お店の味をお取り寄せできるお店が増えましたが、ひとつひとつの商品のこだわりもすごいんです。

今回は、2021年2月16日(火)に放送された読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の『おでかけコンシェルジュ』改め『おでかけしないコンシェルジュ』より、大阪の絶品お取り寄せグルメを2つご紹介します。

店主が研究に研究を重ねて作り出したこだわりの逸品。必見ですよ!

※この記事は2021年2月16日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

■1:伝統と新感覚がブレンドされた見た目も美しい大福「五條堂-GOJODO-」

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

東大阪にある創業50年の『五條堂-GOJODO-(ゴジョウドウ)』は、お父さんと娘さんの2代で営む和菓子屋さです。

伝統的な和菓子を続けるお父さんの技法と、新しい感覚を持つ娘さんのアイディアがかけあわさって、次々と新メニューが誕生しています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こちらが看板メニューの『鴻池花火(フルーツパフェ大福)』(420円・税込※送料別)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

生クリームにブルーベリー、フランボワーズ、パイナップルなど5種類のフルーツをあわせ……

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こし餡、さらには羽二重餅で丁寧に手包みしてくるみます。見た目にもカラフルなフルーツで花火を表現した、新感覚の和菓子です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

お口の中で次々といろんなフルーツの味が楽しめて、とても爽やか♡ 実はあんこは生クリームとの相性が◎なんです。

コーヒーにも合う和菓子を、と作られたこちらの大福。ぜひ、ご賞味あれ!

<店舗詳細>
五條堂-GOJODO-(ゴジョウドウ)
住所:大阪府大阪市東鴻池町1-5-7
電話番号:072-963-4331
営業時間:9:30〜19:00
定休日:火曜日
※なくなり次第終了
※ホームページのECサイトから注文できます。(電話不可)

■2:こだわり抜いた絶妙な皮の厚さ!薄皮餃子「白ごはん専門餃子 龍華山」

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

2017年に餃子購入額が全国3位になった大阪堺市。そんな餃子好きが集まる街の餃子のテイクアウト専門『龍華山』は、日本人が大好きな“アレ”に合う餃子にこだわっているんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

その“アレ”とはなんと“白米”。ごはんに合うように研究に研究を重ねて開発された餃子が、こちらの生餃子(通販用40個入り 1,800円・税込※送料別)、(店舗販売用20個入 900円・税込)なんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

ポイントは皮の厚さ! 皮の厚さが0.1ミリ変わるだけで歯触りや味が変わるのだとか。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

研究の末に、白ごはんと一緒に食べたときに最高のおいしさを生み出す皮の厚さを見い出し、薄めの皮を採用したそう。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こだわり抜いた皮の食感は、モチモチでパリパリ! 具もたっぷり入っているので、とってもジューシー♡ 白ごはんがすすみます。

餃子のいいところがギュッと詰まった極上の餃子。想像しただけでもおなかが空いてきます!

<店舗詳細>
白ごはん専門餃子 龍華山(リュウカザン)
住所:大阪府堺市西区家原寺町1-18-6
電話番号:072-271-2898
営業時間:10:00〜19:00(売り切れ次第終了)
定休日:不定休
※売り切れ次第終了(毎日生産)

作った人のこだわりを知るとますます食べてみたくなりますね! ぜひお取り寄せしてみて!(文/奥村陽子)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜〜金曜 夕方4時47分〜)

※この記事は2021年2月16日(火)放送時点の情報です。また、2021年4月11日(日)に配信していますが4月16日(金)に再編集しています。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。