Netflixオリジナルアニメ『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』の配信が5月16日にスタートする。今回は新たに本編映像が公開。人間とヴァンパイアが対立する様子が確認できた。



『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』はWIT STUDIOが手がける完全新作アニメ。監督は『ハル』や『屍者の帝国』の牧原亮太郎、キャラクターデザインには『NARUTO -ナルト-』の西尾鉄也を迎え、人間とヴァンパイアの間で100年以上も戦争が続く世界を表現する。


本編映像では戦争のつらい日々に耐えきれなくなった人間のモモが登場。「もう嫌だ……ここから逃げ出したい……」と涙を流しながら家を飛び出し、警報が鳴り響く街を彷徨うシーンが映し出されている。
彼女がヴァンパイアの女王フィーネと出会い、ヴァンパイアと人間が争わずに生きていける、存在するかもわからない楽園を探す旅に出る。この抑圧された世界をどのように変えていくのだろうか。モモ役は潘めぐみ、ヴァンパイアの女王フィーネ役は小林ゆうが担当。



映像内にはバトルシーンもあり、人間とヴァンパイアの血みどろの戦闘が描かれている。壮大な物語の幕開けを予感させる映像に要注目だ。

Netflixシリーズ『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』5月16日(月)独占配信

【ストーリー】
かつて、人間とヴァンパイアが共に芸術を愛し、共に暮らす“楽園”があった――。100年以上続く人間とヴァンパイアとの戦争で、抑圧された世界。科学薬品で汚染された川や湖、市民は貧困生活を強いられ、常に軍人の監視下にあった。そのうえヴァンパイアが愛する芸術を好むことは“悪”だと触れることさえ許されない人々。「
もう嫌だ…… ここから逃げ出したい……」ある日、生きる世界に一人涙を流すモモは、ヴァンパイアのフィーネと出会う。「来い。私と一緒に」その出会いをきっかけに今とは違う世界で生きたいと願ったモモ。 ここから出て探そう、私たちの場所を」そう決心した二人は、かつて存在したという “楽園”を探す旅に出る――。

【スタッフ】
監督:牧原亮太郎(『ハル』、『屍者の帝国』)/副監督:田中洋之(『進撃の巨人』)/キャラクターデザイン・総作監:西尾鉄也(『NARUTO-ナルト-』、『スカイ・クロラ』)/美術設定:高畠聡・藤井一志 音楽:池頼広/アニメーション制作:WIT STUDIO
【キャスト】
モモ:潘めぐみ/フィーネ:小林ゆう/アレグロ:小林千晃/ノバラ:深見梨加/クボ:東地宏樹