4週連続で放送中の読売テレビのバラエティ特番『草彅やすともの うさぎvsかめ』。

番組では、童話の『うさぎとかめ』になぞらえ、すごい専門家にたった1時間だけ教えてもらう楽な“うさぎ”とインターネットに転がるマユツバ情報を頼りに1週間コツコツ頑張った“かめ”が様々なテーマで対決します!

今回annaでは、そんな対決をのぞき見する番組MCの草彅剛さんと、女性漫才師・海原やすよ ともこさんにインタビューしました♡

■初共演に反応が大きくてびっくり

画像:anna

―まずは、収録お疲れさまでした。今回の収録はいかがでしたか?

海原やすよ(以下、やすよ) 草彅さんの優しい雰囲気にスタジオが包まれていたので、リラックスして収録に参加できました。

海原ともこ(以下、ともこ) 初回放送をむかえる前に、第4回目放送の収録をしています。なので、私たちもまだ放送を観られていないんです。だから、放送が楽しみです。

草彅 すごく楽しかったから、放送が5回で終わってしまうのが寂しいです。東京で初回の放送を録画しようとしたら、放送が全国ネットじゃないから番組表になくて……。

ともこ 放送終了後1ヶ月間は、『TVer(ティーバー)』等で見逃し配信がされていますよ。

草彅『TVer』で放送をチェックします!

―今回の初共演について、周囲からの反応はいかがでしたか?

やすよ 反応が大きくてびっくりしました。普段声をかけてこられない方からも声をかけていただきました。

画像:anna

草彅 『Twitter』などSNSで、ファンの子からの反応も大きかったです。

―草彅さんは、おふたりのことを「やすちゃん」「ともちゃん」と呼ばれているそうですね!

やすよ お互いの呼び方を決めようと話していたままで、結局決まらず……。草彅さんは「やすちゃん」「ともちゃん」と呼んでくださるのですが、私たちは「草彅さん」とお呼びしています。

草彅 僕は、早く「つよぽん」って呼ばれたいんですけどね! 草彅さんと呼ばれるよりも「つよぽん」の方が親しみを感じるんです。

画像:anna

やすよ オリジナルの呼び方で「おつよ」はどうですか?

ともこ 「つよぽん」はみんなが知っているから、「おつよ」いいかもね!

やすよ 芸歴も年齢も先輩だから、敬意を込めて「お」をつけるのはどうかなと思って。

草彅 「おつよ」いいね! そういう風に呼んでくれる人がいないから嬉しいな。ぜひ、「おつよ」にしよう!

■“かめ”タイプ?“うさぎ”タイプ?

―番組ではコツコツ頑張った“かめ”とギュッと詰め込む“うさぎ”が対決しますが、ご自身はどちらのタイプだと思いますか?

草彅 僕は不器用なところが多いから“かめ”タイプだと思います。不器用なことが嫌だった時期もあったけど、こうして2人と出会えたので“かめ”タイプで良かったです。“うさぎ”の俺だったらここには辿り着けていないですからね。

……というのを今日、大阪に来るまでの新幹線で考えていました。

画像:ⓒytv

ともこ 収録中に作ったミックスジュースも“おつよ”は丁寧に作ってくださるからとっても美味しかったです。私たちは説明書も読まずに、先に先に進めてしまうことが多いから“うさぎ”タイプだと思います。

やすよ パパッとやって後悔することも多いから、コツコツと頑張る“かめ”になりたいです。

草彅 え〜、俺は“うさぎ”になりたいよ(笑)。

―今回の番組収録は大阪で行われましたが、草彅さんはよく関西に来られるんですか?

画像:anna

草彅 お仕事で行かせていただく機会はありますが、プライベートでは行けていないんです……。だけど、過去に大阪・心斎橋の近くにある出汁が美味しいうどん屋さんに行ったことがあるんですが、そのお店で食べた“うどんすき”がすごく美味しかったのを思い出しました。

ともこ どこのお店なんだろう。私たちが知っているところかな?

草彅 僕が過去に訪れたところよりもやすちゃん、ともちゃんのおすすめを聞きたいです。

やすよ どこがおすすめかなぁ?

草彅 今はなかなか行けないですが……。僕の夢は、この番組がレギュラー化になって、落ち着いた時には一緒に食事に行くことです。

やすよ ともこ ぜひ、行きたいです! その時までに、お店を探しておきます(笑)。

前回の収録が初対面で、今回で会うのが2回目だという3人ですが、収録中やインタビュー中からも3人の仲の良さが伝わってきました。(取材・文/筒井麻由)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『草彅やすともの うさぎvsかめ』
※ ©︎ytv/anna