社会人やアルバイトで働く皆さんにとって楽しみなものといえば「給料日」。欲しいもの、買いたいものは何かありますか?

アニメ!アニメ!では今回、給料日につい欲しくなるアイテムを
【ガンプラ&ロボットフィギュア編】
【キャラクターフィギュア編】に分けて紹介。

本稿では、【ガンプラ&ロボットフィギュア編】をお届けします。


デヴァイズデュナメスへの換装も! ガンダムデュナメスがオリジナル可動機構のフルシールドを搭載して登場



『 機動戦士ガンダム00』より、ガンダムデュナメスがMETAL BUILDに登場。背部に装着することで『機動戦士ガンダム00 Revealed Chronicle』に登場する「ガンダムデヴァイズデュナメス」へ換装できる“GNデヴァイズバックパック”もセットとなって、プレミアムバンダイ内「魂ウェブ商店」にて現在予約を受け付けている。

ガンダムデュナメス専用の遠距離狙撃用ライフル「GNスナイパーライフル」は肩部に懸架可能。「GNフルシールド」は、左右のシールドを前面に展開し、全身を覆うような動きを搭載。METAL BUILDオリジナル可動機構により、射撃時に新たなシルケットを表現できるようになった。



さらに、付属の「GNデヴァイズバックパック」を機体背部に装着することで『機動戦士ガンダム00 Revealed Chronicle』に登場する「ガンダムデヴァイズデュナメス」へ換装可能に。
「GNデヴァイズバックパック」は、ガンダムデュナメスだけでなく「METAL BUILD ガンダムエクシア」やデュナメス系のGNドライブ対応機へ装着したり、バックパック自体に別売り商品の武装も含む各種パーツを装着したりすれば様々な形態の再現を楽しめる。

(C)創通・サンライズ

豊富なミッションパックが魅力! 1/100「ガンダムF90」



『機動戦士ガンダムF90』より、「ガンダムF90」がホビーオンラインショップ初の“完全新規型”としてガンプラMG 1/100キットに登場。プレミアムバンダイにて、複数のミッションパックとともに2023年2月分の再販予約を受け付けている。



換装用のミッションパックは、S(サポート)、E(エレクトロニック)、F(ファイト)、M(マリン)、D(デストロイド)、G(ガード)、R(リーコノイタ)、V(V.S.B.R)、C(コールドネス)、T(トレーサー)、W(ウォーバード)、H(ホバー)タイプがラインナップ。
また、ミッションパック各種の懸架とMS本体のディスプレイが可能な「ミッションパック 専用ハンガー」も合わせて登場。お気に入りの装備で飾りたい。

(C)創通・サンライズ

ダブル・フィン・ファンネルのシルエットを完全再現! ギミック満載のνガンダム



『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』のモビルスーツ・バリエーションより、ダブル・フィン・ファンネル装備型のνガンダムがMETAL ROBOT魂に登場。最大の特徴である左右3基のダブル・フィン・ファンネル装着方法とシルエットを完全再現した。

本体各部にダイキャストを使用し頑強な構造を実現。ダイキャストパーツにはメッキを施し高級感を演出。また、ビーム・ライフルやシールドをはじめ、肩アーマーやボディ形状などの細部も忠実に立体化。さらに高いアクションとギミックが盛り込まれ、プレイバリューも備えたモデルとなった。



肩部分には引き出し機構が内蔵されており、武装を両手で構えるポージングが可能。ニュー・ハイパー・バズーカは砲身が伸縮し、バックパックにマウントできるほか、フィン・ファンネルを浮遊させる支柱も付属し、躍動感あるディスプレイが可能となっている。

(C)創通・サンライズ

AGE−1 グランサ/フルグランサを再現可能なガンプラMG登場! 追加装甲&アップグレードパーツで自由度の高いキット



『機動戦士ガンダムAGE』より、主人公の一人フリット・アスノが搭乗したガンダムAGE-1 フルグランサが、ガンプラMG(マスターグレード)に登場。メカニックデザイナー海老川兼武監修のもと、新規造形パーツとなる追加装甲やグラストロランチャーが付属し、「AGE−1 グランサ」および「AGE−1 フルグランサ」を再現できる。

カラーリングは、長年に渡りヴェイガンと戦い続けたガンダムAGE-1をイメージした重厚感溢れるデザイナーズカラー仕様。「AGE−1グランサ」最大の特徴、装甲各部に搭載される可動式のミサイルのハッチなどの追加装甲を新規造形で再現した。



また、「AGE−1 フルグランサ」のグラストロランチャーは砲身内のグリップを展開し、保持する事が可能。砲身をスライドさせることで、砲身が上下に展開するギミックを搭載した。また、先端部を交換する事でアセム編にて使用されたゼフルドランチャーを再現することもできる。さらに、ミサイルハッチには連動開閉機構が搭載され、ミサイルハッチの開閉とミサイルの取り出しも可能となった。

(C)創通・サンライズ

みなさんのガンダム熱を刺激する商品はありましたでしょうか?
予約・購入方法などの詳しい情報は、各公式サイトで確認が可能です。予約受付の期間が迫っている商品もありますので、ぜひお早めにチェックしてください。