新カフェブランド『TSUBOICHI TEA PLACE(ツボイチティープレイス)』の第1号店が大阪『泉南ロングパーク』にオープン。

画像:@Press

1に“本物の味”、2に“お写真を撮りたくなる素敵さ”を軸に開発されたメニューがそろう『TSUBOICHI TEA PLACE』。実は、嘉永3年(1850年)に創業のお茶問屋『つぼ市製茶本舗』が、開業170周年に立ち上げた新カフェブランドなんです!

製茶問屋の本気を感じられる“お茶が主役”のカフェメニューになっていますよ。

■商品紹介

(1)Matcha Latte(ICE)

画像:@Press

自家製の上質な抹茶を注文ごとに点てて仕上げる『Matcha Latte(ICE)』(550円・税抜き)。シンプルだからこそ、味の違いがわかるメニュー。

(2)Matcha Creamosa(抹茶クリモサ)

画像:@Press

『Matcha Creamosa(抹茶クリモサ)』(600円・税抜き)は、「抹茶×炭酸水×白蜜×ホイップクリーム」で仕上げるクラフトティー。アメリカのカフェの定番メニュー『クリモサ』をヒントに作られたんだとか。

しっかりとした抹茶の味を引き出すため、本来ではお茶会で使われるような上質な抹茶、店内手作りの生クリーム・自家製白蜜が使用された、まさにこだわりぬかれた一品です。

(3)ルイボスサングリアトニック

画像:@Press

『ルイボスサングリアトニック』(550円/ボトルサイズは+280円・各税抜き)は、香料・人工甘味料・着色料は使用せず、素材の風味のみの組み合わせで作られた、新しい味が楽しめます。

(4)抹茶ミルクかき氷

画像:@Press

『抹茶ミルクかき氷』(700円・税抜き)は、堺刃物で薄く削った氷に自家製抹茶蜜とミルク蜜をかけたかき氷。濃厚な抹茶の味わいは『TSUBOICHI TEA PLACE』ならではです。

(5)お濃茶アフォガード

画像:@Press

『お濃茶アフォガード』(590円・税抜き)。いつもはエスプレッソで食べるアフォガードもお抹茶でいただくことで新鮮な味わいに。苦みと甘みの組み合わせはやみつきになります。

(6)抹茶のチャコールロールケーキ

画像:@Press

その他にも『抹茶のチャコールロールケーキ』(ドリンク+400円・税抜き)など、茶鑑定士7段の開発メンバーと、元有名ホテルのパティシエがコラボレーションし、このお店のためだけに開発・試作を重ねた焼き菓子もあるんだとか。

<店舗情報>
TSUBOICHI TEA PLACE (ツボイチティープレイス)りんくう店
住所:大阪府泉南市りんくう南浜3-201 泉南りんくう公園内
最寄駅:南海『樽井駅』
営業時間:13:00〜19:00
定休日:不定休

老舗お茶問屋ならではの本格“お茶”ドリンクやスイーツが楽しめる『TSUBOICHI TEA PLACE』。ぜひ訪れてみて♡(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ 利休のふる里堺開業170周年の老舗茶問屋より新カフェブランド「TSUBOICHI TEA PLACE」が泉南ロングパークに9月16日にグランドオープン! – @Press

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。