オリジナルTVアニメ『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』が、2023年に放送されることが決定。キービジュアル第1弾と予告SPOT アナーキーver.が公開された。さらにスタッフと古川慎、ファイルーズあい、黒沢ともよ、愛美らキャストも発表され、キャストからはコメントも到着した。


『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』は、新進気鋭のクリエイター・JUN INAGAWAがこれまで発表してきたアート作品のコンセプトをベースに、新たに制作されるオリジナル TVアニメだ。謎の組織「SSC」によってオタク文化が排除された日本を舞台に、オタク文化をこよなく愛する若き革命者「オタクヒーロー」と彼を慕う3人の魔法少女「アナーキー」「ブルー」「ピンク」たちが、「好きなものを好きなだけ好きといえる世界」を取り戻すための戦いに挑むストーリーが展開する。アニメーション制作は、TVアニメ『五等分の花嫁∬』などを手掛けてきたバイブリーアニメーションスタジオが担当する。


このたび公開されたキービジュアルは、アナーキー、ブルー、ピンクら3人の魔法少女に加え、ヘルメットや赤いマントを身に着けているオタクヒーローが初登場するもの。夜のビル街をバックに、今にも飛び出してきそうなアナーキーたちの躍動感あふれる姿が印象的だ。そして、4人を見つめて佇むスーツ姿のキャラクターの正体とははたして。


また、予告SPOT アナーキーver.では、ファイルーズあい演じるアナーキーのセリフも一部聞くことができる。こちらもぜひチェックしておきたい。


さらに、スタッフとキャストも明らかになった。制作は博史池畠監督のもと、脚本・シリーズ構成を谷村大四郎が担当する。キャストには、革命軍の若きリーダー・オタクヒーロー役の古川慎をはじめ、オタクヒーローを支える熱き魔法少女・アナーキー役にファイルーズあい、会話が成り立ちにくい関西弁の魔法少女・ブルー役に愛美、常にガスマスクを被っている魔法少女・ピンク役に黒沢ともよが名を連ねた。

TVアニメ『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』は、2023年にMBSほかにて放送予定。完全オリジナルストーリーで展開される本作の続報を楽しみに待ちたい。

<以下、コメント全文掲載>

オタクヒーロー役/古川 慎

オタクヒーローを担当させていただきます、古川 慎です。
JUN INAGAWA さんが描かれた世界は愛に満ちていました…。
オタクヒーロー自身は青さが隠しきれないキャラクターですが、そんな彼が魔法少女と共にどんな景色を眺めるのか楽しんで下されば幸いです。
よろしくお願いします。

アナーキー役/ファイルーズあい

アナーキーを演じさせていただきます、ファイルーズあいです!
アニメオリジナルの作品なので、わたし達演者も毎週どんな展開になるのかワクワクドキドキしながら収録しています。
普段は理性があるから言えない「あんな台詞」や「こんな台詞」が飛び交うめちゃくちゃアバンギャルドな作品なので、視聴者の皆様も、この作品を観る時はぜひ理性のタガを外して楽しんでいただけると嬉しいです(笑)

ブルー役/愛美

とんでもない作品のとんでもない役どころを任せて頂くことになりました! 光栄です!
毎話ごとに驚き&ぶっとびポイントが沢山あるので、収録も楽しいです!
ブルーはかな〜〜〜りクセ強で、喋っていないところでも変なことをしていたりするので、見逃さないでくださいね。
いや、見逃していただいた方が平和なのかも知れません…!(笑)
スタッフさんも、キャストのみんなも、情熱を注ぎつつ爆笑しながら作品を作りあげておりますので、放送をおたのしみに!

ピンク役/黒沢ともよ

秘密の多いピンク役の声を演じさせていただけることになりました。
はじめてピンクのセリフに触れた日もはじめてアニメの台本を読んだ日も頭の中はハテナでいっぱいだったのですが、実際にみんなで声に出してみると不思議とエネルギーが湧き上がって「なんかわからんが楽しい!」って感じになりました。
現場は健やかに楽しいです。精一杯努めますので、どうぞよろしくお願いします。

TVアニメ『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』
2023 年 MBS 他にて放送予定
<スタッフ>
原作:MAD ミルクポット markets
原案:JUN INAGAWA
監督:博史 池畠
副監督:川瀬 まさお
脚本・シリーズ構成:谷村大四郎
アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ
<キャスト>
オタクヒーロー:古川 慎
アナーキー:ファイルーズあい
ブルー:愛美
ピンク:黒沢ともよ

(C)Magical Destroyers Committee