いつでも食べたくなるほど美味しい人気グルメは、手に入れるのが難しいこともありますよね。

これまで読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』で紹介された中から、待ってでも食べたい“絶品グルメ&スイーツ”をご紹介します。1か月待ちの大人気メロンや1年以上待ちのチョコチーズケーキなど……これは見逃せません!

※この記事はそれぞれの放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせ下さい。

■1:まちだシルク農園の「まちだシルクメロン」(2022年6月13日(月)放送)

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

最初にご紹介するのは、東京都町田市にある工業用のエアーノズルを作る『大浩研熱』が立ち上げた別会社『まちだシルク農園』によって栽培・販売されている、『まちだシルクメロン(ブロンズ)』(4,320円・税込 ※送料別)。超高級メロンなんですが、1か月待ちの大人気メロンなんだそう!

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

一般的なメロンの糖度は12度から15度にもかかわらず、最高糖度21度という超激うまメロンで、切っただけで蜜があふれ出てきます。果肉感はしっかりあり、かんだ瞬間に口の中でとろけ、驚くほどジューシー♡

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

こちらのメロンは、特許も取得している本格的な水耕栽培『町田式新農法』によって作られていて、絶えず養分が流れており、敷き詰められたメロンの根は、養分を吸い放題の環境で栄養吸収を行うことができます。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

従来型のメロン水耕栽培は一方向から養液を流すやり方で、栄養がすべての根っこに行き届かないんだそうですが、『町田式新農法』は中心部から全体に養液を流します。そのため隅々まで栄養が行き届くので、メロンがとてもおいしく育つんだとか。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

実は、『町田式新農法』は自社で製造している『エアーノズル』技術を応用したもので、独自技術を使い、“世界初の水流システム”を実現させました。こちらの設備自体も販売しているという“スゴワザ特許製法”です。

■2:チーズケーキの店 アンジュの「チョコチーズケーキ」(2022年1月25日(火)放送)

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

続いてご紹介するのは、大阪府和泉市にある『チーズケーキの店 アンジュ』の『チョコチーズケーキ』(1,950円・税込 ※送料別)。なんと電話予約のみの販売で、1年1か月待ちと大人気……! しかも、1年以上待ちが10年続くというから驚きです。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

使用する材料の詳細は企業秘密ですが、いずれも長年かけて見つけ出した最高級の食材。中でもこだわっているフランス産のチョコは、様々なところから取り寄せて、一番美味しかった最高級のチョコレートを使用しているんだとか。こちらもメーカー名は秘密です。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

作り方にもこだわりがたくさんあります。まず、熱伝導率の高い銅鍋に、チーズ、小麦粉、牛乳を入れ一気に加熱します。数分後には、お餅のようなトロットロのタネが出来上がります。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

ここに超濃厚な卵を加え、こだわりの最高級チョコを投入します。銅鍋の熱が冷めない状態ですばやくチョコを溶かし激うまのチョコチーズ生地を作っていくのです。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

ここで、他店にはマネできない、アンジュ独自の製法が……! 大量のメレンゲを入れることによって、冷めてもフワフワ感が残るんだそう。超大量のメレンゲとチョコチーズを混ぜ合わせ、濃厚でトロットロの生地を作っていきます。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

そして焼き上げにもひと工夫。なんとお湯を入れて蒸し焼きにします。しっとりフワフワに仕上げるためのこだわり製法なんだそう。

しかし、このこだわり製法には落とし穴が。空気を含んだメレンゲを大量に入れているため、窯で加熱し続けるとケーキが膨らみ破裂してしまうそう。そのため、焼く間の1時間はずっと窯の見張りをするんだとか……!

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

数分ごとに扉を開け熱を逃がしながら焼くという手間暇のかかりすぎる製法でのため、1週間に作れるのは50個が限界なんだそうです!

■3:上田商店の「特選きんこ芋」(2022年1月25日(火)放送)

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

続いてご紹介するのは、三重県志摩市にある『上田商店』で販売されている『特選きんこ芋』(170g 1,180円・税込 +送料)。通販でなんと約1年待ち、最長で2年待ちもあるという超人気干し芋です! フルーツみたいなみずみずしさで、かめばかむほど甘味とうまみが出てくるんだとか。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

原材料は隼人芋(はやといも)と呼ばれるさつまいもの一種。栽培方法が難しいので、原産地の鹿児島でもあまり栽培されていない希少種なんだそう。これを志摩地区で独自に栽培して秋に収穫し、冬の時期だけ製造しています。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

こちらでは、他ではマネできない特殊な“煮切り干し製法”で、きんこ芋に仕上げていきます。芋のうまみが詰まった継ぎ足しの煮汁でじっくり煮込み、うまみ・甘味を芋の隅々まで存分にしみ込ませていきます。さらに煮込んだ後、12時間かけて蒸しあげにしていきます。蒸らしながら徐々に温度を下げていくことで、お芋の芯まで美味しさがギュッとしみ渡るんだそう。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

一般的な干し芋は、作る時に煮込まず蒸した後に干して出来上がりです。芋を煮込むと美味しくなるかわりに水分が入りすぎ、干し芋にするのが難しいからなんだそう。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

『上田商店』では、芋を乾燥させる特殊技術を開発したことで、煮込んでから干すことが可能となりました! 乾燥室、熟成室そして天日干しという3つの乾燥法を組み合わせています。

独自の極秘製法で“水分を抜いてうまみを残す”極上の干し芋を作り上げたのです。

■4:みなみかわ製麺の「オホーツクの塩ラーメン」(2022年8月2日(火)放送)

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

最後にご紹介するのは、北海道の湧別町にある『みなみかわ製麺』で製造されている『オホーツクの塩ラーメン』(1袋 378円・税込 ※送料別)。およそ1か月待ちになるほど人気の袋麺です。麺とスープの両方に“自家製オホーツクの天然塩”が使用されています。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

会社近くにあるサロマ湖の港の岸壁でタンクをのせたトラックを使い、サロマ湖の海水を汲み上げているんだとか。※自治体に許可をとり海水を汲み上げています。

サロマ湖の水はオホーツク海から海水が入るため塩水です。この海水を毎日汲み上げ会社に持ち帰り、製塩作業を行っています。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

カラマツの木材などを使いながら熱を起こし、4日間かけて塩水をじっくり煮詰めていくと……栄養分豊富で雑味の無い、“超絶品オホーツクの天然塩”が出来上がるんです!

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

また、麺も驚きの製法です。作った麺帯を24時間熟成させ製麺した後、乾燥熟成室に入れ再び24時間熟成させ、さらに別の熟成室に移し替え、追加で48時間熟成させるんだそう……!

麺のうまみを最大限引き出す、秘密の温度と湿度で麺を熟成させています。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

合計で96時間の熟成を行い、最上級の“激ウマ乾麺”を作り上げているんです。

どのグルメも独自の製法で作り上げているからこそ特別な一品にしあがるのかもしれませんね。ぜひ予約をしてゲットしてみてください♡(文/Yuikomore・anna編集部)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』(月曜〜金曜 5時10分〜)

この記事はそれぞれの放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせ下さい。