9月30日より3週間限定で劇場公開される映画『四畳半タイムマシンブルース』が、劇場公開に先駆け9月14日よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて独占配信されることが決定。また、ディズニープラスでしか見られない完全オリジナルエピソードも配信される。配信限定エピソードについて、監督・夏目真悟からコメントも到着した。

『四畳半タイムマシンブルース』は、小説家・森見登美彦の初期代表作のひとつでアニメ版にもファンが多い『四畳半神話大系』と、同作に加え『夜は短し歩けよ乙女』、『ペンギン・ハイウェイ』などの森見作品のアニメ版で脚本を担当した上田誠の舞台作品『サマータイムマシン・ブルース』が融合した小説を原作とするアニメ。


8月12日の灼熱の京都。左京区にある「下鴨幽水荘」唯一のエアコンが動かなくなった対策を協議していた「私」と明石さんのもとに、25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという見知らぬ男子学生・田村が現れる。それをきっかけとして、「昨日」と「今日」の世にも迂闊なタイムマシンの無駄遣いが始まる。


そんな『四畳半タイムマシンブルース』が9月14日より「ディズニープラス」にて独占配信決定。ディズニープラスでは、『四畳半タイムマシンブルース』を全5話のシリーズとして毎週1話ずつ配信。最終第5話が配信されるタイミングに合わせて、ディズニープラス配信限定の完全オリジナルエピソードとなる「第6話」が配信される。

第6話では、本編では観られなかった作品の世界を楽しめるスペシャル映像となっており、戯曲にも小説にもなかった物語の“その先”が描かれる。第6話について『四畳半タイムマシンブルース』で監督を務める夏目真悟からコメントも到着した。

『四畳半タイムマシンブルース』は9月14日より「ディズニープラス」にて独占配信スタート。また、監督・湯浅政明×原作・森見登美彦によるTVアニメ『四畳半神話大系』全11話や、映画『夜は短し歩けよ乙女』も配信中。本作を見る前にぜひチェックしたい。



<以下、コメント全文掲載>

監督・夏目真悟

配信限定エピソードは四畳半神話大系に続く並行世界の一つ、鉄道研究サークル『京福電鉄研究会』を舞台にしたお話であり、畳色のキャンパスライフが少しだけカラフルに色づく、四畳半タイムマシンブルースへと続くエピソードにもなっています。
好機を求め二つの四畳半をまたぐ私を生暖かい目で見守ってください。

『四畳半タイムマシンブルース』
9月30日(金)より3週間限定全国ロードショー

ディズニープラス スターにて、2022年9月14日(水)より独占配信開始、毎週水曜16時配信(全6話)
(配信限定エピソード含む5・6話は同日配信)
「四畳半神話大系」全11話、映画『夜は短し歩けよ乙女』配信中

【キャスト】
浅沼晋太郎、坂本真綾、吉野裕行、中井和哉、諏訪部順一、甲斐田裕子、佐藤せつじ、本多 力(ヨーロッパ企画)

【スタッフ】
原作:森見登美彦・著、上田誠・原案 『四畳半タイムマシンブルース』(角川文庫/KADOKAWA 刊)
監督:夏目真悟
脚本:上田 誠(ヨーロッパ企画)
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION 「出町柳パラレルユニバース」(Ki/oon Music)
キャラクター原案:中村佑介
アニメーション制作:サイエンス SARU
製作:「四畳半タイムマシンブルース」製作委員会

(C)2022 森見登美彦・上田誠・KADOKAWA/「四畳半タイムマシンブルース」製作委員会