『機動戦士ガンダム MSV』より、サイコミュ・システム実装計画案のテスト機「MS-06Z サイコミュ試験用ザク」が、実験を再現するオプションパーツを備えて「ver. A.N.I.M.E.」に登場。プレミアムバンダイ内「魂ウェブ商店」にて現在予約を受け付けている。



『機動戦士ガンダム』とは1979年に放送を開始したTVアニメ。ロボットを「モビルスーツ」という「兵器」として扱ったリアルな戦争描写や緻密な科学考証、複雑に織り成す深い人間ドラマが展開。それまでのロボットアニメの潮流であった単純な勧善懲悪では語れない「リアルロボットアニメ」というジャンルを確立し、40年以上も国内外から高い人気を誇る。

『機動戦士ガンダム MSV(モビルスーツバリエーション)』とは、TVアニメ『機動戦士ガンダム』をベースとして、バンダイのプラモデルや雑誌・書籍などのメディアで展開されたメカニックデザイン企画のこと。



このたび、『機動戦士ガンダム MSV』より、サイコミュ・システム実装計画案のテスト機「MS-06Z サイコミュ試験用ザク」が「ver. A.N.I.M.E.」に登場した。

本機は、続く「MSN-01 高速機動型ザク」や、その先の「MSN-02 ジオング」へと開発が進められた「ビショップ計画」の基礎開発母機。腕部にMS-16X(MSN-02)用の有線誘導5連装メガ粒子砲を装備し、胸部や背部、脚部にジェネレーターやエンジンを増設、MS-16Xの縮小版といえるフォルムになった。



腹部の2軸可動と腰部の引き出し可動により幅広い前屈・後屈可動域を実現。
スカートは分割して可動機構を内蔵しているので、基部を動かさず足などの可動部分のみと連動する。

また、足首や側面ケーブルなどポーズを合わせて細かな可動表現が可能となった。



オプションパーツとして、豊富なビームエフェクトとバーニアパーツが付属。交換用手首を使用すれば放射状にビームを放つ様を演出可能。
さらに、両腕に腕部ケーブルを取り付けることで腕部有線誘導5連装メガ粒子砲の運用テストを再現することもできる。



「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06Z サイコミュ試験用ザク ver. A.N.I.M.E.」の価格は8,250円(税込)。プレミアムバンダイ内「魂ウェブ商店」にて現在予約を受け付けており、商品発送は2023年1月を予定している。

「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06Z サイコミュ試験用ザク ver. A.N.I.M.E.」
価格:8,250円(税込)
お届け日:2023年1月発送予定
登場作品:MSV
主な商品内容
 ・本体
 ・交換用ビーム発射手首左右
 ・腕部ケーブル×2
 ・各種エフェクト一式

主な商品素材:PVC・ABS
商品サイズ:全高:約125mm
対象年齢:15歳〜

(C)創通・サンライズ