滋賀・近江八幡エリアには、近江牛など地場産の絶品グルメがたくさん!

今回は、2020年3月17日(火)に放送された、読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の人気コーナー『おでかけコンシェルジュ』より、滋賀・近江八幡の贅沢グルメをご紹介します。

※この記事は2020年3月17日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

■1:リピーター続出!昭和24年創業の老舗「日本料理 ひょうたんや」

名物『近江牛』がしゃぶしゃぶで食べられる昭和24年創業の老舗日本料理店『日本料理 ひょうたんや』。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『近江牛とオリジナルつゆしゃぶの食べ比べ 柊』(5,000円・税抜)は、お店の売り上げの7割を占めるという人気メニュー。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

最高級の近江牛をお湯にくぐらせて、お店自慢のおつゆでいただきます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

おつゆは、優しい口当たりでリピーター続出。ファンが多いのも納得のお味です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

おつゆは、高知産の鰹節と北海道日高産の昆布で出汁をとり、それを日高産昆布、イリコなどを加えて2回も出汁をとっています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

さらに本ブシなど、醤油とみりんに1カ月漬け込んだ“かえし”と混ぜ合わせてようやく完成する手間隙かけたものなんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

続いて、この絶品おつゆに地元産の安土信長葱をたっぷり入れていただくのが、ご主人自慢のブランド豚。お湯にくぐらせていただきます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

豚の甘みが堪能でき、近江牛とは異なるおいしさが楽しめます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

オリジナルつゆしゃぶの豚肉は、プラス700円でバームクーヘンを食べて育った甘みのある『バームクーヘン豚』にも変更ができます。

お箸で掴めるギリギリの厚さ、0.8mmにスライスすることで、口の中で溶け出すような食感が特徴です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

このコースがいただけるのは、JR・近江八幡駅から徒歩2分の場所にある老舗日本料理店『日本料理 ひょうたんや』。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

コースでは、名物の赤こんにゃくや近江そばも一緒に楽しめます。

<店舗情報>
日本料理 ひょうたんや
住所:滋賀県近江八幡市鷹飼町560-1
最寄駅:JR『近江八幡駅』
電話番号:0748-33-5555
営業時間:11:00〜21:00
定休日:月曜日

■2:琵琶湖の素材を本格イタリアンで味わえる「イタリア料理 ヴィーテ」

琵琶湖の素材を本格イタリアンで味わえる『イタリア料理 ヴィーテ』は、イタリアでソムリエ修行したご主人が2016年にオープンした本格派のお店です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

おすすめは、前菜、琵琶湖の素材を使用したパスタやメイン料理、デザートがついた『ランチコースC』(3,500円・税抜)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

前菜は野菜がたっぷり入ってボリューム満点!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

パスタは、琵琶湖などの淡水に生息するスジエビを使用した『琵琶湖スジエビ濃厚ソーススパゲッティ』。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

スジエビをフライにしたものを玉ねぎ、にんにくと一緒にソテーし、フードプロセッサーにかけたエビソースは、とても濃厚! これを湯であげた生麺のパスタと菜の花に絡め、素揚げしたたっぷりのスジエビをのせていただきます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

生麺を使用しているので、モチモチです!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

続いて、ランチのメイン料理『ビワマスの白菜包み 琵琶湖ブロデット仕立て』。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

ビワマスは、琵琶湖の固有種。この表面をさっとソテーし、湯にくぐらせた地元産の白菜で包み、ゆで上げています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

ブロデットという魚介類で作った濃厚なスープにつけていただきます。

 

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

スープは、玉ねぎ、人参などの野菜と、しじみなど琵琶湖で採れた魚介を丁寧にこしたもの。このスープを白菜の上にかけ、ブロッコリーの一種・ロマネスコを添えていただきます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

バラエティーに富んだデザートも付いて、大満足のコースです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

このコースがいただけるのは、JR・近江八幡駅から徒歩9分の近江八幡市文化会館の1階にある『イタリア料理 ヴィーテ』。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『オウミハチマネーゼ』(6,000円・税抜)など、全3種類あるディナーコースも地元食材が豊富に味わえると評判です。

<店舗情報>
イタリア料理 ヴィーテ
住所:滋賀県近江八幡市出町366 文化会館内
最寄駅:JR『近江八幡駅』
電話番号:0748-31-4123
営業時間:12:00〜15:00/19:00〜22:00(※ディナー要予約)
定休日:火曜日(※月曜はランチ営業のみ)

いかがでしたか? 今回ご紹介した地場産の絶品グルメを使用した豪華なコース料理は、日頃頑張っている自分へのご褒美にもおすすめです。(文/原田静香)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜〜金曜 夕方4時47分〜)

この記事は2020年3月17日(火)に放送されたものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。