古本屋としては日本で屈指の知名度を誇る『ブックオフ』。誰もが一度は利用したことがあるであろうブックオフですが、膨大な数の本やCDは、はたしてどのように集まり、管理されているのでしょうか?

今回は、2020年1月15日(金)に放送された読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』の人気コーナー『情報喫茶店』から、ブックオフの裏側に迫りました。

※ この記事は2020年1月15日(金)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

■毎日7万点以上が届くオンライン買取センター

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

国内外に800もの店舗を持つブックオフは、本・CDなどの買取数がなんと1年で2億6,932万点!日本の人口を超すほどの数に驚きです。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

ブックオフでは、オンラインでの買取や販売も行っているってご存知でしたか? ダンボールに売りたいものを詰めて送ればいいだけなので、とてもお手軽ですよ。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

そんなオンラインでの買取品が集まるのが神奈川県・横浜市にある『東名横浜ロジスティクスセンター』です。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

広々とした倉庫には、全国から毎日2,000箱以上のダンボールが届き、商品は7万点以上も集まります! ずらりと並んだダンボールは壮観ですね。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

7万点以上もの荷物はまず査定にかけられます。持ち込まれた本やCDは、バーコードにひとかざし。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

すると、発売からの経過年数や在庫状況、売れ行きなどを考慮して出された買取金額が表示されます。(※買取価格は日々変動しているため、店舗によって異なります。)バーコードをかざすだけですぐに金額が分かるので、査定もスピーディーに進むんですね。ちなみに、経過年数が短いアイテムであればあるほど、買取金額も高くなるそう。なので、本は読んだらすぐ買取に出すというのが高く売れるコツですよ!

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

査定を終えた品物は、倉庫の本棚で管理。2,200坪もの敷地にある本棚には、400万点ものネット販売用の本が並びます。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

管理方法はシンプル。棚の空いているスペースに新しく入荷した商品を入れ、棚番号を端末に打ち込むというものです。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

ネットやアプリで注文が入れば棚番号を元に商品を取りに行けばいいので、数万点の中からも簡単に見つけ出すことができるんです。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

さらに、CDやDVDを販売する上で欠かせない機器がこちらの研磨機。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

CDやDVDに傷が入っていると、当然ながら音楽や動画を再生することができません。そんなとき研磨機にかけると傷だらけのディスクもこの通り、綺麗に!

■いまや本だけじゃない「ブックオフ」

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

ブックオフといえば本やCDのイメージが強いですが、最近ではそれ以外の品も取り扱う店舗を続々増えているんです!

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

例えば、ギターやベース、ピアノなどの楽器。新しい楽器を買って、これまで使っていたものを売りたい……なんてときにも便利ですよね。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

さらに、スキー板やスキーウェア、ゴルフクラブなどスポーツ用品も揃います。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

また、ブランドバッグや時計、アクセサリーといった高級品の数々も販売・買取を行っています。先ほどご紹介した『東名横浜ロジスティクスセンター』では、アプリやサイトで買い取った品をネットオークションで販売するなど、高級ブランド品にも力を入れています。

おうち時間が増えて、自宅から思わぬお宝を発掘したという人や、読書や音楽にハマったという人も多いはず。そんな人は、販売・購入ともにブックオフを利用してみるのもおすすめですよ。(文/つちだ四郎)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』(毎週金曜 よる7時〜)

※ この記事は2020年1月15日(金)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。