大阪と京都のちょうど真ん中にある高槻。高槻には美味しいお店がたくさんあるんです!

今回は2019年9月3日(火)に放送された、読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の人気コーナー『おでかけコンシェルジュ』より、高槻エリアで話題の個性派グルメを2つご紹介します。

 

■1:35年続く門外不出の絶品鍋!『一心鍋』

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

最初にご紹介するのは、鉄板焼と焼肉のお店『一心』の『一心鍋』(1人前2,000円・税抜)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こちらのお店の特徴の一つに四角いプレートに真ん中が凹んだ鍋があります。なんでも、「他のお店にはないものを」と、先代の店主が注文した特注鍋なのだとか。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

具材を入れる器は、先代が考案したというトロフィー型。本物のトロフィーを使っていた時もあったんだとか。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

しょうゆベースの秘伝の出汁と和牛、キャベツ、ネギなど5種類の具材を混ぜ合わせ、具を鍋のふちに上げて置くことで、じんわりと火を通すことができます。

具材を出汁に少量ずつ落とすことで、シャキシャキの食感のまま食べることができるんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こちらは35年続く、秘伝のピリ辛ダレにつけていただきます!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

タレには刻んだ青唐辛子を入れることで味変も楽しめますよ。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

さらに、〆のおすすめはおじや(500円・税抜)。秘伝の出汁にお肉と野菜の旨味が溶け込んで絶品!

甘辛のタレがしみ込んだご飯に卵が入ってまろやかな口当たりになっています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

他ではなかなか味わえない、変わったお鍋を食べられる『一心』は、高槻市駅から徒歩3分でアクセスも抜群。ぜひ行ってみてくださいね!

<店舗情報>
一心
住所:大阪府高槻市高槻町10-13
最寄駅:阪急『高槻市駅』
電話番号:072-681-9505
営業時間:17:00〜24:00
定休日:なし

 

■2:新潟県の極太煮干し系ラーメンをアレンジ!唯一無二の『燕三条系ラーメン』

次に紹介するのは、営業前から行列ができる人気ラーメン店『八海山』の『燕三条系ラーメン』!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『燕三条系』という聞き慣れない名前は、新潟県燕三条で生まれたラーメンを指します。

新潟県燕三条は昔から金属加工が盛んで、職人の町として栄えた場所。そんな雪国で働く職人さん達の要望に応えて、誕生したのが『燕三条系ラーメン』です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『燕三条系ラーメン』の特徴は、伸びにくい極太ちぢれ麺、煮干しをベースに豚骨を加えた食べ応えのある濃い目の味付け、冷めにくいようにスープの表面に背脂を加えていること。

そんな『燕三条系ラーメン』を関西人も食べやすいようにアレンジしたのが『味玉入煮干しそば』(950円・税込)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

スープの決め手は、一度に6キロも使用する2種類の煮干し。

煮干しスープに豚骨だけでなく、鶏ガラスープも混ぜ合わせ、昆布やシイタケなどを加えることで、濃厚ながらもすっきりとした味わいの特製スープになっています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

かつて、お蕎麦屋さんでも修業していたご主人は、こだわりの極太麺を作るために、うどんの製麺機を使用し、うどんのようなもっちもちのちぢれ麺はスープとの相性抜群!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

そんな関西にはなかなかない『燕三条系ラーメン』を食べられる『八海山』は高槻駅から徒歩4分。

新潟の地酒『八海山』もあるんだそう。唯一無二のラーメンをご賞味あれ!

<店舗情報>
八海山
住所:大阪府高槻市芥川町1−14−9
最寄駅:JR『高槻駅』
営業時間:11:30〜14:30
定休日:日曜日・祝日・不定休

 

まだまだ高槻市には個性派グルメが隠れている様子……。あなたもぜひ足を運んでみて!(文/小田切萌)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜〜金曜 夕方4時47分〜)

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。