大阪の心斎橋・四ツ橋周辺には、美味しいグルメがたくさん。いつもどのお店にしようかいつも悩んでしまう方も多いのでは?

そこで今回は、何度も訪れたくなる評判のランチを3つご紹介♡ おうちでは味わえない絶品が続々登場しますよ!

■1:点心をたっぷり味わえる『茶酔楼 時ノ葉』

画像:時ノ葉

西大橋にある中華『茶酔楼 時ノ葉』。ビルの1階にも中華料理店が入っていて、『時ノ葉』は点心をメインにしているお店です。

画像:時ノ葉

定番の小籠包はもちろん、創意工夫に富んだ数々の点心メニューを、約40種類もある中国茶と一緒に味わえます。

画像:時ノ葉

そして点心のお店では珍しく、平日にランチコースを楽しめるのが嬉しいポイント!

画像:吉田ゆう子

前菜からデザートまで含まれているので、コスパ良くお腹いっぱいになれますよ◎。

<店舗情報>
茶酔楼 時ノ葉
住所:大阪府大阪市西区新町1-21-2 第三中村興産ビル2F
最寄駅:長堀鶴見緑地線『西大橋駅』
電話番号:06-6532-6001
営業時間:【火〜金】11:00~15:00(L.O.14:30)18:00~21:30(L.O.20:30)【土・日・祝】12:00~15:30(L.O.14:30)18:00~21:30(L.O.20:30)
定休日:月曜

■2:よだれ鶏のタレがたまらなく美味しい『中華旬彩 森本』

画像:森本

心斎橋にある『中華旬彩 森本』は、ビルの奥にある階段から地下に行く、一見分かりにくい場所にあるお店。

画像:森本

しかし店内は常に賑わっているという人気ぶり! そんなお店で人気のメニューは……、

画像:森本

『森本名物 よだれ鶏ランチ』(1,200円)。「おうちに持って帰りたい」と思うほどタレが絶品で、ご飯と一緒に味わうのがオススメ。

画像:森本

他にも『点心4種』(650円)や『ミニ麻婆豆腐』(350円)などのサイドメニューも充実しているので、毎回違う組み合わせを楽しむことができます。

<店舗情報>
中華旬彩 森本
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-4-14 燕京ビル B1F
最寄駅:御堂筋線『心斎橋駅』
電話番号:050-5589-2665
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:火曜

■3:2種の自家製ソーセージの虜に♡『マンモスカフェ』

画像:マンモスカフェ

四ツ橋にある『マンモスカフェ』は、おうちではなかなか味わえない料理が楽しめるお店。

画像:マンモスカフェ

ボリュームたっぷりの前菜は、ドレッシングとの相性も抜群。これを目当てに来る方も多いんだとか!

画像:マンモスカフェ

そしてこのお店の名物は、『豚肉の赤いソーセージ』と『鶏肉の白いソーセージ』。

画像:マンモスカフェ

普段口にする既成のソーセージとは違った味わいが楽しめる、贅沢な一品です。2つを食べ比べしてみるのもオススメですよ。

<店舗情報>
マンモスカフェ
住所:大阪府大阪市西区新町1-2-6 日宝ニュウ新町ビル B1F
最寄駅:『四ツ橋駅』
電話番号:06-6531-7557
営業時間:【月〜金】11:30〜15:00/18:00〜23:00(L.O.22:00)【土】11:30〜21:00
定休日:日曜・祝日

ついつい通いたくなってしまう心斎橋・四ツ橋周辺のグルメ。気になった方はぜひお店で味わってみてください! 読売テレビによる、テレビとWEBサイトの連動番組『anna』では、関西の女性が行きたい・知りたいと感じることを、インスタグラムでも人気のannaアンバサダーたちが、体験を交えてトーク形式でお届けしています。次回の放送は2020年9月25日(金)25時00分〜。お楽しみに!(文/anna編集部)

【画像】
※ 時ノ葉/森本/マンモスカフェ/吉田ゆう子

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。