映画『五等分の花嫁』から、中野家の五つ子の描き起こしイラストを使用したクッションやスマホケースなど多数登場。豊富なラインナップから自分好みのアイテムを選択できる。

映画『五等分の花嫁』は、春馬ねぎが2020年2月まで週刊少年マガジンで連載していた同名マンガを原作とするラブコメディ。学年トップの成績を誇る主人公・上杉風太郎が、勉強嫌いで落第寸前の美少女・中野家の五つ子の家庭教師となり、彼女たちを高校卒業まで導くストーリーだ。

TVアニメは第1期が2019年1月〜3月、第2期が2021年1月〜3月に放送。風太郎と五つ子による高校生活最後のイベント「学園祭」が描かれた映画『五等分の花嫁』は2022年5月20日から公開され、物語はクライマックスを迎える。

今回登場した映画『五等分の花嫁』のグッズは、1個から手軽に自作グッズを作れるオンラインサービス「ME-Q(メーク)」とのコラボによるものだ。中野一花、二乃、三玖、四葉、五月と個性あふれる五つ子をME-Qオリジナルの描き起こしイラストを使って、人気のカスタムグッズでラインナップした。

「レザーコードブレスレット」は、アジャスターは長めに設定することで男女問わず使用できるアイテム。『五等分の花嫁』にちなんで金具パーツ(ロンデル)は五角形で作られ、それぞれの面にはタイトル、数字、モチーフ、名前、イメージカラーストーンが施されている。ナチュラルなブラウンカラーのコードとシルバーカラーの組み合わせは着用する人を選ばない。外箱はシルバーの箔押しで高級感を演出した。

「ホログラム缶バッジ」は表面にホログラムシートを用いてキラキラとかわいらしく仕上げられた57mmサイズのキャラが選べる缶バッジ。「ふわふわクッション」は生地の裏表に起毛生地を採用してふわふわの手触りを実現。表面は各キャラクター、裏面は各カラーとモチーフをちりばめたデザインになっている。サイズも30cm〜50cmと大きめで抱きかかえることも可能だ。

「レトロ ガラスコップ」は飲み口が直径70mmと大きいテーパーグラスで、シンプルで扱いやすいグッズとして日常でも活躍しそう。同時販売の「グリッターコースター」との組み合わせも楽しめる。各キャラクターのイメージカラー、偏光ラメとハートのフレークで仕上げたグリッターコースターは、傾けるたびにグリッターが揺れる仕様。

「アクリルキーホルダー」にはクリア仕様のハートのモチーフが付く。ハートの裏面に白印刷をしないことでキャラクターが目立つようになっている。「スマホケース」は全機種対応手帳型と全機種対応ハードタイプの2種を展開。手帳型はカードポケットがあり、ハードタイプは素材に強化ポリカーボネートを採用することで透明性・耐衝撃性・耐熱性・難燃性・寸安定に優れている。

各商品は、オリジナルグッズ製作サイト「ME-Q(メーク)」から生まれたアニメグッズサイト「アニメーク」で販売する。

■映画『五等分の花嫁』ME-Qコラボグッズ
・レザーコードブレスレット(全5種):サイズ約17cm〜23.3cm/価格5,500円(税込)
・ホログラム缶バッジ(全5種):サイズ57mm/価格550円(税込)
・ふわふわクッション(全5種):サイズ約49cm×32cm/価格3,278円(税込)
・レトロ ガラスコップ(全5種):サイズ7cm×13.2cm/価格1,760円(税込)
・グリッターコースター(全5種):サイズ直径10cm/価格1,760円(税込)
・アクリルキーホルダー(全5種):価格770円(税込)
・全機種対応手帳型スマホケース(全5種):価格3,278円(税込)
・全機種対応ハードタイプスマホケース(全5種):価格2,178円(税込)

(C)春場ねぎ・講談社/映画「五等分の花嫁」製作委員会