お稲荷さんの愛称で親しまれている『伏見稲荷大社』。初詣などで参拝しに行ったことがある方も少なくないはず!

今回は、そんな『伏見稲荷大社』のみどころをご紹介します♡

■「千本鳥居」は見逃せない

JR・稲荷駅から歩いてすぐのところにある『伏見稲荷大社』。全国に3万社あると言われている稲荷神社の総本宮なんです!

画像:anna

711年に稲荷大神様が稲荷山に鎮座されたのが『伏見稲荷大社』の始まりと言われています。、ご利益は、商売繁盛、産業興隆、家内安全、交通安全などで、豊臣秀吉も母親の病気が治るようと願い、ご利益があったのだとか。

画像:anna

一番のみどころは朱色の鳥居が連なる『千本鳥居』。なぜ鳥居が朱色なのかご存じですか? 朱色は“古代より生命力のある神聖な色とされていて、稲荷大神の神徳である豊穣を象徴とする色として用いているのだそう。稲荷山の参道には多くの鳥居が建立されています。

■きつねに注目!

見どころは『千本鳥居』だけじゃないんです!

画像:伏見稲荷大社

『おもかる石』では、願い事を思いながら、石灯籠の頭の部分の空輪を持ち上げます。自分の予想よりも軽ければ願いが叶うんだそう。

画像:伏見稲荷大社

さらに『伏見稲荷大社』には、きつね像がいたり、きつねの形をした絵馬などいろんなところにきつねの姿が! 稲荷大神様のお使いとされているきつねは、『神使』『春属』であり、神そのものではないのだそう。きつねにも注目してみて♡

<詳細情報>
伏見稲荷大社
住所:京都府京都市伏見区深草薮之内町68
最寄駅:京阪『伏見稲荷駅』/JR『稲荷駅』
電話番号:075-641-7331

1300年以上の歴史がある『伏見稲荷大社』には魅力なスポットがいっぱい♡ ぜひ訪れてみて。(文/村西美郁)

【画像】
※伏見稲荷大社/anna