9月17日は松岡禎丞さんのお誕生日です。

松岡禎丞さんは2009年に声優デビュー。第6回声優アワードで新人男優賞、第10回では主演男優賞を受賞しました。
2022年は映画『五等分の花嫁』や『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇』などのタイトルで主人公を担当。今後も『TRIGUN STAMPEDE』や『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』など話題作が控えています。


そこで松岡禎丞さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。9月2日から9月9日までのアンケート期間中に1368人から回答を得ました。
男女比はほぼ同数。年齢層は19歳以下が約55パーセント、20代が約20パーセントと若年層が中心でした。


■2022年放送・公開のタイトルがトップ3を独占!

第1位

1位は『ソードアート・オンライン』のキリト。支持率は約18パーセントでした。



アニメ10周年を迎える『SAO』の主人公・キリトには「松岡さんのファンになるきっかけの作品です」というコメントが多数。「必殺技のスターバースト・ストリームを初めて決めるシーンでは、松岡さんの迫真の演技と壮大なBGMが合わさって震えるほどカッコ良かった!」や「キリトの性格がにじみ出た優しい声とバトル時の迫力のある声の落差がスゴイ。キリトの言葉に何度泣かされたかわかりません」と絶大な人気を誇ります。

「長期シリーズということもあって、キャラの成長を声を通して感じられるのが魅力。さらに劇場版の『プログレッシブ』では物語開始当初のまだ幼さが残る声を再び演じていて、その演技力に脱帽しました」といった意見も。
10月22日には最新作『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』の公開も控えており、ファンの熱い視線が注がれている最中です。

第2位

2位は『五等分の花嫁』の上杉風太郎。支持率は約13パーセントで、昨年の8位からランクアップしました。



上杉風太郎は中野家五姉妹の家庭教師をすることになった主人公です。「五つ子に振り回されながらも真剣に向き合い、彼女たちを落第させないように奮闘する姿に憧れます」や「家庭教師という関係を通して、だんだん距離が縮まって声が柔らなくなっていくところがいい」と真摯な性格が支持を集めています。
「人付き合いを避けてきた風太郎が五つ子たちと出会って変わっていく過程が松岡さんの声から伝わってきて、『五等分の花嫁』という作品ををより好きになったからです。TVアニメの第1話と映画のラストでは声の優しさが大きく違っていて、“風太郎、成長したなぁ……”と感動しました!」と今年公開された映画も好評でした。

第3位

3位は『鬼滅の刃』の嘴平伊之助。支持率は約9パーセントで、昨年の2位から順位を下げましたがトップ3はキープしています。



「野性味あふれる伊之助にピッタリな声! 物語が進むと人間味が増していく感じも声で表現できる松岡さんはすごすぎる」や「初登場時の荒々しさから、仲間と触れ合うことで生じる変化を表現しているところが素晴らしい。物怖じしない性格と“ホワホワ”しているときのギャップも最高!」とこちらも声の変化に触れた読者が多かったです。

刀鍛冶の里編のTVアニメ化も決まっており、「どんどん仲間想いになっていく伊之助の演技を見られる日が楽しみ」と期待の声が届きました

■そのほかのコメントを紹介

『佐々木と宮野』平野大河には「松岡さんのオラオラ系キャラが大好き。平野先輩は言葉遣いは少し悪いですが風紀委員でマジメ系も入っているところがポイント。2023年公開予定のスピンオフ『平野と鍵浦』も楽しみ!」。
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』ベル・クラネルには「英雄になるため成長を望む少年の気持ちが伝わる演技が素晴らしい。英雄に近付いていくけれど、普段は優しくて温厚なところも可愛いですね」。



『デビルズライン』安斎結貴には「鬼と人の切ないラブストーリー。好きな人を巻き込んでしまうことに苦悩する役柄が切なく、安斎さんの純粋さが感じられる表現に“さすが松岡くん!”と唸らされました」。
『リコリス・リコイル』真島には「『リコリコ』の雰囲気が真島の登場によってガラッと変わった気がします。素を感じさせるナチュラルな芝居でありながらミステリアスさもあって、単なる危険なキャラで終わらなそうなところが気になる!」と現在放送中のタイトルにも投票がありました。



今回のアンケートでは2022年に新作が放送・公開されるタイトルのキャラクターが上位を独占。『リコリス・リコイル』や『佐々木と宮野』など、新作のキャラクターも複数ランクインしており、来年以降の順位も要注目の結果となっています。

■ランキングトップ10

[松岡禎丞さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2022年版]
1位 キリト(桐ヶ谷和人) 『ソードアート・オンライン』
2位 上杉風太郎 『五等分の花嫁』
3位 嘴平伊之助 『鬼滅の刃』
4位 ペテルギウス・ロマネコンティ 『Re:ゼロから始める異世界生活』
5位 三ツ谷隆 『東京リベンジャーズ』
6位 真島 『リコリス・リコイル』
7位 ショウ 『原神』※正式表記は鬼(きにょう)に肖
8位 空 『ノーゲーム・ノーライフ』
9位 ベル・クラネル 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』
10位 幸平創真 『食戟のソーマ』

(回答期間:2022年9月2日〜9月9日)



■ランキングトップ20

[松岡禎丞さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2022年版]
1位 キリト(桐ヶ谷和人) 『ソードアート・オンライン』
2位 上杉風太郎 『五等分の花嫁』
3位 嘴平伊之助 『鬼滅の刃』
4位 ペテルギウス・ロマネコンティ 『Re:ゼロから始める異世界生活』
5位 三ツ谷隆 『東京リベンジャーズ』
6位 真島 『リコリス・リコイル』
7位 ショウ 『原神』※正式表記は鬼(きにょう)に肖
8位 空 『ノーゲーム・ノーライフ』
9位 ベル・クラネル 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』
10位 幸平創真 『食戟のソーマ』
11位 平野大河 『佐々木と宮野』
12位 御手洗翔太 『アイドルマスター SideM』
13位 青八木一 『弱虫ペダル』
14位 神田空太 『さくら荘のペットな彼女』
14位 ニコル・アスカルト 『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』
16位 花沢輝気 『モブサイコ100』
17位 山本幸大 『ヒロインたるもの!〜嫌われヒロインと内緒のお仕事〜』
18位 魔王タソガレ 『魔王城でおやすみ』
19位 安芸倫也 『冴えない彼女の育てかた』
19位 炎城烈人 『ド級編隊エグゼロス』
19位 少年A 『ジョジョの奇妙な冒険』

(回答期間:2022年9月2日〜9月9日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。