の同期である警察学校組が過去に遭遇した事件と現代で起こる事件が交差する物語で、警視庁の刑事・高木渉と佐藤美和子の恋愛模様にも注目が集まっている。



今回発表となった新ビジュアルには、江戸川コナン、安室透、高木渉、佐藤美和子が登場。桜の中でそれぞれが柔らかな表情や、「命ある限り―― の想いは受け継がれる」というキャッチコピーが印象的なビジュアルとなった。
劇場版『名探偵コナン』シリーズの映画公開後に、新たなビジュアルが発表されるのは今回が初めて。サクラビジュアルは4月29日より全国の劇場にて掲出。


(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会