近年、全国的に大流行しているグランピング。中でも、兵庫にはその土地の自然や食材を存分に楽しめるグランピング施設がたくさんあるんです。

そこで今回は、兵庫で楽しめるグランピング施設をまとめてご紹介します。人気キャラクターとコラボレーションした客室や、絶景を眺めることができる神戸市内のグランピング施設など……必見です!

最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

■1:準備不要!モダンなテントにキャンプ飯「温楽ノ森」

2020年7月、兵庫県豊岡市にオープンした『温楽ノ森(おんがくのもり)』は、2019年8月に廃業した温泉施設『乙女の湯』が生まれ変わって誕生したグランピング施設です。

画像:株式会社キリンジ

たくさんの緑に囲まれ、近くにある浅瀬の川では魚つかみを楽しむことができ、親子で一緒に盛り上がること間違いなし! 遊歩道で自然の空気を感じながらゆったりと散歩をするのも◎

画像:株式会社キリンジ

あらかじめテントが準備されているため、設営の手間もありません。中にはまるでホテルの一室のような空間が広がっています。アメニティも充実していて、快適に過ごせる心配りがなされています。

画像:株式会社キリンジ

また、大自然の中で料理を楽しめるのもグランピングの醍醐味。もちろん、食事の準備も不要です。

アウトドア初心者や、子連れの家族でも手ぶらで訪れ、気軽にアウトドアを満喫できます♡

画像:株式会社キリンジ

『乙女の湯』で愛されていた天然温泉は、『温楽ノ森(おんがくのもり)』でも堪能できます! 屋内の浴槽以外に露天風呂があり、さらには流行りのテントサウナ体験も。リラックスできるお風呂タイムは、きっと日ごろの疲れも癒やしてくれます。さらに、日帰りでも利用できるのがうれしいポイント◎

※新型コロナウイルス等の感染予防及び拡散防止のため、当面の間は入浴時間を短縮して運営。

<詳細情報>
温楽ノ森(おんがくのもり)
住所:兵庫県豊岡市出石町福住882

■2:世界で一棟しかない“ハローキティ”の客室♡ 「GRAND CHARIOT 北斗七星135°」

画像:株式会社パソナグループ

2018年5月、アニメパーク『ニジゲンノモリ』内にオープンした『GRAND CHARIOT 北斗七星135°』は、淡路島産の食材を使用した料理を提供するグランピング施設です。

淡路島の四季折々の自然を五感で感じることのできるアクティビティを開催しているほか、夜には対岸に広がる光り輝く神戸の街並と、淡路島の満天の星を体感できる絶景を楽しめます。

画像:株式会社パソナグループ © 1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G593006

『GRAND CHARIOT 北斗七星135°』で注目の客室は、『ハローキティ 星のコクーン』。

子どもから大人まで幅広い層に愛されている人気キャラクター・ハローキティと星がテーマであるオリジナルデザインを採用した客室です。

画像:株式会社パソナグループ © 1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G593006

ハローキティの巨大なビーズクッションをはじめ、壁やカーテン、鏡、ティーカップに至るまで部屋全体に、ハローキティの装飾が施されており、ハローキティの世界観を存分に楽しむことができます。

画像:株式会社パソナグループ © 1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G593006

しかも、アメニティにまで、かわらしいハローキティのオリジナルデザインが! ハローキティ好きにはうれしすぎるデザインですね♡ ※アメニティがは変更になる可能性があります。

<詳細情報>
GRAND CHARIOT 北斗七星135°
住所:兵庫県淡路市楠本2425 兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」内
電話番号:0799-64-7090

■3:外観から内装まで高級感漂う「ラヴィマーナ神戸」

画像:ブッキングリゾート

『ラヴィマーナ神戸』は、「空・海・緑に囲まれた自然溢れるラグジュアリーグランピング」がコンセプトの全2棟の日帰りグランピングヴィラです。

画像:ブッキングリゾート

ポートアイランドの南・神戸空港島にあり、明石海峡大橋や神戸ポートタワー、六甲山の山並み、淡路島も見渡せる絶景が広がっています。

画像:ブッキングリゾート

1棟貸切型で屋根付きプライベートBBQテラスやシェフ渾身のこだわりグランピングランチやディナーなどが楽しめ、グランピング初心者でも安心の施設です。

画像:ブッキングリゾート

客室は、2種類のタイプから選ぶことができます。さまざまな形の石にかたどられた外観と、白で統一された内装が印象的な『ヴィラ・デ・セティ』は、テントやソファなど、リラックスできる空間が広がっており、屋外ではBBQを楽しむことができるので、グループやファミリーで完全プライベートな時間を過ごせます。

画像:ブッキングリゾート

『ヴィラ・デ・グラシア』は、ラグジュアリーな2階建てのヴィラ。部屋の3面に窓があり、神戸の街並みや離発着する飛行機、沖を行きかう船の眺めながらゆったりとした贅沢な時間を楽しむことができます。

画像:ブッキングリゾート

また、テラススペースで楽しめるBBQメニューは3種類あり、スパニッシュBBQでは『スパニッシュタパス盛り合わせ』、『神戸ポーク 骨付きロース』や、第二のパエリアとも言われているバレンシアのお米料理『アロス・カルドソ』など、シェフこだわりの豪華料理が楽しめます。

面倒な片づけは不要なのもうれしいポイント! BBQの醍醐味だけを楽しむことができます。

<詳細情報>
ラヴィマーナ神戸
住所:兵庫県神戸市中央区神戸空港8-2
電話番号:078-306-1589

■4:贅沢すぎるオーシャングランピング施設「GLAMP MARE-グランマーレ-淡路」

画像:ブッキングリゾート

2021年9月、兵庫県淡路市にオープンした『GLAMP MARE-グランマーレ-淡路』は、全室オーシャンビューのグランピング施設です。

画像:ブッキングリゾート

約2,700平方メートルの広い海辺の立地に5棟ある客室からは、淡路島の広大な海や空を眺めることができ、心地よい潮風で涼みながらゆったりとしたグランピング体験を楽しめます!

画像:ブッキングリゾート

年間1,200万人が訪れる淡路島の中心地・淡路市では初となる“全棟・客室温泉風呂付きのグランピング施設”であることも注目のポイント!

専用食事スペースの2階に設けられた温泉風呂からは、淡路島の移りゆく空や美しい海を贅沢に独り占めすることができます。

画像:ブッキングリゾート

宿泊には、居住空間の快適さと屋外の開放感を追求した日本初登場のオリジナルテント『ベレットテント』、直径7mドーム型テントの『マーレドーム』、2棟のドーム型テントを利用できる大人数のグループ向けの『モルトドーム』の3種類のテントが利用可能です。

各テントには専用のプライベートガーデンが設けられ、ファイヤーピットが準備されています。日没後は潮風にあたりながら、星空と炎を眺める優雅でリラックスできる時間を過ごせますよ。

画像:ブッキングリゾート

また、初めてアウトドアを楽しむ人や女性、子どもなど、誰でも快適に過ごすことができるように、各テントのデッキスペースに個別のトイレと食事スペースが完備されています。

「トイレの音が気になる」という意見を反映し、テント内ではなく、テントに隣接する形で設置したり、雨の日でも快適にBBQが楽しめるよう各棟に専用の食事スペースを設置したりと、誰でもいつでも楽しめる工夫が施されています。

画像:ブッキングリゾート

そして、グランピングの醍醐味でもあるBBQは、地域の食材を使った淡路島でしか味わえないメニューが楽しめます。淡路牛や淡路ポーク、玉ねぎ、タコなどのご当地食材が中心です。

『素泊りプラン』では食材を持ち込んで自分たち流にBBQできるのもうれしいポイント!

画像:ブッキングリゾート

さらに、『GLAMP MARE-グランマーレ-淡路』から車で約20分の場所に、関西最大級のマリンレジャー施設『SEA MOON RESORT』があります。

パドルボードやシーカヤック、バナナボート、トーイングチューブ、パラセーリングなど、淡路島の海を存分に楽しめる多彩なマリンアクティビティが体験できますよ。

<詳細情報>
GLAMP MARE-グランマーレ-淡路
住所:兵庫県淡路市釜口字津田2013

■5:日本初のルーフトップ・ドーム型グランピング施設「AWAJI GLAMPING BEACH VILLA SAZANAMI」

画像:ブッキングリゾート

2021年8月、淡路島にオープンした『AWAJI GLAMPING BEACH VILLA SAZANAMI(淡路島グランピングビーチヴィラ漣)』は、淡路島の玄関口に位置する眺望抜群のビーチサイドリゾート施設『MOON JELLY』の屋上配置された直径8mのドーム型テントです。

テント内は冷暖房完備で、オールシーズン快適に過ごせます。

画像:ブッキングリゾート

宿泊体験を伴うルーフトップのドーム型グランピング施設は、なんと日本初! 1日1組限定で贅沢なプライベートグランピングが楽しめる施設です。

画像:ブッキングリゾート

明石海峡大橋から最も近い位置にあり、夜にはロマンティックな夜景を独占♡ 明石海峡大橋のライトアップは色の組み合わせが28パターンあり、さらに季節によって変化するので再び訪れたときにはまた違う夜景が楽しめるかも!

画像:ブッキングリゾート

さらに、『MOON JELLY』のルーフトップバスも利用でき(※別途有料)、夜景と星空を楽しむ贅沢な時間が過ごせます。

画像:ブッキングリゾート

食事は『MOON JELLY』内にあるイタリアンレストランや、江戸前寿司の他にグランピングの王道・BBQも予約可能。他にも近隣にはカフェ、道の駅、飲食店もあり、好みに合わせて選ぶことができます。(※『MOON JELLY』での食事は事前予約制)

画像:ブッキングリゾート

プライベート空間が確保されている1日1組限定のアーバンタイプのグランピング施設、一味違ったグランピング体験をしたい方におすすめです!

<詳細情報>
AWAJI GLAMPING BEACH VILLA SAZANAMI(淡路島グランピングビーチヴィラ漣)
住所:兵庫県淡路市岩屋1871 MOON JELLY AWAJI RESORT ROOFTOP

■6:ラグジュアリーな空間が楽しめる「Glamping Resort Awaji」

画像:ブッキングリゾート

『Glamping Resort Awaji』は、“淡路島初のドーム型グランピング施設でラグジュアリーなグランピングを”をコンセプトにした淡路エリア初のドーム型グランピング施設です。

キャンプ初心者でも安心な設備や、利便性の良さが魅力です。

画像:ブッキングリゾート

施設内にはたったの7つしかドーム型テントがないので、ゆったりとした空間で豊かな淡路島の自然を楽しめます♡ 大型のテントは、悪天候でも安心です。

画像:ブッキングリゾート

お部屋の中もかなりラグジュアリー♡ 直径7m〜10mの大型ドームテントには、冷暖房が完備されていて、どのシーズンも快適に過ごせます。また、ホテル並みのアメニティと個別のシャワールーム・トイレがドームごとに設置されているため、女性やお子さんも心配ありません。

画像:ブッキングリゾート

さらに、淡路島では唯一のペット同伴OKなグランピング施設なんです。ペット同伴OKの『オーシャンリゾート』タイプのテントは3棟あり、ワンちゃんと一緒に旅行の思い出が作れちゃいます♡

他にもジャグジーがお部屋に付いたテントや、専用の駐車場が付いたテントなどさまざまなタイプのお部屋が用意されていますよ。

画像:ブッキングリゾート

夕食は、淡路島の食材を丸ごと楽しむ『グランピングBBQプラン』。淡路牛や淡路ポーク、しらすやキャベツなどここでしか味わえないご当地食材を使った贅沢なBBQを堪能できます。

画像:ブッキングリゾート

また、淡路島ならではの“食のアクティビティ”も充実。玉ねぎを使ったオニオンブロッサム作りや、トルネードポテト作りなど、お子さんと盛り上がれるイベントが目白押しです。

<詳細情報>
Glamping Resort Awaji
住所:兵庫県淡路市岩屋2604

■7:神戸市初のグランピング施設「グランドーム神戸天空」

画像:ブッキングリゾート

2020年8月、神戸市唯一のグランピング施設としてオープンした『グランドーム神戸天空』は、8つの大型ドームテントが設置され、夕日・夜景を眺望できる施設です。

ドームテントに宿泊できるのはもちろんのこと、源泉かけ流しの温泉の入浴体験も。神戸三宮から車で約20分とアクセスが良く、小旅行にもぴったりです♡

画像:ブッキングリゾート

2021年3月には、新たなドームテント『プレミアラウンジ』と『プレミアガーデン』が登場しました。

『プレミアラウンジ』は、8〜10名が宿泊できる直径10mのドームテントで、同施設の専用のアウトドアリビング付き内では最大級! 大きな専用デッキには、BBQガスグリルや専用ファイヤーピットなども完備されているので、グループだけで特別な時間が過ごせそう♡

画像:ブッキングリゾート

直径7mのドームテント『プレミアガーデン』には、最大4名の宿泊が可能。ファミリーにおすすめの宿泊施設で、『プレミアラウンジ』同様、BBQが楽しめる専用デッキ付きです。

画像:ブッキングリゾート

食事は、『グランピングBBQプラン』が用意されています。各テント専用のBBQスペースで焼くだけの状態でケータリングされるので手間いらず! 神戸エリアの食材や地元の特産物を楽しめますよ。

画像:ブッキングリゾート

さらに、滞在中は地下1,200mから湧き出す天然温泉が楽しめる施設『銀河の湯』も利用できます。

夜景を満喫できる大きな露天風呂の他にも、さまざまな温泉やサウナが完備されているので、とことんリラックスできちゃいます。グランピング宿泊者は、7時〜9時の間、朝風呂も楽しめるのでこちらも要チェックです。

<詳細情報>
GLAMP DOME-グランドーム-神戸天空
住所:兵庫県神戸市北区山田町原野1-1

■8:屋上であったかグランピングが体験できる「THE DECK」

画像:合同会社H.A.G.S

神戸・南京町にある唯一のゲストハウス『神戸なでしこ屋』の屋上にあるルーフトップバー『THE DECK(ザ・デッキ)』では、大人2人が寝転ぶことができるベルテント1基、4〜5人で入ることができるこたつ、冷気をしのぐ1人用ミニテント4基、ソファ4席が用意された空間でグランピングを楽しむことができます。

画像:合同会社H.A.G.S

1グループ2〜15人での利用で、1予約1組だけの貸切で利用も可能。

画像:合同会社H.A.G.S

焼いた食材にラクレットチーズをたっぷりとかけて、ホットワインも楽しめる『ラクレット&ホットワインプラン(予約制)』(3,900円・税抜)と、好きな食材や飲み物を持ち込んで楽しめる『貸切りプラン(予約制)』(3,000円〜・税抜)の2つのプランから選べます。

<詳細情報>
THE DECK(ザ・デッキ)
住所:兵庫県神戸市中央区栄町通1-2-21 ゲストハウス神戸なでしこ屋 屋上
営業時間:11:00〜23:00 ※変更あり。Instagramにてご確認ください

いかがでしたか? グランピングに興味のある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ 兵庫県豊岡市 温泉グランピング施設「温楽ノ森」7/3 グランドオープン - PR TIMES
※ グランピング施設「GRAND CHARIOT 北斗七星135°」 新棟『ハローキティ 星のコクーン』11/15オープン - PR TIMES
※ © 1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G593006
※ 【2021年8月オープン】兵庫神戸に絶景ラグジュアリー日帰りグランピング【グランピングリゾート ラヴィマーナ神戸】 - PR TIMES
※ 【2021年9月オープン】淡路市初の客室温泉付グランピング【GLAMP MARE-グランマーレ-淡路】 - PR TIMES
※ 【2021年8月オープン】日本初のルーフトップ・ドーム型グランピング施設【AWAJI GLAMPING BEACH VILLA SAZANAMI】- PR TIMES
※ 【2021年GWオープン】淡路島初のドーム型グランピング施設【Glamping Resort Awaji-グランピングリゾートアワジ-】 - PR TIMES
※ 【2021年3月20日オープン】神戸市初のグランピング施設"グランドーム神戸天空"の新ドームテント『プレミアラウンジ』『プレミアガーデン』 - PR TIMES
※ 神戸・南京町のゲストハウスで屋上グランピング こたつで楽しむラクレット&ホットワインプランも - PR TIMES

最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。