インナーにフリースなど、日頃お世話になっている人も多いであろうファッションブランド『ユニクロ』。たくさんのヒット商品を売り出す裏側では、驚くべきさまざまな工夫がされているんだとか……!

今回は、2022年8月26日(金)に放送された読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』の『情報喫茶店〜裏側密着〜』から、“『ユニクロ』の知られざる秘密”をご紹介します。

※この記事は2022年8月26日(金)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

■世界に誇る「ユニクロ」の知られざる工夫とは?

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

世界に1,545店舗、国内にはなんと802店舗も展開されている(※)『ユニクロ』には、買い物を便利に・お得にするための、さまざまな工夫があります。(※2022年2月時点)

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

例えば、複数カラー展開されているアイテムは、左から右にかけて色が濃くなるようにグラデーションを作って陳列することがルールなのだとか。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

サイズは、大きい人ほど上の棚に手が届きやすいため、下にSサイズを並べ上に向かって大きいサイズになるように工夫がされています。

さらに、毎週金曜日に更新される新聞の折り込みチラシや店内に置かれている広告にも知られざる工夫があります。人は、左から右に向かってチラシを見る習慣があるので、注目すべき商品はいつもオモテ面の左上に掲載し、チラシを全て見てもらえるしているそう。

さまざまな工夫が『ユニクロ』の買い物のしやすさを実現してくれていたんです。

■店舗オリジナルの商品やサービスも

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

世界中の店舗で統一されたルールがさまざまありますが、店舗オリジナルの商品やサービスも提供しているんだとか。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

京都河原町店では、なんとお花を販売。靴下と同様1束390円(税込)、3束まとめて990円(税込)という破格の安さで、洋服以外でも“生活に彩り”を提供してくれています。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

ちなみに関西では、京都河原町店以外にも、あべのキューズモール店・心斎橋店・ルクア イーレ店の4店舗でお花を購入することができますよ。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

また、関西では京都河原町店でしか楽しめない、“オリジナルTシャツ”を1,990円(税込)で作れるサービスも! 店内に置かれているタブレットでデザインしたり、データを持ち込んだりすれば、その場で簡単に作ることができます。Tシャツだけでなくトートバッグも2,490円(税込)で作成可能♡

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

ネットからでも簡単に注文できちゃうので、店舗に行けない人でも楽しめます。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

さらに、デザインしたTシャツは『ユニクロ』を通じて販売も可能! 値段設定も自分でできるだけでなく、基本料金に上乗せしたデザイン費は、売上として自分の利益にすることもできますよ。

<店舗詳細>
ユニクロ 京都河原町店
住所:京都府京都市中京区河原町通三条下ル大黒町58番地 ミーナ京都B1-3F
電話番号:075-222-8715(受付時間/11:00〜21:00)

■「ユニクロ」本部にはさらなる秘密が…!

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

『ユニクロ』の秘密をさらに追求するべく、東京・有明にある『ユニクロ有明本部』に行ってきました。オフィスは、『阪神甲子園球場』のグラウンドより広いおよそ5,000坪です……!

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

エントランスには、高級ホテルのロビーのようなカウンターや美術館のような通路があり、このおしゃれな空間では約1,000人のスタッフが働いているそう。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

中には、約25,000冊の本が並ぶ社員専用の図書館も完備されています。スキルアップに役立つ、世界中のファッションや文化に関する本から経済本まで揃っています。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

また、およそ1,800坪もある空間にはいくつものスタジオがあり、ホームページなどに掲載されている写真のほとんどがここで撮影されているそうです。

新作商品が毎週およそ30アイテム誕生していて、ほぼ毎日スタジオで撮影が行われています。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

撮影時には着用イメージが湧くように、スタイリストが緻密なシワを作り、立体感を出すという工夫も。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

さらに、『人工気象室』と呼ばれる温度や湿度などあらゆる環境を再現する部屋があるんだとか。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

こちらの部屋は、設定上マイナス40°Cまで温度を下げることができます。中で冬物商品の研究をして暖かさの追求を行っています。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

一方、隣の部屋は39°Cで湿度70%という蒸し暑い環境を再現。実際に行われている研究をチェックしてみました。(※画像はサーモグラフィカメラで撮影)

Tシャツの中に一般的なコットン製の肌着と『ユニクロ』の定番『エアリズム』をそれぞれ着て、運動したときの熱のこもり具合をサーモグラフィーで比較します。青は汗、赤いほど暑い状態を示しています。

画像:読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

『エアリズム』は、汗を吸ってもすぐに乾いて服の中の湿気を放出してくれるので、暑さを抑えられていることが分かります。

こういった実験や研究・開発を重ねて、大ヒット商品が生まれているんですね……!

世界中で愛され続ける『ユニクロ』の裏側には、地道な研究や工夫が積み重ねられています。寒くなるこれからの季節も、例年通りお世話になっちゃいましょう♡(文/吉村すみれ)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』(毎週金曜 よる7時〜)

この記事は2022年8月26日(金)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。