TVアニメ『SPY×FAMILY』より、凄腕スパイ〈黄昏〉ことロイド・フォージャーとその娘アーニャ・フォージャーが1/7スケールフィギュアになって登場。予約受付が開始された。

『SPY×FAMILY』は、遠藤達哉がマンガアプリ「少年ジャンプ+」で連載し、数々の漫画賞を受賞し、コミックス9巻で累計2,100万部を突破(2022年5月現在)する人気マンガを原作とするホームコメディ。
「家族を作り、とある名門小学校に潜入すること」という指令を受けた凄腕スパイ<黄昏>が精神科医のロイドを名乗り、引き取った娘の超能力者・アーニャ、契約結婚を持ちかけた殺し屋・ヨルと、任務のために“かりそめの家族”として暮らす姿を描く。

TVアニメは2022年4月から放送中。WIT STUDIOとCloverWorksによる2社共同制作という異例の体制で制作され、古橋一浩監督をはじめとするアニメ界屈指のスタッフ陣、江口拓也、種崎敦美、早見沙織ら人気キャスト陣に加え、Official髭男dism、星野源による主題歌も話題となった。

今回登場したロイドたちの1/7スケールフィギュアは、フリューが運営するホビーECサイトのF:NEX(フェネクス)が展開。同社オリジナルイラストをもとに、スタイリッシュなロイド、かわいさと凛々しさがあふれるアーニャがフィギュア化された。

ロイドの表情は何事にも動じないクールな印象が伝わるように作り込まれ、深緑のスーツはボタンの柄や襟元のバッジなど細部まで丁寧な造形が光る。黒い手袋を身に付け、サイレンサー付きの銃をたずさえる姿はスパイそのものだ。

一方のアーニャはかわいらしさに加えて、勇敢に立ち向かう“強さ”も感じ取れる表情で立体化。おもちゃの拳銃と“キメラさん”のぬいぐるみを手にした姿は実にキュート。彼女の着るイーデン校の制服は金の装飾が丁寧に再現され、格式の高さをうかがわせている。

二人とも石畳のベースが付属し、並べることでアニメのような臨場感のあるディスプレイも可能だ。ロイド、アーニャともに完全受注生産商品となっており、受注締め切りは2022年9月15日。ロイドは2023年2月発送予定で17,600円、アーニャは同3月発送予定で14,300円(各税込)。

■ロイド・フォージャー 1/7スケールフィギュア
・材質:PVC、ABS
・全高:約275mm
・原型:こん武
・原型制作協力:正村制作所
・彩色:B_Sachi
・価格:17,600円(税込)
・発売・販売元:フリュー株式会社
・発送時期:2023年2月予定

■アーニャ・フォージャー 1/7スケールフィギュア
・材質:PVC、ABS
・全高:約100mm
・原型:株式会社ロイスエンタテインメント
・彩色:920-3
・価格:14,300円(税込)
・発売・販売元:フリュー株式会社
・発送時期:2023年3月予定

(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会