2020年2月19日(水)にグランドオープンする大阪・梅田の『EST FOODHALL』。様々なグルメ店が並びますが、そんな中、ちょっと変わった“たこ焼き酒場”がオープンしています。

今回は、そんな変わったお店『TAKO BUSTERS(タコバスターズ)』をご紹介。79年後のたこ焼きが2020年の今、楽しめるチャンスです。

 

■2099年のオオサカで大人気のお店『TAKO BUSTERS』とは

画像:PR TIMES

今回オープンした『TAKO BUSTERS(タコバスターズ)』は、2096年・地下繁華街『オオサカ地下大横丁EST』にオープンしてから日々賑わいを見せているたこ焼き酒場。

突如現れたタコによく似た謎の宇宙星人“シャオ星人”を「倒す」と誓う人類が集まり、たこ焼きとお酒を楽しんでいるんだそう。

 

■こだわりが詰まった近未来のたこ焼き『SF TAKOYAKI』

『TAKO BUSTERS(タコバスターズ)』で味わえるたこ焼きには『UMAMI』昆布系のうまみを使った生地 、『SAUCE』ボーダレスに用意した、たこ焼きの生地とあうソース・フレーバー 、『YAKI』外はカリっ、中はとろりと仕上げる焼き加減といった3つのこだわりが。

画像:PR TIMES

『ソース』(8ケ/530円)はもちろん、『チーズカルボナーラ』(8ケ/680円)といった変わり種や、2020年の女性にも好まれそうな『チリパクチー』(8ケ/650円)など種類はさまざま。

画像:PR TIMES

他にも『シャオの地獄煮 タコ麻婆シビレカリー豆腐』(680円)といったたこ焼き以外のメニューやドリンクメニュー『TAKO SOUR』(各680円)など豊富なメニューが揃います。

<店舗詳細>
TAKO BUSTERS(タコバスターズ)
住所:大阪府大阪市北区角田町3-25 EST FOODHALL内
最寄駅:阪急・阪神『大阪梅田駅』/大阪メトロ御堂筋線『梅田駅』/JR『大阪駅』
営業時間:11:00〜23:00
定休日:不定休(施設に準ずる)

79年後のたこ焼きが味わえるチャンス、これは見逃せません!(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ 79年後の世界…2099年が舞台の近未来SFたこ焼き酒場「TAKO BUSTERS」が2020年2月19日(水)開業の「EST FOODHALL」にニューオープン! – PR TIMES

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。