奈良県王寺町は自然豊かな町で、聖徳太子ゆかりの地としても知られています。王寺へは大阪駅から大和路快速、もしくは新大阪駅から直通快速でおよそ40分です。

そこで今回は、2021年5月30日(日)に読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』で放送された、地元民たちのクチコミによる“奈良県王寺町周辺のおすすめグルメ&スポット”をご紹介します。

※この記事は2021年5月30日(日)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

■1:阪神タイガースも必勝祈願に!寅だらけのお寺「信貴山 朝護孫子寺」

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

最初のクチコミは、聖徳太子にゆかりのあるお寺『信貴山 朝護孫子寺(しぎさん ちょうごそんしじ)』。こちらは信貴山真言宗の総本山です。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

お寺の境内に入るとすぐに見つかるのが、全長6m、高さ3mほどある大きな『張り子の虎』! 世界一の「福寅」とも呼ばれており、阪神タイガースファンにも親しまれています。選手や監督が必勝祈願のお参りに来ることでも有名なんですよ。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

聖徳太子が戦に向かう途中、この山を訪れ戦勝祈願をすると、天空より毘沙門天王が現れ、必勝の秘法を教えてくれたとされています。この秘法により、聖徳太子は見事勝利したんだとか!

その年がちょうど寅の年、寅の日、寅の刻と寅が3つ重なったことから、「三寅の福」として大変縁起がいいと言われているんです。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

境内では、たくさんの寅を見つけることができますよ。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

中には、1億円をくわえた寅も……!

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

また、心願成就を祈る修行の道場で、本堂真下の暗闇の回廊にある錠前に触れる『戒壇巡り』(200円・税込)をすると、ご利益が授かれるんだとか。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

お参りの帰りには、国の登録有形文化財に登録されている『開運橋』を渡るのがおすすめ! 大きな谷をまたぐことから参道の役割を持つんだとか。一見普通の橋ですが、非常に珍しい工法で作られているんですよ。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

なんとこちらでは、『開運バンジー/BUNGY JAPAN』(1回目 10,000円・税込)が楽しめます。高さ30メートルのバンジージャンプはスリル満点です。

2021年5月時点で、関西でバンジーができる橋はここだけですよ!

<詳細情報>
信貴山 朝護孫子寺(しぎさん ちょうごそんしじ)
住所:奈良県生駒郡平群町信貴山2280−1
電話番号:0745-72-2277
拝観時間:9:00〜17:00

開運バンジー/BUNGY JAPAN
住所:奈良県生駒郡三郷町信貴山西1190-20
電話番号:0278-72-8133 (8:30〜17:30)
営業時間:9:00〜17:00 (最終受付16:30)
定休日:水曜日・木曜日

■2:氷の聖地で味わう!新食感かき氷「patisserie TRICO」

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

次にご紹介するのは、河合町役場の敷地内にある人気のパティスリー『patisserie TRICO(パティスリー トリコ)』。一年を通してかき氷メニューが楽しめます!

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

奈良は氷にまつわる神社があることから氷の聖地と言われ、かき氷の名店がたくさん!

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

そんな氷の聖地でも話題のかき氷が、『古都華ピスターシュ(※)』(1,500円・税込)です。奈良が誇るブランドいちご・古都華とピスタチオの相性が抜群♡

※日によってシロップの構成は異なります

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

アーモンドやカスタードなど何層にもシロップがかけられているため、食べていくと味がどんどん変わるというまるで「ケーキのようなかき氷」なんです。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

氷がふわっと一瞬でなくなるのが特徴。その秘密は、氷を72時間低温でゆっくり凍らせているから。溶けにくく、軽い氷になるそうですよ。

研究を重ねた結果、オーナー自身が自分の手で強弱をつけながら削る氷が1番理想なんだとか!

<店舗情報>
patisserie TRICO(パティスリー トリコ)
住所:奈良県北葛城郡河合町池部1-1-1 河合町役場別館
営業時間:季節により変動があります
定休日:不定休

■3:金魚が泳ぐ城下町!金魚すくい道場がある「おみやげ処 こちくや」

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

次にご紹介するのが、『おみやげ処 こちくや』です。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

実は大和郡山市は、全国的に有名な金魚の産地。『全国金魚すくい選手権大会』が行われることで知られています。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

そんな大和郡山市にある『おみやげ処 こちくや』はおみやげ品が並ぶ中、隣に『金魚すくい道場』を併設。全国大会の優勝者でもある下村さんが作った『金魚すくい道場』は、全国の名人たちの練習場として開放されているんです。

1回150円(ポイ2枚・税込)で、金魚すくいを楽しむことができますよ。※すくった金魚は持ち帰られません。

<施設情報>
おみやげ処こちくや
住所:奈良県大和郡山市紺屋町23-1
電話番号:0743-55-7770
営業時間:9:00〜18:00
定休日:年中無休(お正月5日間のみ休み)

■4:奈良でしか食べられない!? 大和牛と鹿が夢のコラボ「大和焼肉ホルモンすだく」

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

最後にご紹介するのが、『大和焼肉ホルモンすだく』です。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

こちらでは、『大和牛カルビ』(879円・税込)がいただけます。

鎌倉時代からの銘牛・大和牛は、奈良県内の恵まれた気候風土に育てられた良質な黒毛和牛のこと。飼育頭数が限られているため、県外には出にくい貴重なお肉なんですよ!

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

そして、一緒に食べてほしいのが、農薬を使わず、鹿のフンで育てられた『鹿サンチュ』(550円・税込)。「大和牛と相性のいい奈良県の新名物を作りたい」ということで栽培が始まったんだとか。

少し苦みがありますが、その分うま味が強いのが特徴です。

画像:読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』

巻いて食べると、まさに大和牛と鹿の夢のコラボ! ぜひお肉を頼む際は、『鹿サンチュ』も一緒にオーダーしてくださいね。

<店舗情報>
大和焼肉ホルモンすだく
住所:奈良県大和郡山市小泉町東1-8-6 (株)喜多興産JR大和小泉駅前ビル 1F
電話番号:050-5456-9458
営業時間:【月〜金】16:00〜22:00(L.O.21:30)
【土日祝】12:00〜15:00(L.O.14:30)/16:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日:なし

自然豊かな奈良県王寺町で見つけたグルメ&レジャーをご紹介しました。どれも一味違った思い出になるので、ぜひ次のおでかけの候補として“王寺町”をチェックしてみて!(文/Yuikomore)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『クチコミ新発見!旅ぷら』(毎週日曜 あさ10時55分〜)
※この記事は2021年5月30日(日)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。