2020年9月1日(火)、神戸駅直結のホテル『ホテルクラウンパレス神戸』内の『ザ マーカススクエア 神戸』最上階に『restaurant GRILLTABLE with SKY BAR(レストラン グリルテーブル ウィズ スカイバー)』がリニューアルします!

画像:PR TIMES

なかなか旅行に行けない中、神戸で“モダンバスク料理”を味わってみませんか?

■神戸の絶景が広がる最上階レストラン

画像:PR TIMES

今回リニューアルする『restaurant GRILLTABLE with SKY BAR(レストラン グリルテーブル ウィズ スカイバー)』は、『ホテルクラウンパレス神戸』内の『ザ マーカススクエア 神戸』の最上階・17階から神戸の山と海の景色が一気に楽しめるロケーション抜群のレストラン。

ホテルというと敷居が高いように感じますが、スペイン本場の“バル”のような親しみやすい空間なので、仕事帰りなどにも気軽に利用可能です。

画像:PR TIMES

リニューアルのコンセプトは“モダンバスク料理”。ピレネー山脈、ビスケー湾といった山と海の幸が豊富なスペイン・バスク地方の料理がモチーフの独創的な料理を楽しめます。

■スペイン旅行気分♡注目のモダンバスク料理メニュー

(1)イベリコ豚のアサード スモークドーム

画像:PR TIMES

燻製の香りが広がる『イベリコ豚のアサード スモークドーム』(1,980円・税込)は、最上級のどんぐりを食べさせたイベリコ豚が使用されています。つけ合わせは、スペインで主流の肉厚の赤ピーマンを炭焼きしたもの。日本人好みのテイストに仕上げられた極上の一品です♡

(2)三田ポーク、シーフードのパエジャ 又 フィデウア

画像:PR TIMES

スペインの定番料理『三田ポーク、シーフードのパエジャ 又 フィデウア』(1,800円・税込)。たっぷりのシーフードに加えて、兵庫県三田産の三田ポークも入った旨みたっぷりのパエリアです。お米は、スペインでよく食べられているショートパスタのフィデウアにも変更できますよ。

(3)淡路麺業の生パスタ

画像:PR TIMES

『淡路麺業の生パスタ』(1,100円・税込)は、兵庫県淡路島で製造されている生パスタが使用されています。香川県の影響を大きく受けた淡路島の生パスタは、うどんのもちもち感をパスタに融合して作られていて食べ応え抜群! 三田ポークや瀬戸内海の海産物などをバリエーション豊かにアレンジした、ここでしか堪能できないメニューなのだとか。

(4)モダンバスク料理「スペシャルコース」

画像:PR TIMES

『モダンバスク料理「スペシャルコース」』(7,000円・税込)は、お店こだわりの9品が楽しめるオリジナルコース料理です。冷製スープ“ガスパチョ”を京都産のフルーツで表現した料理や、伝統的な鱈の魚料理をアレンジした独創的な内容になっていますよ。

<店舗詳細>
restaurant GRILLTABLE with SKY BAR(レストラン グリルテーブル ウィズ スカイバー)
住所:兵庫県神戸市中央区東川崎町1-3-5 神戸ハーバーランドホテルクラウンパレス神戸 17階
最寄駅:JR『神戸駅』/神戸市営地下鉄海岸線『ハーバーランド駅』
電話番号:078-367-1622
営業時間:11:30〜14:30/【月〜金】17:00〜22:00【土・日】18:00〜22:00(フードL.O.21:00/ドリンクL.O.21:30)
定休日:なし
※ 新型コロナウイルス感染症の影響による、営業の有無や営業時間に関しての最新情報は公式ホームページをご確認ください。

中々海外旅行に行けない今こそ、神戸で絶品モダンバスク料理を味わってみては?(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ 神戸駅直結の“ホテバル”で兵庫県の海と山の幸を生かした、新感覚「モダンバスク料理」を味わう – PR TIMES

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。