京都を訪れると食べたくなるのが抹茶スイーツ! 京都・宇治で味わうべき極上パフェがありますよ♡

今回は、2022年5月17日(火)に放送された読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の『おでかけコンシェルジュ』から、京都府宇治市にある『辻利兵衛本店・宇治本店』をご紹介します。

※この記事は2022年5月17日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

■JR・宇治駅から徒歩6分「辻利兵衛本店 宇治本店」

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

JR・宇治駅から徒歩6分の場所にある『辻利兵衛本店 宇治本店』。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

160年以上続く宇治茶の老舗『辻利兵衛本店』が手がける茶寮です。築100年ほどの建物をリノベーションしたこちらでは、格式高いイメージがある本格的なお茶を気軽に堪能することができます。

■極上のお抹茶を堪能!「お濃茶極上天慶(季節上生菓子付)」

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こちらの『お濃茶極上天慶(こいちゃごくじょうてんけい)(季節上生菓子付)』(2,420円・税込)は 、お出汁を味わうようなお茶の旨味感じられるんだとか……!

お濃茶は、抹茶量が多く湯量が少なめなのでとっても濃厚です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『辻利兵衛本店』では、今も茶葉を石臼で粉末にしていて、手間がかかることから、8時間かけても300gしか作ることができないんだそう。石臼だからこそ抹茶のきめが均等になり、茶葉本来の風味を存分に活かすことができるんです。

■6種類もの抹茶スイーツが一度に!「お濃茶パフェ宇治誉れ」

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

こちらでぜひ食べていただきたいのが、『お濃茶パフェ宇治誉れ』(1,760円・税込)。さまざまな抹茶スイーツを詰め込んだ極上パフェです!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

一番下に、抹茶の原料である碾茶(てんちゃ)のジュレを敷き、次に抹茶の寒天、そして抹茶のシフォンケーキに抹茶の生クリームをのせ、抹茶のソフトクリームをのせます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

さらに、抹茶のクランチチョコを添え、最後に抹茶のトリュフチョコを加えれば完成です! なんと6種類の抹茶スイーツが一度に楽しめるパフェです。

抹茶ソースがついているので好みのタイミングでかけていただけます。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

一番上にのった、抹茶トリュフチョコには和栗が中に入っていて、とっても美味しいと人気なんだそう……!

■「まちゃらし団子」も人気!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

特製の抹茶醤油だれをかけた『まちゃらし団子』(687円・税込)もおすすめです。初夏ならではの新茶を使ったメニューもありますよ!

<店舗詳細>
辻利兵衛本店 宇治本店
住所:京都府宇治市宇治若森41
電話番号:0774-29-9021
営業時間:10:00〜18:00(L.O.17:00)
定休日:火曜日

老舗が作るからこそ、他とは一味違う抹茶パフェが楽しめそうですね。ぜひ皆さんも味わってみてください!(文/Yuikomore)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜〜金曜 夕方4時47分〜)
この記事は2022年5月17日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。