2019年、京都らしさを活かしたドリンクが楽しめるお店が続々オープン! 関西初出店のお店はもちろん、思わずカメラを構えたくなるフォトジェニックなドリンクなどお店によってさまざま。

今回は、2019年に京都にオープンした注目ドリンクを4つご紹介します!

 

■1:関西初出店!スコーンと味わうティーラテ『CHAVATY』

2019年7月10日(水)に京都・嵐山にオープンした『CHAVATY(チャバティ)』。日本発のティーラテとスコーンの組み合わせに注目のお店です。

画像:PR desse

ウバ・ほうじ茶・抹茶の3つのフレーバーがあるというメインメニュー『ティーラテ』(580円HOT/ICE・税抜き)。なかでも特に人気があるのは『ウバティーラテ』なんだそう。ミルクと相性がよく、世界三大銘茶であるスリランカ産高級ウバのクオリティーシーズンを使用したこだわりの一品。

画像:PR desse

他にもドリンクとの相性抜群の『スコーンサンド』(380円・税抜き)やフォトジェニックな『ティーソフトクリーム』(480円・税抜き)も絶品ですよ。

<店舗情報>
CHAVATY kyoto arashiyama(チャバティ)
住所:京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町官有地朝乃家内
アクセス:阪急『嵐山駅』
営業時間:10:00〜17:00
定休日:無休

 

■2:フォトジェニックすぎる抹茶ドリンクが楽しめる『抹茶共和国』

2019年10月1日(火)京都タワービル内にオープンした『抹茶共和国』。こちらでは高品質な宇治抹茶と、生乳 100%の北海道牛乳を使ったこだわりのドリンクが楽しめます。

画像:抹茶共和国

『No.1 濃い抹茶ラテ(※写真上)』(640円)『No.2 濃い抹茶清水(※写真中)』(590円)は人気の抹茶ラテ、抹茶清水の深みのある濃茶バージョンは、マットなグラスボトル仕様。『No.7 抹茶コラーゲン(※写真下)』(640円)はぷるぷるのジュレが入っていて、抹茶と食感が楽しめます。

画像:抹茶共和国

『No.6 バブル抹茶ラテ(Cup)(※写真左)』(620円)は定番の抹茶ラテにタピオカが入った人気ドリンクです。どれを飲むか迷ってしまいそう!

<店舗情報>
抹茶共和国
住所:京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1京都タワーサンド1F
最寄駅:各線『京都駅』
営業時間:9:00〜21:00

 

■3:ふわっふわの台湾発・新感覚ドリンク“チーズティー”が登場『清水チーズ工房』

2019年の7月にオープンした、清水寺の麓にあるボトルチーズケーキ専門店『清水チーズ工房』。京都産の宇治抹茶の濃厚さと、トッピングの塩気の効いたチーズフォームが絶妙に混ざり合う、「チーズティー」が注目なんです。

画像:@Press

“チーズティー”とは、台湾茶や紅茶の上にチーズクリームのフォームと塩をトッピングしたドリンク。2018年に日本に初上陸して以来、じわじわと人気を広げています。

画像:@Press

『清水チーズ工房』の『抹茶チーズティー』(460円)は、京都産の宇治抹茶を使用した濃厚な抹茶ミルクに、チーズフォームをトッピングした新感覚のドリンクです。ふわふわのチーズフォームは、チーズケーキの専門店が厳選したクリームチーズに塩気をブレンドしたもの。抹茶の甘みとチーズの塩気がクセになります。

<店舗情報>
ボトルチーズケーキ専門店 清水チーズ工房
住所:京都府京都市東山区白糸町569-10
最寄駅:京阪『清水五条駅』
営業時間:11:00〜17:30

 

■4:“手ごねタピオカ”のお店『生タピオカ専門店 モッチャム 』

画像:PR TIMES

2019年6月、河原町三条にオープンした、日本初の手ごねタピオカが人気の『生タピオカ専門店 モッチャム』。人気の『沖縄黒糖タピオカミルク』(490円)はもちろんのこと、注目は京都河原町三条店の限定ドリンクです。

画像:PR TIMES

ほうじ茶に黒ゴマがアクセントの『はんなりほうじ茶ラテ』(650円)、宇治抹茶とあずきという京都ならではの『はんなり宇治抹茶ミルク』(620円)の2種類。京都初上陸となるモッチャムが楽しめます。

<店舗詳細>
生タピオカ専門店 モッチャム  河原町三条店
住所:京都府京都市中京区大国町33
最寄駅:京阪『三条駅』
営業時間:11:00〜19:00 (※生タピオカが売切れ次第終了)

 

京都の美しい景色との相性も抜群の絶品ドリンク。あなたもぜひ味わってみて(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ PR desse/抹茶共和国/@Press/PR TIMES

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。