暖かい日が多くなり、子どもと一緒にお出かけしたくなる季節になってきました。

2021年4月20日(火)、兵庫県豊岡市にある『植村直己冒険館』がリニューアルオープン! 自然の中で遊べる最新の施設は、親子の思い出作りにぴったりです!

■リニューアルした「植村直己冒険館」とは?

画像:豊岡冒険館株式会社

今回リニューアルオープンする『植村直己冒険館』は、展示が視覚的に分かりやすくなり、冒険心を掻き立てる内容へと一新されています。さらに、豊かな自然に囲まれた自由なフィールドで、ツリーイング、たき火、キャンプなどが経験できる冒険体験施設『どんぐりbase』が新設。

画像:豊岡冒険館株式会社

よじ登り、かけまわり、転げまわるといった、体を動かすという冒険体験を通して子どもの心が豊かになり「生きる力」が身につくのだとか。『ぼうけんステイ』という宿泊体験もできるようになり、自然体験の幅が広がる施設になっています。

■子どもと楽しみたい!注目アクティビティ3選

(1)えべれすとウォール8848

画像:豊岡冒険館株式会社

オートビレイを使った本格クライミングウォールが体験できる『えべれすとウォール8848』は、対象年齢5歳以上のアクティビティです。

(2)やっほーツリーイング

画像:豊岡冒険館株式会社

木に登る気持ち良さや楽しさを体験できるツリーイング『やっほーツリーイング』も、5歳以上から遊ぶことができます。

(3)ぐんぐんジム

画像:豊岡冒険館株式会社

地下1階ホールには、体を動かしながら脳を鍛える幼児向け遊具『ぐんぐんジム』もあるので、小さな子ども連れのご家族におすすめです。

■冒険心を掻き立てる展示エリア

画像:豊岡冒険館株式会社

展示エリアでは、冒険館の所蔵する植村直己さんの貴重な実物資料が展示されています。

画像:豊岡冒険館株式会社

テーマごとに分かれたヴィジュアル資料を、物語的な構成によって展示し、『植村直己のスピリット』をわかりやすく紹介していて、観る人の冒険心を掻き立てます。

■冒険を応援するカフェやオリジナルグッズも展開!

画像:豊岡冒険館株式会社

施設内にはオープンカフェ『CAFE iNUUK(イヌーク)』が開業。「冒険を応援するカフェ」をコンセプトに、売上の一部を冒険支援団体に寄付したり、シーズン毎にイベントの開催なども予定されています。

また、『Uemura Naomi MEMORIAL MUSEUM SHOP』では、「学びや体験を持ち帰る!」をテーマに植村直己さんの関連書籍やオリジナルグッズをはじめ、自然やアウトドアに関する雑貨が購入できます。

<詳細情報>
植村直己冒険館
住所:兵庫県豊岡市日高町伊府785
電話:0796-44-1515
営業時間:9:00〜17:00(※最終受付16:30)
定休日:水曜日

いかがでしたか? 子どもと一緒に自然を体験できる施設をお探しの方は、『植村直己冒険館』を要チェックです!(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ 兵庫県豊岡市「植村直己冒険館」4月20日リニューアルオープン! 日本初!?半ドア施設【どんぐりbase】が新登場! – @Press

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。