映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が、6月3日より公開される。このたび、本作にシャア・アズナブルが登場することが明らかになり、安彦良和監督が新たに描き加えた理由を語ったコメントが到着。また、キャラクターデザイン・総作画監督を務める田村篤による特別ビジュアルと、シャア専用高機動型ザクIIの設定画もお披露目となった。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、1979年に放送されたガンダムの原点『機動戦士ガンダム』でもひと際異彩を放つ第15話「ククルス・ドアンの島」を、『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経て映画化した作品だ。
お馴染みのホワイトベースの仲間たちが登場し、最新のアニメーションで描かれる大迫力の地上戦、モビルスーツアクションが必見となる本作で、RX-78-02ガンダムとアムロの物語が壮大なスケールでよみがえる。

このたび、そんな本作に、TVシリーズの第15話には描かれていない新たな要素である“赤い彗星”シャア・アズナブルが登場することがわかった。
シャア・アズナブルといえば、主人公のアムロ・レイが属する地球連邦軍から恐れられたジオン公国軍の軍士官のキャラクター。アムロの運命的なライバルであり、ガンダムファンから高い人気を誇る。映画のもととなった「ククルス・ドアンの島」には登場しなかった彼が、劇中ではどんな活躍をみせるのだろうか。

この発表を記念して、本作の総作画監督でありキャラクターデザインを担当している田村篤による豪華な描き下ろしイラストも公開された。ほくそ笑むシャア・アズナブルと、その後ろには「赤い彗星」として知られるシャアザクの姿が描かれている。色鮮やかな背景に包まれた、幻想的な仕上がりだ。シャア専用高機動型ザクIIの設定画にも注目したい。

映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、6月3日より全国ロードショー。Dolby Cinemaと4Dでも同時公開される。

<以下、コメント全文掲載>

【安彦良和監督】

長く愛されているシャア・アズナブルというキャラクターを登場させる事によって、ファンの方だけでなく沢山の方に喜んで頂ける。そして、池田秀一さんにご参加頂くということは作品の魅力が更に上がると思い、新たにこの「ククルス・ドアンの島」に描き加えました。是非、この新しい魅力と共に本作を楽しみにしていてください。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』
6月3日(金)全国ロードショー
【メインスタッフ】
企画・制作:サンライズ
原作:矢立 肇 富野 由悠季
監督:安彦 良和
副監督:イム ガヒ
脚本 : 根元 歳三
キャラクターデザイン:安彦 良和 田村 篤 ことぶきつかさ
メカニカルデザイン:大河原 邦男 カトキハジメ 山根 公利
総作画監督:田村 篤
美術監督:金子 雄司
色彩設計:安部 なぎさ
撮影監督:葛山 剛士 飯島 亮
3D 演出:森田 修平
3D ディレクター:安部 保仁
編集:新居 和弘
音響監督:藤野 貞義
音楽:服部 隆之
製作:バンダイナムコフィルムワークス
主題歌:森口博子「Ubugoe」(キングレコード)
【メインキャスト】
アムロ・レイ:古谷徹
ククルス・ドアン:武内駿輔
ブライト・ノア:成田剣
カイ・シデン:古川登志夫
セイラ・マス:潘めぐみ
ハヤト・コバヤシ:中西英樹
スレッガー・ロウ:池添朋文
ミライ・ヤシマ:新井里美
フラウ・ボゥ:福圓美里
エグバ・アトラー:宮内敦士
ウォルド・レン:上田燿司
ユン・サンホ:遊佐浩二
セルマ・リーベンス:伊藤静
ダナン・ラシカ:林勇
マルコス:内田雄馬
カーラ:廣原ふう

(C)創通・サンライズ