どうしてもお肉が食べたいときにおすすめの、“とっておきのステーキ御膳”が楽しめるお店が京都にありますよ♡

今回は、2022年5月17日(火)に放送された読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の『おでかけコンシェルジュ』から、京都府久世郡にある『焼肉食道しんしん』をご紹介します。

※この記事は2022年5月17日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

■万葉牛が楽しめる「焼肉食道しんしん」

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

宇治のとなり町にある『焼肉食道しんしん』。駐車場は10台分完備されています。

こちらでは、鳥取県が誇る『万葉牛』が名物で、お肉をちょっとした工夫でおいしく食べられると話題のお店です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

おすすめメニューは、『和牛マルシン』(1,180円・税込)。A4以上の黒毛和牛メス牛のみを厳選しています。メス牛の方がやわらかく、脂の融点も低くとろける食感なんだとか♡

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『万葉牛』は、口溶けが良い上品な脂が特徴で、モモ肉の中心部『マルシン』は、赤身と脂のバランスがよく、あふれだす肉汁とともに、お肉本来の旨味が堪能できます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

青唐辛子入りの自家製ポン酢でいただくのが“しんしん流”です! 程よい辛味もあり、クセになるお味なんだそう♡

■ランチ限定の「和牛レアステーキ御膳」もおすすめ

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

ランチでおすすめなのが、ご飯が見えないほどお肉がたっぷり敷き詰められた『和牛レアステーキ御膳』(1,680円・税込)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こちらの御膳では、赤身の旨味が一際強い部位『カメノコ』を使用しています。表面をフライパンで焼き、肉汁を中に閉じ込めれば、程よくレアでとってもジューシーなステーキに仕上がります。

そして、よりおいしく食べられる、ひつまぶし形式でいただけますよ♡

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

まず初めは、ご飯と一緒にそのままいただきます。肉の甘味がご飯と合わさって、これだけでも十分おいしい♡

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

つづいて、甘めのタレと薬味をつけて再びご飯へ。また違った味わいを楽しめます!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

最後は、カツオとトビウオの出汁をたっぷりかけて『出汁茶漬け』に! 最高の締めくくりです。

■ピリ辛の「名物!舞具魔ごはん」もおすすめ!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

石焼ご飯にピリ辛のスープをかけていただく大迫力の『名物!舞具魔(まぐま)ごはん』(980円・税込)も人気ですよ!

<店舗詳細>
焼肉食道しんしん
住所:京都府久世郡久御山町林八幡講1-100
電話番号:0774-48-1789
営業時間: 11:00〜14:00(L.O.13:30)/17:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日

『和牛レアステーキ御膳』はランチ限定メニューなので、ぜひお昼時に訪れてみてくださいね!(文/Yuikomore)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜〜金曜 夕方4時47分〜)
この記事は2022年5月17日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。