2022年4月、和歌山県岩出市にオープンした『NEKORO CAFE(ネコロウカフェ)』。

今回は、和歌山県産のフルーツや素材にこだわったパフェやドリンクが楽しめる、テイクアウト専門のカフェをご紹介します。

■「根來寺」の大塔を眺めながらほっこりカフェタイム

画像:MAYU

春は桜、秋は紅葉が美しく見られることで有名な『根來寺(ねごろじ)』。その駐車場の一角に『NEKORO CAFE(ネコロウカフェ)』はオープンしました。

テイクアウト専門店ですが、お店前にゆっくり腰を下ろしてパフェやドリンクを堪能できるベンチを設置しています。

画像:MAYU

『NEKORO CAFE』のマスコットキャラクター、『NERO(左)』と『KORO(右)』。店主いちおしのフォトスポットで、訪れた人はここを背景に、ドリンクやパフェと一緒に撮影するのだそう。

画像:MAYU

ベンチからは、国宝にも認定されている『根來寺』の大塔を眺められるビュースポットがあることも推しどころです。

■店内では「根來寺」や地域にちなんだお土産のお買い物も可能

画像:MAYU

店内では、すぐそばに『根來寺』があることからお寺にちなんだ商品や、和歌山のお土産を取り揃えています。

画像:MAYU

ユニークな形をしたロウソクを発見! 「こんな商品が売っているんだ」と新しい発見にもなるので、ぜひみてみてくださいね。

画像:MAYU

さらに『根來寺』で生まれた伝統漆器『根來塗(ねごろぬり)』の展示・販売も行っています。カフェを利用するだけでなく、和歌山の伝統を知るきっかけになってほしい……と、店主の想いが込められています。ぜひ気軽に声をかけてみて、お話を聞いてみてください。

■和歌山県産を使った旬のフルーツが堪能できるパフェ

画像:MAYU

フルーツ王国と呼ばれるほど、甘くて濃厚な果実が実る和歌山県。そんなフルーツをおいしく食べられる『NEKOROフルーツパフェ』(750円・税込)。

その時期の旬のフルーツを使用しており、2022年11月現在はいちじくパフェを提供しています。柔らかくてほんのり甘いいちじくや果肉、特製ジャムが入ったこだわりのパフェです。なくなり次第終了なので、お早めに!

※フルーツの変動に伴い、価格が変更になる場合があります。

■老若男女が楽しめる甘酒もおすすめ

画像:MAYU

いちご、もも、ブルーベリーの3種類がセットになった『フルーツ甘酒飲み比べset』(600円・税込)。和歌山県岩出市で製造されている『初音』という甘酒(※ノンアルコール)を使った、筆者おすすめのメニューです。

ミニカップで提供されるので、1人で飲むにもちょうどいいサイズ感! クセがなく飲みやすい甘酒なので、日頃甘酒を飲まないという方もぜひ味わってみてください。

■大人気!リピーター続出のバナナドリンク

画像:MAYU

ドリンクメニューの中でも人気なのが『蜜ノ月バナナジュース』(750円・税込)。和歌山県海南市にある『KOKUBO FARM』で育てられた無農薬の『蜜の月BANANA』を使用しています。

牛乳とオーツミルクのどちらで割るか選ぶことができ、筆者はあっさりとした味わいとバナナの甘さが味わえるオーツミルクをチョイス。パフェやアイスクリームとの相性抜群なので、合わせて飲んでみてください。

<店舗詳細>
NEKORO CAFE(ネコロウカフェ)
住所:和歌山県岩出市根来2184

これからは紅葉の時期なので、美しく色鮮やかな絶景も楽しむことができますよ。風情溢れる『根來寺』の大塔を眺めながら、のんびりほっこりとしたカフェタイムを過ごしてみてください。(取材・文/MAYU)

【画像】
※ MAYU

最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。