『ワンピース』の公式Twitterアカウント「ONE PIECE スタッフ【公式】/ Official」が、2022年6月7日に原作者・尾田栄一郎の4週間休載を発表。あわせて、6月8日に配信が予定されている劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』YouTube特番での発表内容も明かされた。

『ワンピース』は、尾田栄一郎が1997年に「週刊少年ジャンプ」にて連載を開始し、全世界累計発行部数は4億9,000万部突破を誇る、日本を代表する大ヒットコミック。伝説の“海賊王”ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡り、主人公モンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が壮大な冒険を繰り広げる物語だ。

1999年10月よりTVアニメシリーズの放送を開始し、2021年11月21日放送回を以って1,000話を放送。2022年8月6日には、シャンクスの娘・ウタをめぐって物語が展開する劇場版最新作『ONEPIECE FILM RED』が公開されるほか、今後はNetflixオリジナル実写ドラマシリーズ『ワンピース』の配信も控えている。

6月7日、Twitter「ONE PIECE スタッフ【公式】/ Official」が「【尾田っちよりみなさんへ】ビッグニュース!今後の『ONE PIECE』の連載と明日19:00〜の特番配信について特報が届きました」というコメントと共に、「休みまーす!」と書かれた尾田栄一郎の直筆コメント画像を掲載。


こちらによると、数か月前に担当から「今年の夏は大変ですよ。25周年で、映画公開に〇〇記念もあります。原作はワノ国も終わって、いよいよ…ですよね。Netflixドラマの撮影監修でアフリカ行きたいですよね。夏にはコラボ〇〇、CM〇〇、イベント〇〇。この盛り上がりに備えて、一ヵ月くらい休みます?」と持ち掛けられ、これに対して「なに!? 休むだと!? 読者がどれだけジャンプを楽し…休むー!!」と判断したという。

あわせて、ファンに向けて「アフリカも行きて〜〜!! 最終章もなるべく早く締められる様に構成組み直したいしなー。というわ・け・で。すいませんが、ちょっと準備期間と、ほっと一息いただきます」とメッセージを寄せている。なお、アフリカ行きは「コロナでダメになりました泣」とのことだ。


また、同時に発表された『ONE PIECE FILM RED』特番の情報によると、本作のカギを握る重要キャラクター・ゴードンとウタのキャストが発表されることが明らかに。
このほか主題歌、「かっこよく描けました!!」と自身で太鼓判を押す尾田によるポスタービジュアル、「開いた口がふさがらないとはこの事だ!!」と期待を煽る“ウタプロジェクト”など、様々な情報が公開されるようなので是非チェックしてもらいたい。


『ONE PIECE FILM RED』特番は、6月8日19時より『ONE PIECE』公式YouTubeにて配信予定。
『ONE PIECE FILM RED』は8月6日ロードショー。
なお、7月22日に「ワールドプレミアin日本武道館」も開催。本イベントには、田中真弓をはじめとした麦わらの一味声優陣、そして豪華登壇者が集結。イベント後には、本作の世界最速上映も実施される。来場者募集については公式サイトなどを確認してほしい。



(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会