アウトドアブランド『Snow Peak(スノーピーク)』の体験型施設『Snow Peak LAND STATION KYOTO ARASHIYAMA(スノーピークランドステーション京都嵐山)』が、2020年8月29日(土)に京都・嵐山エリアにオープンしました。

大正時代に料理旅館として建てられた築100年になる伝統建築をリノベーションして作られた同施設。風光明媚な大自然と歴史の趣が融合する、嵐山エリアならではの体験ができるおしゃれな新拠点に大注目です!

■お買い物はもちろん、カフェでゆったり休憩も♡

(1)スノーピーク直営店

画像:スノーピーク

スノーピーク直営店では、キャンプギアやアパレルアイテムなどの豊富なラインアップ。

画像:スノーピーク

『LS KYOTOA RASHIYAMA TSHIRT』(3,900円・税抜き)や、

画像:スノーピーク

『チタン先割れスプーンARASHIYAMA』(800円・税抜き)『スタッキングマグ雪峰H300ARASHIYAMA』(3,600円・税抜き)『スタッキングマグ雪峰H450ARASHIYAMA』(4,200円・税抜き)といった同店限定のアイテムや地元物産品も販売されます。

(2)Snow Peak Cafe

画像:スノーピーク

併設されているカフェスペ―ス『Snow Peak Cafe』では特製ブレンドの日本茶やコーヒーが楽しめます。

画像:スノーピーク

ほかにも『長野県白馬村 白馬ポークフランクのホットドッグ』(800円・税込)などの軽食を気軽に楽しめるほか、京都の人気洋菓子ブランド『マールブランシュ』のスイーツも♡ 嵐山散策でひと休みしたいときにもぴったりですね。

(3)YAMATO Tsunagari gallery 京都嵐山店

大賞6年創業の老舗着物専門店『やまと』の『YAMATO Tsunagari gallery 京都嵐山店』は、着物と世の中との新たなつながりをつくるプロジェクト『YAMATO TSUNAGARI Project』から生まれた初の実店舗。

画像:スノーピーク

『日帰りレンタルプラン』(5,000円・税抜き)は10時から17時までゆったりと京都を着物で散策できます。キッズプランもあるので、家族での思い出作りにもおすすめですよ。

(4)住箱−JYUBAKO−

画像:スノーピーク

『住箱−JYUBAKO−』は、世界的建築家・隈研吾氏と『Snow Peak』が共同開発したモバイルハウス。に宿泊することもできるんです♡ 嵐山ならではの和の空間で、贅沢な時間が楽しめます。

■地元住民のおすすめスポットを巡る「Snow Peak GO」

その土地の歴史や文化、自然を感じる体験プラン『Snow Peak GO』。このプランは、嵐山をこよなく愛する地元住民が推薦する、とっておきのスポットを歩きやサイクリングで巡るものなんだとか。

(1)奥嵯峨サイクリング体験

画像:スノーピーク

『LAND STATION KYOTO ARASHIYAMA(ランドステーション京都嵐山)』から自転車で地元民が口をそろえておすすめする、嵐山の隠れ名所や、1200年の歴史がある大覚寺などをめぐり、ランチ、足湯まで楽しめる『奥嵯峨サイクリング体験』(ランチ付き 1人 5,000円/2人 8,000円・各税抜き)。※大覚寺を参拝する場合は別途拝観料が必要です。

(2)のんびり嵐山散策体験

画像:スノーピーク

『LAND STATION KYOTO ARASHIYAMA』から周辺を食べ歩きや写真撮影を楽しみながら散策する『のんびり嵐山散策体験』(ランチ付き 1人 3,000円/2人 4,000円・各税抜き)の2種類。スケジュールや気分に合わせて選んでみて!

<スポット詳細>
Snow Peak LAND STATION KYOTO ARASHIYAMA(スノーピークランドステーション京都嵐山)
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町7
最寄駅:京福『嵐電嵯峨駅』/JR『嵯峨嵐山駅』/嵯峨野観光鉄道『トロッコ嵯峨駅』
電話番号:075-366-8954
営業時間:10:00〜19:00
定休日:毎月第3水曜日(不定休有)

いかがでしたか? 嵐山エリアのおしゃれすぎる新スポット。京都を訪れる際は、ぜひ足を運んでみて♡(文/anna編集部)

【画像】
※ Snow Peak LAND STATION KYOTO ARASHIYAMA/スノーピーク

最新情報は各店舗・施設にお問い合わせください。