たくさんの人気グルメ&スイーツが集う兵庫・神戸。2021年も神戸にはランチからテイクアウトまで、新しい生活を楽しめる多くのお店が続々とオープンしています。

そこで今回は、2021年神戸にニューオープンした“おすすめグルメスポット”をご紹介します。SNS映えするモンブランから、食卓を彩る寿司やイタリアンのテイクアウトなど神戸ならではのグルメ&スイーツを厳選♡

■1:旬フルーツを丸ごと使った「丸ごとフルーツ専門店 Mr.Fruit」

2021年1月23日(土)にオープンした『丸ごとフルーツ専門店 Mr.Fruit』。地元兵庫県産をはじめとする、極上の旬フルーツを丸ごと使ったメニューが楽しめるお店です。

イートインでは『ふわとろパンケーキ』や『アサイーボウル』、『フルーツティー』など、テイクアウトでは『フルーツサンド』を販売。

画像:株式会社くり松

ヘルシー志向の方にオススメの『Mr.アサイーボウル』(ミックス/カカオ各1,430円・税込)。ポリフェノールを豊富に含むスーパーフード、アサイーと新鮮なフルーツ、グラノーラを合わせた美味しい美容食です!

画像:株式会社くり松

『丸ごとフルーツサンド』(「農家直送」神戸産熟成章姫 880円/いちごみかん 550円/ミックス 605円/バナナ418円 他・各税込)は、フルーツ本来の味を感じられるよう、北海道産の純生クリームのみを合わせたシンプルなサンドイッチです。テイクアウトして手土産に持っていくのもおすすめです。

画像:株式会社くり松

『Mr.スムージー』(ばなな 528円/ミックス 550円/パイナップル 550円・各税込)は、フルーツの美味しさがぎゅっと詰まった“賞味期限5分”の超新鮮フレッシュスムージー!

画像:株式会社くり松

紅茶とフルーツの香りが相性抜群の『Mr.フルーツティー』(トロピカル 各880円/シトラス 748円・各税込)。瑞々しい旬のフルーツを使用した、見た目もきれいなフルーツティーです。※イートインも可能

<店舗情報>
丸ごとフルーツ専門店Mr.Fruit
住所:兵庫県神戸市中央区元町通2-2-8 2階
電話番号:078-945-7710
営業時間:11:00〜19:00(L.O.18:30)

■2:絞りたてを贅沢に!和栗モンブラン専門店「くり松」

兵庫・丹波地方で生産された国内最高級の『丹波栗』をメインに使用した和栗モンブランとお茶が楽しめる『くり松』が2021年1月23日にオープン! 気になるメニューをご紹介していきます。

画像:株式会社くり松

『くり松』では、地産地消の厳選素材を使用しているそう。メインの栗は兵庫県丹波産の最高級丹波栗で、国産和栗やフルーツもシェフが1つ1つ厳選しています。

こだわりはモンブランの細さにも。モンブランは、細ければ細いほど、栗の風味が口に広がり香り高いんだとか。細さ1.2mmのモンブランはオリジナルの絞り器でオーダーが入ってから作られる絞りたてです。

画像:株式会社くり松

『-松-最高級丹波モンブラン』(2,640円・税込)は、1日30食限定の品。最高級丹波栗のみを使用した究極のモンブラン。口の中に入れた瞬間、広がる香り・旨みとほどけていく食感が楽しめます。

他にも、『-竹-季節のミルフィーユモンブラン』(2,200円・税込)や『-梅-国産和栗モンブラン』(1,980円・税込)などのシェフが厳選した高級和栗を使用したモンブランがあります。

画像:株式会社くり松

さらに、イートインでモンブランを注文すると、約1,000種のお茶から7種類に厳選した『プーアール(バラ)』や『花茶』などのお茶を1つ選んで楽しめます。(※花茶のみ+300円)

画像:株式会社くり松

テイクアウトメニューの『くり松千本』(1,980円・税込)はお餅の上にモンブランをかけ流したデザート。手土産にも喜ばれそう!

画像:株式会社くり松

『モンブランソフト(和栗/抹茶/苺)』(各880円・税込)は、濃厚ソフトクリームに、和栗、抹茶、苺のモンブランクリームをトッピングした贅沢ソフト。

<店舗情報>
和栗モンブラン専門店 くり松 神戸本店
住所:兵庫県神戸市中央区元町通2-2-8 1階・2階
電話番号:078-945-7710
営業時間:11:00〜19:00(L.O.18:30)

■3:有名寿司チェーン店のテイクアウト専門店「スシロー To Go」

変わっていく生活様式に合わせて2021年3月11日に誕生した、『スシロー』のテイクアウト専門店『スシロー To Go』。事前にアプリや公式サイトから予約して取りに行くことができる“密”を避けた新しい形態の店舗です。

画像:株式会社スシローグローバルホールディングス

オープンした『JR神戸駅店』は、JR線はもちろん地下鉄や私鉄などの7路線に繋がる駅構内の立地にあり、アクセス抜群な場所にあります。忙しい出勤帰りや、お出かけの帰り道などに寄りやすく、おうちで新鮮なお寿司を楽しめます。

画像:株式会社スシローグローバルホールディングス

『スシロー To Go JR 神戸駅店』では、定番メニューに加えてテイクアウト専門店でしか買えない限定メニューやアラカルトが揃っています。

『寿司盛り合わせ』(650円・税込)は、まぐろや寒ブリなどの人気ネタが12貫も入った、お得なメニュー♡ 太巻きは4つ入っているので、家族で分け合うのもおすすめです。

画像:株式会社スシローグローバルホールディングス

『スシロー』の不動の人気メニューと言われている『海鮮ちらし』(580円・税込)もテイクアウトで購入可能。ランチにもぴったりなので、在宅ワークのお供にしてみてはいかが?

<店舗情報>
スシロー To Go JR 神戸駅店
住所:兵庫県神戸市中央区相生町3-1-1
電話番号:070-2453-4963
営業時間:11:00〜20:00
※ 状況により営業時間の変更があります。

■4:フレンチ×ラーメンがコンセプト「カニ蟹crab noodle三宮〜フレンチラーメン専門店〜」

2021年4月15日、神戸北野にオープンした『カニ蟹crab noodle三宮〜フレンチラーメン専門店〜』のシェフはなんとフレンチ歴14年!

兵庫からラーメンの新しい楽しみ方を提案していくお店として誕生し、最高の技術を用いて「フレンチのコースを堪能できる一杯」が味わえます。

画像:株式会社SHIBIRE

手軽な価格で満足できるラーメンですが、こちらでは1杯1,000円程度とすこしお高め。

画像:株式会社SHIBIRE

その理由は、蟹のだし汁に、海老と鯛のスープをブレンドした、海の旨味が贅沢に詰まった至極の一杯だから。トッピングもフレンチを彷彿させる見た目です。ラーメン界を盛り上げる新しい文化を生み出すこと間違いなし!

画像:株式会社SHIBIRE

<店舗情報>
カニ蟹crab noodle三宮〜フレンチラーメン専門店〜
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-22-13 ヒルサイドテラス4階
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜24:00(※営業時短中のため、全日20:00閉店)
定休日:不定休(月2回)

■5:日本の食文化を豊かに!「KOBEニューワールド」

2021年4月24日にオープンした『KOBEニューワールド』は、神戸の新しいフードカルチャーを発信する新業態店舗として、誰もが入りやすく居心地のいい空間にデザインされた飲食店です。

デリ・ テイクアウト・カフェ・パブ・レストランを融合させ、気軽に立ち寄れて、食事やお酒も楽しむことができます。

画像:株式会社ワールド・ワン

兵庫の特産品を使った新感覚メニューはどれも未体験の味わい……!

丸くかわいいオリジナルケーキをディップソースやソフトクリームなど、好みの食べ方で楽しめる洋菓子『bolofofo(ボーロフォフォ)』(400円・税込)。将来『bolofofo』の専門店出店を目指しているほど、ネクストブーム必至の注目スイーツです。

画像:株式会社ワールド・ワン

サクサクジューシーな食感が楽しめるKOBEニューワールドオリジナル『KOBEパブチキン』(1個 150円・税込)は、新鮮な淡路鳥を特製の漬けダレで長時間熟成されて作られています。

画像:株式会社ワールド・ワン

神戸市西区の『小池農園』の『神戸米』に、彩り食材が贅沢にサンドされた『神戸米・ライスサンド』(380円〜・税込)。ビフカツや淡路鳥の照り焼き、台湾ルーロー飯など和洋混載さまざまなメニューが揃っています。

画像:株式会社ワールド・ワン

兵庫県産バジルや淡路玉ねぎ、六甲牧場クリームチーズなどこだわりの食材が乗った『オープンパイ 』(1個 280円〜・税込)。ホームパーティにもぴったりです!

そのほかにも、自家製の『KOBEクラフトコーラ』(Sサイズ 350円〜・税込)や、『クラフトフルーツビネガージュース』(Sサイズ 350円〜・税込)など、神戸の魅力が詰め込まれたこだわりのメニューもあります。

<店舗情報>
KOBEニューワールド
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通1-1 阪急神戸三宮駅西改札外1階
電話:078-325-5524
営業時間:11:00〜23:00(社会情勢を受けて変更の可能性あり)
定休日:なし

■6:本場の味が気軽に楽しめる!イタリア食材&デリ「ローマ商店」

海・街・山が揃う魅力的でおしゃれな神戸に、イタリア・ローマの活気はもちろん、心が笑ってほぐれる瞬間を提供したいという思いから名付けられた『ローマ商店』が2021年4月26日にオープン。

画像:株式会社KICHIRI

『ローマ商店』は、主にチーズ、イタリアンデリ&スイーツ、イタリアの輸入食材の3部門から構成されています。食卓をグレードアップさせてくれる、本場イタリアの食材やデリは必見です!

今回はなかでもイタリア旅行気分を味わえるおすすめメニューをご紹介します♡

画像:株式会社KICHIRI

イタリアの代表的なチーズといえば、クリーミーなモッツァレラですが、そんなモッツァレラよりもさらにクリーミーでクセになるチーズがブッラータです。世界中のチーズ愛好者から愛されているチーズなんだとか!

イタリアのプーリア州ムルジャ地方の町・アンドリアが発祥の地とされ“幻のチーズ”と呼ばれるブッラータは、モッツアレラチーズをよく伸ばして袋状にし、その中に砕いたモッツアレラチーズと生クリームを入れ、口を縛って作られます。

画像:株式会社KICHIRI

ブッラータは賞味期限が短く、鮮度が重要なチーズですが、『ローマ商店』では店内で手作りしているので、作り立てのものを味わえます。

画像:株式会社KICHIRI

また、スイーツも見逃せません! イタリアのラツィオ州、ローマを中心に愛される伝統菓子で、日本でも人気沸騰中の『マリトッツォ』。本場イタリアでは朝食として食べられることが多いそうですが、『ローマ商店』の『マリトッツォ』のパンは軽くて甘いので、おやつにもぴったりなスイーツです。

種類は、『ローマ〜オレンジマーマレード〜』、『ピスタチオ』、『シチリア〜ハニーレモン〜』、『ティラミス』、『ラムいちじく&キャラメル』、『丹波産いちご』の6種類で、季節のフルーツを使ったメニューも登場予定だそう。

<店舗情報>
ローマ商店
住所:兵庫県神戸市中央区加納町4-2-1  地下1階 キッチン&マーケット内
電話:078-945-7864
定休日:なし(施設に準じる)


近年増え続けている神戸グルメ。ランチからテイクアウトまで幅広く楽しめるので、ぜひ神戸に立ち寄る際は参考にしてくださいね。(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ 神戸スイーツ発祥の地!元町商店街にて1月23日(土)、 和栗モンブラン専門店「くり松」と 丸ごとフルーツ専門店「Mr.Fruit」が2店舗同時オープン! ― @Press
※ スシローが出店を強化しているテイクアウト専門店『スシロー To Go』が関西の主要なターミナル駅であるJR神戸駅に登場!生活動線上にお店があることで、スシローのおすしをより身近に。 – PR TIMES
※ フレンチコースを「一杯」で堪能できる極上のラーメン店。神戸・北野に4/15OPEN – PR TIMES
※ 神戸らしい新たなデリ&カフェ&レストラン 『KOBEニューワールド』4月24日(土)OPEN – @Press
※ イタリアの輸入食材&デリを繰り広げるマーケットスポット「ローマ商店」2021年4月26日(月)オープン – PR TIMES

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。