TVアニメ『名探偵コナン』とコラボレーションしたリアル脱出ゲーム「追憶のハロウィンからの脱出」が、2022年7月21日より順次開催される。このたび、描き下ろしの新ビジュアルが公開され、オリジナルグッズと追加の開催都市も発表された。

謎解きを通して、参加者がまるで“物語の登場人物”になったかのような体験ができる「リアル脱出ゲーム」。TVアニメ『名探偵コナン』とのコラボレーションは今年で10周年を迎え、現在までにシリーズ累計で150万人以上を動員するほどの人気を誇る。
公開中の劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の後日譚でもある最新作「追憶のハロウィンからの脱出」では、コナンと安室が過去の難事件を推理することになる。

そんな「追憶のハロウィンからの脱出」の開催に向けて、このほど描き下ろしの新ビジュアルが公開された。コナンと安室が事件を推理する様子が描かれた、本イベントのイメージに沿ったオリジナルデザインだ。事件の舞台となる「結婚式会場」にちなんだ衣装や、さりげなくデザインされた「ハロウィン柄のベスト」にも注目したい。

さらに、イベントのオリジナルグッズ全8種と10周年記念グッズ全4種についても一挙にお披露目となった。
新ビジュアルを使用した限定デザインのクリアファイルが手に入る「謎付きクリアファイルセット」や、三角に折るとサンドイッチの形に見える「喫茶ポアロのサンドウィッチ風ハンカチ」、『名探偵コナン』に登場するキャラクターたちがかわいらしくデザインされた「アクリルキーホルダー」全11種。

シークレットも含まれた「缶バッジ」などが用意されている。この「アクリルキーホルダー」は、各キャラクターたちがハロウィンにちなんだアイテムを持ったオリジナルSDイラストを使用したもの。

また10周年記念グッズには、「謎付きレターセット」「ステッカーホルダー」「ジグソーパズル」「記念ピンバッジ」がラインナップ。
ほかにも魅力的なグッズが多数揃っているので、リアル脱出ゲームに参加の際はぜひチェックしてみたい。

TVアニメ『名探偵コナン』とコラボレーションしたリアル脱出ゲーム「追憶のハロウィンからの脱出」は、2022年7月21日より開催の東京会場よりスタート。追加の開催都市として北海道や京都を含む全6会場が発表されているので、ぜひ近隣の会場に足を運びたい。

リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「追憶のハロウィンからの脱出」
■プレイ形式
・所要時間約120分
・1チーム最大6人
・屋内イベント

■開催会場、日程
【東京】東京ミステリーサーカス:2022年7月21日(木)〜10月23日(日)
【大阪】リアル脱出ゲーム大阪心斎橋店:2022年7月28日(木)〜8月28日(日)
【愛知】リアル脱出ゲーム名古屋店:2022年7月28日(木)〜10月16日(日)
【石川】サイエンスヒルズこまつ わくわくホール:2022年8月11日(木)〜8月14日(日)
【福岡】西鉄ホール:2022年9月19日(月)〜9月25日(日)
【京都】京都新聞文化ホール:2022年10月1日(土)〜10月2日(日)
【神奈川】リアル脱出ゲーム横浜店:2022年10月7日(金)〜11月27日(日)
【北海道】リアル脱出ゲーム札幌店:2022年10月28日(金)〜11月27日(日)
【東京(吉祥寺)】リアル脱出ゲーム吉祥寺店:2022年10月28日(金)〜12月11日(日)
【岩手】岩手県公会堂:2022年10月29日(土)〜10月30日(日)
【長崎】長崎西洋館:2022年12月2日(金)〜12月4日(日)
※その他の地域でも開催予定!詳細は後日発表いたします。

■チケット情報
・チケット販売スケジュール
【東京(新宿)、大阪、愛知、石川、福岡】
絶賛販売中!

【京都、神奈川、北海道、東京(吉祥寺)、岩手、長崎】
少年探偵SCRAP団(FC)団員先行:2022年6月25日(土)12:00〜7月1日(金)23:59
プレイガイド先行:2022年7月2日(土)12:00〜7月8日(金)23:59
一般:2022年7月9日(土)12:00〜

・チケット料金
【前売券】
通常チケット 一般:3,300円/学生:3,000円/グループチケット:一人あたり3,200円(合計19,200円)
特典付きチケット 一般:6,300円/学生:6,000円/グループチケット:一人あたり6,200円(合計22,200円〜)
配役付きチケット 一般:3,300円/学生:3,000円/グループチケット:一人あたり3,200円(合計19,200円)
※その他チケット料金詳細は特設サイトをご確認ください。
※グループチケットの1人あたりの料金は6人参加の場合の料金です。
※特典付きチケットの当日販売はございません。

■主催
「追憶のハロウィンからの脱出」製作委員会/企画制作:SCRAP


(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
(C)SCRAP