神戸阪急ビル東館および駅高架下店舗をあわせた『神戸三宮阪急ビル』の開業が、2021年4月26日(月)に決定!

神戸の新たなランドマークとなりそうな『神戸三宮阪急ビル』に今春オープンするショップやホテルなど、見どころをご紹介します!

■商業施設も誕生予定の「神戸三宮阪急ビル」って?

画像:阪急電鉄株式会社

阪急電鉄と、阪急阪神不動産が共同で開発を進めている『神戸三宮阪急ビル』は、旧神戸阪急ビル東館と駅高架下店舗を合わせた商業施設。駅直結なので、利便性も高いのが魅力です。

計35店舗からなる商業施設『EKIZO(エキゾ)神戸三宮』や、食品スーパー、オフィスやホテルなど、さまざまなスポットが誕生するので、神戸のランドマークになりそう♡

■各テナントをチェック!

(1)EKIZO(エキゾ)

画像:阪急電鉄株式会社

異国感溢れる神戸の街に合うようなエキゾチックな空間をコンセプトにした『EKIZO(エキゾ)』。 高架下に連なる飲食ゾーンは神戸初出店のお店19店舗を含む、地元内外の個性豊かな名店からなる計35店舗が立ち並びます。

ショッピング施設はもちろん、地下二階にはスーパー『阪急オアシス』や、高架下を中心とする飲食ゾーンに本格的なビアホール『BEER&GRILLコウベビアハウゼ』や大阪・福島で人気の割烹『もう利』の新業態『酒場 酒ト魚ト汝ト私』や、神戸北野の人気ビストロ『LE BOOZY』の新業態『新世紀』など、関西で大人気のレストランなどが登場します!

(2)オフィス

阪急神戸三宮駅、JR三ノ宮駅、神戸市営地下鉄(西神・山手線)三宮駅に直結するオフィススペースフロアが4階〜15階に誕生! アクセス抜群なので通勤もスムーズに♡

(3)レムプラス神戸三宮

画像:阪急電鉄株式会社

阪急阪神ホテルズが展開する『remm+(レムプラス)』は、“眠りをデザインするホテル『remm(レム)』”のコンセプトを継承した、くつろぎと上質感溢れる空間が魅力の宿泊主体型ホテル。今回『神戸三宮阪急ビル』の17階〜28階に開業することが決定。贅沢なひとときを過ごしたい方はもちろん、アクセス抜群のホテルなので、旅行の際の宿泊先にもぴったりです。

いかがでしたか? 神戸の新スポット『神戸三宮阪急ビル』。オープンが待ちきれません!(文/吉村すみれ)

【画像・参考】
※ 神戸の中心地・三宮に相応しいランドマークとなることを目指して 「神戸三宮阪急ビル」が4月26日に開業します 商業施設「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」や、ホテル「remm+(レムプラス)神戸三宮」が開業 – PR TIMES

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。