箕面や江坂・千里で人気の洋菓子店『シェ・ナカツカ』。地域の人のちょっと特別な日常を提供されています。

2016年、当時最年少で『なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)』を受賞した中塚幸宏シェフのお店で、その新業態が箕面・小野原に2021年8月23日(月)オープンしました。

画像:なおちぇん

そんな中塚シェフのお店なので、北摂のマダムだけでなく、大阪中……いえ、関西中のスイーツ好きがざわざわしています。そんなお店を取材してきました。

■その名も「山ト氷」

画像:なおちぇん

店名から推察されるように、かき氷とモンブランの専門店。モンブラン好きの筆者はその情報を知ったとき、すぐお店のページに飛んで予約し、初日の1番に行ってきました。

画像:なおちぇん

予約しなくても入店できますが、行列が予想されるので、開店時間の11時〜だけ予約可能。予約して伺うのがベターかもしれません。

画像:なおちぇん

お店はシンプルでスタイリッシュ。木のぬくもりを感じるナチュラルカラーの店内にはカウンター席とテーブル席があります。

■店名にあるようにこだわりの山と氷のスイーツ

画像:なおちぇん

まずご紹介するのは『熊本産和栗と和三盆メレンゲ』(1,800円・税込)。モンブランは希少な国産和栗を使用し、 栗の風味となめらかさにこだわり抜いているそう。 特注で開発した1.5mmの絞り器から和栗のクリームが絞り出され、大きなメレンゲの上に絞り出されます。

画像:なおちぇん

空気を含んでかけられていくので、その食感はふわふわと繊細。さくっとメレンゲの軽やかな食感との緩急に夢中になってしまいます。

画像:なおちぇん

次にご紹介するのは『2種の苺シロップと自家製練乳ソース』(1,200円・税込)。本店の隠れた人気メニューをアレンジしているそう。

削るときの表面温度を限りなく0度に近づけて丁寧に削った氷に、 自家製のシロップやトッピングされています。ふわりと繊細に溶ける氷の中には練乳や苺、苺ソース、エスプーマなどいろんな甘味と風味が楽しめてこれも極上。

こんなおいしいスイーツたち、北摂で人気になること間違いないでしょう。テイクアウトでも楽しめるのでそちらも要チェックです。

<店舗詳細>
山ト氷
住所:大阪府箕面市小野原西6-2-12
最寄駅:阪急『北千里駅』
電話番号:072-743-9080
営業時間:11:00〜18:00
定休日:木曜日

季節によっておいしいスイーツがいっぱい。夏から秋への一番わくわくする季節にどちらのスイーツもいただける北摂の『山ト氷』は、いろんな五感を満たしてくれますよ。(取材・文/なおちぇん)

【画像・参考】
※ なおちぇん

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。