大阪には立ち寄りたくなるようなスイーツのお店がたくさん!

今回は、手土産目的で寄って帰りたい“大阪の人気スイーツ店”をご紹介します。季節ごとの旬なフルーツを使った大福から、ブーム到来中の芋スイーツまで、和菓子・洋菓子どちらもピックアップしました。年代問わず愛されるスイーツ手土産とは……?

■1:旬のフルーツを厳選!「菓匠よしふじ」

画像:株式会社 Pieno Di Vita

大阪・谷町六丁目に店舗を構えるカフェ『菓匠よしふじ』で2021年9月9日(木)から、くだもの好きのための『旬のフルーツ大福』の新作の販売が開始しました!

画像:株式会社 Pieno Di Vita

『菓匠よしふじ』は、産地直送のフルーツを使ったケーキに定評がある大阪・梅田の人気スイーツ店『Sweet’s(スィーティーズ)』が手掛ける和スイーツ店です。

画像:株式会社 Pieno Di Vita

『旬のフルーツ大福』は、その折々でいちばんおいしいフルーツを味わっていただきたいという想いから、あえて産地やブランドを固定せず、契約農家を中心に日本全国から秀ランク以上で大粒の”旬のフルーツ”だけを厳選しています!

フルーツだけでなく、求肥(ぎゅうひ)や餡にもこだわりがたくさん♡ 求肥はフルーツに合うように厳選した餅粉を使用し、その道15年の職人が手づくりしています。また、フルーツの水分との兼ね合いで、餡の炊き上げ具合まで調整するこだわりっぷり。

画像:株式会社 Pieno Di Vita

一番人気の『シャインマスカット大福』は、大粒のマスカットがとってもジューシー!

画像:株式会社 Pieno Di Vita

『ナガノパープル大福』には皮ごと食べられるナガノパープルが使われており、粒の大きさも店頭には並ばないような特別なサイズのものを契約農家から仕入れているそう。皮と実のあいだに詰まったうま味を堪能できます♡

画像:株式会社 Pieno Di Vita

ほかには、『いちじく大福』や

画像:株式会社 Pieno Di Vita

『柿大福』などあまり見ないフルーツの大福も。その時々で変わる旬のフルーツを堪能して!

<店舗詳細>
菓匠よしふじ
住所:大阪府大阪市中央区安堂寺町1-3-13(Sweet’S 谷六店内)
電話番号:06-6777-4006
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定休

■2:シャリ!とろっ!新感覚のフローズンプリンが誕生「うっふぷりん」

画像:こだわりプリン専門店「うっふぷりん」

大阪・北摂を中心に人気を誇るこだわりプリン専門店『うっふぷりん』。『うっふ』とはフランス語のタマゴ“oeuf(ウフ)”が由来なんだとか。

画像:こだわりプリン専門店「うっふぷりん」

店頭には常に十数種類のプリンを販売されています。そのほかに、プリンに関連したさまざまな商品があるので、ぜひ一度チェックしてみて!

ちなみに、北大阪地域ナンバーワングルメでグランプリを受賞した『ティラプリ』は、ふるさと納税返礼品で茨木市を代表するスイーツとして人気なんだとか♡

画像:こだわりプリン専門店「うっふぷりん」

そんな中、『うっふぷりん』の新商品『FROZENプレミアムうっふぷりん』が、WEBをメインに販売開始しました。

通常のプリンを冷凍解凍すると、分離してぼそぼそとした食感に……。ですが、『FROZENプレミアムうっふぷりん』は、オリジナル製法により通常プリンのように、あっさりとした後味の中にコクの深みのあるプリンなんだとか!

画像:こだわりプリン専門店「うっふぷりん」

なんといっても、大きな特徴は3つの味と食感が楽しめること。

まず、3つの味とは一番下にビターカラメル、中間にプレミアムうっふぷりん、上にホワイトベースのこと。それぞれを絡めることで、最後まで飽きずに楽しめます。

また、解凍時間によって3つの味に変化! 解凍2分だとアイスクリームのような味わい、解凍10分だとシャーベット感覚で、解凍30分だとなめらかな食感が楽しめるんです。いろんな味わいに出会えるので、何個もパクパク食べちゃいそう……!

■3:こだわり抜いた芋スイーツ!「御芋屋 きいろと紫」

画像:株式会社イートファクトリー

芋スイーツ専門店『御芋屋 きいろと紫』が2021年4月、大阪・南森町にある株式会社イートファクトリー本社ビル1階にオープンしました。

画像:株式会社イートファクトリー

焼き芋は、甘く熟成された『プレミアム紅はるか』、絹のような舌ざわりの『シルクスイート』、紅はるか並みの糖度を持つ紫芋『ふくむらさき』の3種を使用。

焼き芋だけでなく、さつま芋スイーツも魅力的なお店です。専門店級のおいしさは一度味わってみたい!

画像:株式会社イートファクトリー

芋と生クリーム、あんこが絶妙にマッチした『いも生どら』。4種類のフレーバーを楽しめます。

画像:株式会社イートファクトリー

リンゴのジュレが爽やかな『やきいもモンブラン』。

画像:株式会社イートファクトリー

さつま芋とアイスのマリアージュがおいしい『おいもソフト』。

画像:株式会社イートファクトリー

芋プリンとクリームが2層になった、見た目にもかわいい『おいもプリン』。

ほとんどのメニューはテイクアウトできるので、手土産やおうち時間の息抜きにぴったりです。

■4:大切な人への贈り物にぴったり♡関西初出店「ヴェンキ ディアモール大阪店」

2021年7月、『ディアモール大阪』にイタリア発のチョコジェラテリア『ヴェンキ ディアモール大阪店』がオープンしました。関西初出店です!

画像:ヴェンキ・ジャパン株式会社

『ヴェンキ』は、イタリア・ピエモンテでシルビアーノ・ヴェンキによって1800年代に創業。宝石のように魅せるシルビアーノの才能が評価され、店舗は本物の“チョコレートブティック”として評判を呼びました。

画像:ヴェンキ・ジャパン株式会社

『ヴェンキ ディアモール大阪店』では、『ヴェンキ』の特徴である量り売りスタイルのチョコレート『PICK&MIX』や、ギフトボックスやチョコレートバーなどのほか、16種類のジェラートが楽しめます。

画像:ヴェンキ・ジャパン株式会社

大切な人への贈り物や自分へのご褒美におすすめしたいスイーツがたくさん!

『クレミノ ゴールド ベネズエラ』(1g当たり17.3円・税込)は、ベネズエラ産のカカオをベースとしたジャンドゥーヤのクレミノ。

画像:ヴェンキ・ジャパン株式会社

『ラージ ガーデンハンパー2』(19,440円・税込)や、

画像:ヴェンキ・ジャパン株式会社

『ホワイトチョコレートバー ソルティド ナッツ』(1,566円・税込)など豊富なラインアップです。

画像:ヴェンキ・ジャパン株式会社

また、おうちカフェが充実するスイーツも見逃せない♡

イタリアらしいヘーゼルナッツやピスタチオなどの他に革新的で冒険的な新しいフレーバーの開発を続けている『ヴェンキ』のジェラートは、全16種類のフレーバーから2種類選べる『ピッコロ(S)』(テイクアウト 702円/イートイン 715円・各税込)、3種類選べる『レゴラーレ(M)』(テイクアウト 864円/イートイン 880円・各税込)、4種類選べる『グランデ(L)』(テイクアウト 1,080円/イートイン 1,100円・各税込)の3サイズ展開。

画像:ヴェンキ・ジャパン株式会社

テイクアウト専用のジェラート『テイクアウトパック(4フレーバーまで)』(2,160円・税込)も販売されているので、おうちでゆっくりと味わうことも♡

画像:ヴェンキ・ジャパン株式会社

ほかにも好きなジェラートを選んでシェイクにできる『クラシック』(テイクアウト 540円/イートイン 550円・各税込)もあるので、見逃さずにチェックして!

<店舗詳細>
ヴェンキ ディアモール大阪店 Venchi Diamor Osaka
住所:大阪府大阪市北区梅田1 大阪駅前ダイヤモンド地下街2号 G112区画
営業時間:10:00〜21:00 ※通常営業時間を表記 ※短縮営業等の変更の詳細はホームページにて随時アップ予定

大阪にはおいしそうなスイーツのお店がたくさん。手土産に選んでみてはいかがですか♡(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ 旬しか感じないフルーツ大福!?そのとき一番おいしい果物を味わってもらうため産地やブランドを決めない、菓匠よしふじの「旬のフルーツ大福」。 – PR TIMES
※ うっふぷりんで体験してください!今までのプリンではあり得ない、オリジナル製法による3つの味と3つの食感を楽しめる「FROZENプレミアムうっふぷりん」が誕生! – PRdesse
※ 「芋スイーツ」最前線! 大阪・南森町にOPENする新店に注目! – PR TIMES
※ ヴェンキ ディアモール大阪店 2021年7月16日(金)大阪・梅田にグランドオープン – PR TIMES

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。