2022年5月、京都市下京区に朝カレーとスパイス販売のお店『SPICE GATE(スパイスゲート)』が誕生しました。

朝は京風出汁カレー、ランチには鹿肉の入ったカレー、食後やカフェ利用にスパイスを使ったスイーツなど、多様な楽しみ方ができるお店です。今こそチェックしておきたいニュースポットにanna編集部が行ってきました!

■人気ビリヤニ専門店の姉妹店として誕生

阪急『京都河原町』駅から歩いて約5分のところにある、朝カレーとスパイス販売のお店『SPICE GATE』。京都で大人気のビリヤニ専門店『INDIA GATE(インディアゲート)』の姉妹店として2022年5月にオープンしました。

画像:anna

ビルのらせん階段を2階へと上ると、ガラス張りでおしゃれな外観が見えます。

画像:anna

店内にはテーブル席とカウンター席があり、ゆったりと過ごせる落ち着いた空間です。今回、筆者は朝カレーではなくランチタイムに訪れましたが、店内は多くのお客さんでにぎわっていました。

画像:anna

「スパイスを知る入口(きっかけ)になれば。スパイスの形からでも知ってほしい」とのことで店内にはさまざまな透明の容器に入ったスパイスが置かれています。

水色が基調の家具は、インドのアンティークのものだそうで店内を見渡すのが楽しいです。

■限定10食!鹿肉を使ったランチのカレーは見逃せない

画像:anna

今回は、ランチの看板メニューで限定10食の『京都京北産の鹿モモカツカレー』(1,800円・税込)をいただきました。じっくりと低温で火を通したあとに揚げた鹿モモカツがたっぷりと入った一皿です。鹿モモカツは添えられたラズベリーソースと相性抜群です。

画像:anna

他にも赤玉ねぎやパプリカのピクルスなどがトッピングされていて食感や味の変化を楽しめます。

画像:anna

テーブルに置かれた自家製スパイス『カシミールチリミックス』をかけるとスパイスの香りをさらに感じられますよ。

画像:anna

筆者は鹿モモカツにたっぷりかけて食べるのがお気に入りです!

『SPICE GATE』のこだわりはなんといっても祇園北川半兵衛の煎茶で炊いたインドのお米『バスマティライス』! この『バスマティライス』をおいしく食べられるカレーや料理を提供しているのです。店主の山縣さんは「香りがすごくいいんです。口当たりも軽いです」と魅力を教えてくれました。

パクチーが苦手という方は、注文時にその旨を伝えるとパクチー抜きにしてもらえますよ。

画像:SPICE GATE

ランチは、他にも月替わりのメニューがあり、2022年11月は『シナモン香る牛タンカレーとカボチャパリップ(レンズ豆のココナッツカレー)』(1,400円・税込)。スパイスカレーと牛タンを同時に食べられる贅沢な一皿です♡

■食後にはスパイスを使ったスイーツを

『SPICE GATE』では、スパイスを使ったスイーツもいただけるということで食後にケーキとドリンクがセットの『ケーキセット』(800円・税込)をオーダー。

画像:anna

数種類のケーキから、チャイとチーズケーキが大好きな筆者は一番人気の『オリジナルチャイチーズケーキ』をチョイス。ドリンクは自家製ブレンドの『ハーブティー(ホット)』にしました。

画像:anna

『オリジナルチャイチーズケーキ』は、チャイを濃いめに煮だし、砂糖は控えめで作られているとのこと。濃厚だけれども口当たりが軽く食べる手が止まりませんでした……! クリームをつけて食べるとまた違う味を楽しめます。

画像:anna

『ハーブティー(ホット)』は提供されてすぐさまいい香りが漂い幸せな気持ちになりました。『ハーブティー(ホット)』は日替わりなので行くたびに違った味と香りにワクワクすること間違いなし!

画像:SPICE GATE

ケーキのほか牛の乳からできたバター・ギーを使った『ギースコーン』(各250円・税込)など、すべてのスイーツは2人のパティシエが試行錯誤しながら作っているのだとか。カフェ利用はもちろんのこと、スイーツはテイクアウトも◎。

画像:anna

また自家製の『コールドブリュー』は浅煎りと深煎りの2種類が用意されています。

■スパイスのみの購入もできる!

画像:anna

店内にはスパイス販売のスペースも! スパイス、ギー、ナンプラー、ハーブ系など全部で100種類以上がズラリと並んでいます。

画像:anna

テーブルに置かれた自家製スパイス『カシミールチリミックス』(ミルセット 1,800円/追加用袋 500円・各税込)も購入できるんです。山縣さんは「結構万能で和食にも合うんです。からあげや肉じゃがにかけるのもいいですよ」とおすすめの使い方を教えてくれました。

『カシミールチリミックス』を気に入って、わざわざ大阪から買い求めに来る方もいるのだそう!

画像:anna

気になったものは香りを試すことができます。

■7時30分から朝定食も!京風のスパイスカレー

朝7時30分から開店する『SPICE GATE』、朝は“和風朝定食”をテーマに京風のスパイスカレーがいただけます。

京都の和の朝定食をいろいろ食べに行きリサーチした山縣さんは「おばんざい、魚、漬物などいろんな食材を朝から楽しめる“和風×カレー”をイメージした」と話してくれました。

画像:SPICE GATE

メニューは『京風スパイス朝定食 鶏キーマと魚介出汁のカレー』(1,200円・税込)と、

画像:SPICE GATE

『京風スパイス朝定食 トマトのおでん出汁カレー』(1400円・税込)。※メニューは変更になる可能性があります

魚介出汁が効いたカレーや小松菜のインド風お浸し、大根とカシミールチリの千枚漬けなど、和とスパイスが融合!「あっさりと食べられる」と老若男女問わず多くの方が朝から来店されるそうです。

<店舗詳細>
SPICE GATE
住所:京都府京都市下京区恵美須之町546 しきさい寺町ビル 2F
電話番号:075-741-7554
営業時間:【朝定食】7:30〜11:00【ランチ】11:30〜14:30(L.O.14:00)【カフェ営業】14:00〜16:00【スパイス販売】7:30〜16:00
定休日:不定休 ※カフェ営業は土日祝日のみ(不定期)

さまざまな形でスパイスを楽しめるので何度も足を運びたくなるお店でした。京都を訪れる際はぜひチェックしてみてください。(取材・文/内藤こころ)

【画像】
※anna/SPICE GATE

最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。