2022年9月15日(木)、大阪・難波にポークステーキ専門店『マロリーポークステーキ』がオープン。

漫画のような巨大なステーキが話題となり、ついに関西エリア初出店。これは見逃せません!

■「マロリーポークステーキ」とは

画像:株式会社57

『マロリーポークステーキ』は、2020年11月に東京・自由が丘に1号店をオープンし、今回7店舗目として関西に初出店したポークステーキ専門店です。

“漫画のような巨大な塊肉”を商品コンセプトとし、3年間の試行錯誤によって生まれた技術で作られた巨大なステーキは、多くの大食いYouTuberが挑戦して話題を集めました。

■関西バージョンメニューが登場?ステーキのこだわり

画像:株式会社57

店名の“マロリー”は登山家の名前に由来しており、メニュー名はポークステーキを山に見立ててサイズごとに有名な山の名前をつけているのだとか。

難波店では、『ポークステーキ200g 日和山(宮城 3mの山)』が『天保山(大阪 4.53mの山)』に、『ポークステーキ270g 高尾山(東京 599mの山)』が『六甲山(大阪 931mの山)』のように、“関西バージョン”のメニュー名になっています!

画像:株式会社57

真空低温調理で火を通した豚肉を、仕上げにオーブンでクリスピー状に焼き上げた分厚いポークステーキは、ナイフを入れるとしっかりした肉質ながらもあまりのやわらかさに感動するほどだそう♡

画像:株式会社57

さらに、「高くて旨いは当たり前、安くて旨いに価値がある」というコンセプトのもと大量発注を行うことで、低価格で提供することを実現しています。

画像:株式会社57

そんな低価格で巨大なポークステーキメニューは、『天保山(200g)』(セット 990円/単品 790円・各税込)や『六甲山(270g)』(セット 1,190円/単品 990円・各税込)などの日本の山にちなんだメニューだけでなく、『マッターホルン(700g)』(セット 2,590円/単品 2,390円・各税込)や『キリマンジャロ(1kg)』(セット 3,490円/単品 3,290円・各税込)などの海外の山にちなんだメニューなど、ボリューム満点です♡

<店舗詳細>
マロリーポークステーキ 難波店
住所:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY本館 B1F
電話番号:090-2486-0588
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30)/17:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日:なし

低価格なので、気軽に行きやすいのも嬉しいポイントですね。気になった方は、ぜひ足を運んでみてください♡(anna編集部)

【画像・参考】
※ 関西エリア初出店! 大阪難波に漫画みたいに巨大なポークステーキ専門店「マロリーポークステーキ」 なんばCITY本館B1 - PR TIMES

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。