『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日ロードショー)より、迫力のモビルスーツ地上戦をはじめとする新場面写真および、対峙するアムロとドアンを安彦良和監督が描き下ろした新劇場バナーもお披露目となった。



『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、1979年にスタートした日本ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』第15話「ククルス・ドアンの島」を、『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開40年を経て映画化した作品だ。
ひと際異彩を放ち今でもファンの心に残り続けるこの伝説のエピソードと共に、お馴染みのホワイトベースの仲間たちやモビルスーツを最新アニメーションで描く。



今回公開となったのは、新たな場面写真と劇場バナー。
場面写真では、残置諜者掃討任務出発前のアムロ・レイと心配そうに見つめるアムロの幼馴染フラウ・ボゥ、夕暮れ時のククルス・ドアンと子どもたちの和やかな日常、他のクルーが見惚れるほど美しいパイロットスーツ姿のセイラ・マス、内緒話をするスレッガー・ロウとミライ・ヤシマ、カイ・シデンが操縦するRX-77-02 ガンキャノンに驚いて逃げる島の子どもたち、凄まじい勢いの炎の中で歩みを進めるザク、そして家族であるヤギのブランカの乳搾りをする子どもたち……と、様々なシーンが切り取られた。



また劇場バナーで描かれたのは、異様な空気が立ち込める中でアムロ・レイとククルス・ドアン、そして2人が操縦するRX-78-02ガンダムとMS-06Fドアン専用ザクの姿。
アムロを強く睨むドアンに対し、アムロは目を逸らして、どこか遠くを見つめているようだが、その先には一体何があるのか。また、ジオン軍の精鋭である“褐色のサザンクロス隊”のMS-06GD高機動型ザク(地上用)が進撃してくる様子から、激しい戦いの始まりを予感させる。
安彦良和監督ならではの精巧な筆使いと秀逸な配色、独創的なデザインとなっており、全国の公開劇場にて順次掲出の予定だ。



『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、6月3日ロードショー。

(C)創通・サンライズ