映画『風の谷のナウシカ』より、巨大鳥・トリウマと腐海一の剣士・ユパのフィギュアセットが登場。プレミアムバンダイが展開する「想造ガレリア」シリーズの新作として予約受付が開始された。

1984年に劇場公開された『風の谷のナウシカ』は原作の宮崎駿が自ら監督し、日本アニメ史に残る名作として人気が高い。戦争で文明社会が崩壊した未来で、「腐海」と呼ばれる森に覆われた世界を生きる主人公・ナウシカの姿を描くSFファンタジーだ。

今回登場する「トリウマ(カイ・クイ)&ユパ」は、「想造ガレリア」シリーズの第8弾。同シリーズはこれまでさまざまなメカを立体化しているが、生物は本商品が初の試みとなった。「トリウマ」はモデルとなったとされるドードー鳥の骨格や、ダチョウの走る姿を参考に可動軸を設計。走行ポーズでも頭部を水平に保つことが可能になり、劇中で見られる名シーンの再現も容易に可能となった。

また、トリウマの飼い主である腐海一の剣士「ユパ・ミラルダ」には頭部が3タイプ付属し、手首パーツの差替えと腰パーツ、専用支柱を使用することで印象的だった“飛来ポーズ”も再現もできる。目はデジタル彩色技術が施された。商品はカイとクイの2体、ユパがセットとなる。ユパ用装備品一式や王蟲の抜け殻(眼)など付属パーツも豊富だ。価格は11,000円(税込)。

さらに「メーヴェ&ナウシカ」も2023年版として新たにリリースされる。ナウシカの乗る飛行具“メーヴェ”は、エンジン部の発光機構や翼が展開する玩具オリジナルギミックはもちろん、2023年版では翼の内部フレームにエンジン発光色に合わせたクリアブルーを採用。さらにナウシカのフィギュアも肩・ヒジの関節部分がアップグレードされ、アクション機構とシルエットの再現度を向上させている。価格は8,800円(税込)。

「トリウマ(カイ・クイ)&ユパ」「メーヴェ&ナウシカ」は2022年9月1日からプレミアムバンダイなどで予約受付を開始。どちらも発送は2023年3月を予定している。

■「想造ガレリア トリウマ(カイ・クイ)&ユパ」
・セット内容:トリウマ×2(カイ・クイ)/トリウマ差替え用頭部×2/トリウマ用支柱&台座×2/牽引ロープ/王蟲の抜け殻(眼)/ユパ/ユパ用支柱/ユパ差替え用頭部×2/ユパ用装備品一式(長銃、剣、差替え用手首パーツ、差替え用マント、差替え用腰パーツ)
・サイズ:トリウマ全長約95mm、ユパ全長約80mm
・価格:11,000円(税込)
・発送:2023年3月予定
・発売元:バンダイ

■「想造ガレリア メーヴェ&ナウシカ(2023年版)」
・セット内容:メーヴェ/ナウシカ/台座/長銃/杖/蟲笛/差替え用頭部×1/差替え用手首×6/テスト用電池(LR41×2)
・サイズ:メーヴェ全幅約257mm、ナウシカ全長約67mm
・価格:8,800円(税込)
・発送:2023年3月予定
・発売元:バンダイ
(C)Studio Ghibli