Netflixオリジナル実写ドラマシリーズ『ワンピース』より、ゴーイングメリー号などのコンセプトアートと、広大なセットの一端を収めた、主人公モンキー・D・ルフィ役のイニャキ・ゴドイ&製作陣のコメント付き映像が公開された。さらに、モーガン、カヤ、クラハドール、ゼフ、ミホーク、ノジコを演じる追加キャストも明らかになった。

『ワンピース』は、全世界累計発行部数が4億9,000万部を突破した、尾田栄一郎による日本を代表するマンガ。伝説の“海賊王”ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡り、主人公モンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が冒険へと繰り出す物語だ。

Netflixでのオリジナル実写ドラマ化は、尾田と連載誌の「週刊少年ジャンプ」編集部が様々なハードルを乗り越えられると確信したことで初めて実現したもの。先日、“麦わらの一味”を演じるキャスト陣のSNSを通じて撮影開始が告げられ、本格始動したばかりだ。

このたび公開された映像は、ルフィ役のイニャキが「南アフリカで撮影中の『ONE PIECE』!早速スタート!早く!」と、ルフィのような快活さで「出航」を宣言するところから始まる。続いて、“麦わらの一味”の最初の船であり大切な仲間“ゴーイングメリー号”や、海上レストラン“バラティエ”、物語の始まりの舞台“フーシャ村”など、おなじみの世界が生み出される様子が映し出さていく。

ショーランナーのマット・オーウェンズは「原作の世界が再現されていく様子は見ていて感動的でした。細部までこだわって作り上げるため多大な時間を費やしています」と作品への愛とこだわりを熱弁。ワクワクと興奮の海洋冒険ロマンの幕開けを存分に感じさせてくれる。

また、そんな『ワンピース』の物語をさらにドラマチックに彩るうえで欠かせないキャラクターを演じる追加キャストも発表された。
シェルズタウンを恐怖で支配していた“斧手のモーガン”は多くのドラマ・映画で活躍するラングレー・カークウッドが演じ、シロップ村の大富豪の病気がちなお嬢様である少女カヤには透明感あふれるセレスト・ルーツが扮する。

さらに、カヤの家の執事を務めるクラハドールにはドラマ『ウォリアー』のアレクサンダー・マニアティス、かつては“赫足”と恐れられた元海賊で海上レストラン“バラティエ”のオーナーであるゼフには渋さ満点の俳優クレイグ・フェアブラスがキャスティング。そして“王下七武海”の一人で“鷹の目”の異名を持つ世界最強の剣士ミホークには鋭い眼光を覗かせるスティーヴン・ウォード、ナミの義理の姉ノジコには若き新星チオマ・ウメアラが配役された。

Netflix オリジナル実写ドラマシリーズ『ワンピース』は、Netflixで全世界独占配信される。今後の続報も楽しみに待ちたい。

Netflix シリーズ『ONE PIECE』全世界独占配信
原作&エグゼクティブ・プロデューサー:尾田栄一郎
脚本&エグゼクティブ・プロデューサー:マット・オーウェンズ(「エージェント・オブ・シールド」)
脚本&ショーランナー&エグゼクティブ・プロデューサー:スティーブン・マエダ(「LOST」) キャスト:イニャキ・ゴドイ(モンキー・D・ルフィ)、新田真剣佑(ロロノア・ゾロ)、エミリー・ラッド(ナミ)、ジェイコブ・ロメロ・ギブソン(ウソップ)、タズ・スカイラー(サンジ)、モーガン・デイヴィス(コビー)、イリア・イソレリス・パウリーノ(アルビダ)、エイダン・スコット(ヘルメッポ)、ジェフ・ワード(バギー)、マッキンリー・ベルチャー(アーロン)、ヴィンセント・リーガン(ガープ)


(C)尾田栄一郎/集英社