女優・新川優愛が主演を務める連続ドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』(読売テレビ、毎週木曜 夜11時59分放送)の最終話が、2020年8月6日(木)に放送されました。

放送終了後は、Twitterのトレンドワード上位に必ず「ギルティ」が入るほど、大反響の本作。視聴者からは、早くも“ギルティロス”の声が上がっており、「すでにギルティロス」「ギルティがついに最終回。毎週の楽しみが1つ減ってしまう」「めちゃくちゃ寂しいよ〜楽しみにしてたのに〜(涙)」などの嘆きのコメントが見られました。

爽と秋山の運命はどうなってしまうのか? 早速、最終回のあらすじをお届けします。

■最終回のあらすじ

Ⓒ丘上あい/講談社・読売テレビ

高校時代と同じように、遊園地でデートした後に想い出の場所へ来た爽(新川優愛)と秋山(町田啓太)。離れたくない思いをお互いに抱きつつ、2人は別れるのだった……。

秋山は、瑠衣(中村ゆりか)と家族として寄り添っていく決意をしていた。瑠衣は秋山と一緒に暮らしたいと言い、秋山もそれを受け入れる。

Ⓒ丘上あい/講談社・読売テレビ

爽は守屋(桜田通)から、秋山との遊園地デートがどうだったかと探りを入れられる。爽がムキになってしまい、爽と秋山の間に何もなかったことを察する守屋。「お互いにフリーになったのに、何やってんだか」と言いながらも、爽の様子をある人物に報告する。その人物とは一真だった。

Ⓒ丘上あい/講談社・読売テレビ

守屋から爽の憔悴している様子を聞いた一真は、爽の事を想い“ある行動”を起こす。

一真は、秋山の店を訪ねる。初めて顔を合わせる秋山と一真。「爽の、別れた夫です」と一真が自己紹介すると、秋山は、また瑠衣が爽に何かしたのではないかと心配する。一真は秋山に「爽のこと、どう思ってるんですか?」と尋ねるが、秋山は答えず……。

お互いに強く惹かれ合いながらも、別々の道を選んだ爽と秋山。その“純愛”の結末は!?

視聴者の多くは、まだまだ余韻が抜けきれない模様。ギルティロスは、しばらく続きそうです〜!(文/にしかわゆかこ)

【画像】
※ Ⓒ丘上あい/講談社・読売テレビ