ゆっくり落ち着いた雰囲気を求めて、カフェに行く方も少なくはないのでしょうか?

今回は、仕事柄お店とコラボレーションされることも多いannaアンバサダーでティーブレンダー・メディカルハーバリストの平井宏美さん。そんなプロに“ゆったりとした時間を過ごせる関西のカフェ”を3つ教えていただきました!

■1:味も見た目も抜群!芸術的なケーキがおすすめな「piu cafe」(京都)

画像:piu cafe

京都の北区にある『piu cafe』は、木のぬくもりを感じる居心地の良いカフェ。

画像:piu cafe

有名なのが『あまおう苺のミルフィーユ(冬〜春)』(1,400円・税込)、『和栗とフランス栗のミルフィーユ(秋)』(1,500円・税込)。甘党のフレンチシェフが作る見た目が美しいミルフィーユです。

画像:piu cafe

芸術的な『バースデーケーキ』(S 2,600円/M 3,800円/L 4,800円・税込)もおすすめ。フレンチ仕込みなので、お味も間違いなく楽しめます♡

<店舗詳細>
piu cafe
住所:京都府京都市北区大将軍西町131

■2:お花とカフェが融合した「2eme MAISON」(京都)

画像:2eme MAISON

続いてご紹介するのは、京都の鴨川沿いにある『2eme MAISON』。お花とカフェが融合したお店です。

画像:平井宏美

お店の雰囲気やお花を見るだけでも楽しめますが、お料理も絶品! 『季節のフルーツと焼きモッツァレラのサラダ』(1,200円・税込 ※サラダの内容は日によって異なります)がおすすめです。

他にもさまざまな食感が楽しめる『ポテサラ』(500円・税込)がとっても美味しんだそう。

画像:2eme MAISON

『アップルパイ』(650円・税込)も有名で、外のパイはサクサク、中のりんごはジューシーでとトロトロ! お店は、昼12時から夜23時まで営業しています。ぜひ訪れてみてくださいね。

<店舗詳細>
2eme MAISON
住所:京都府京都市下京区寺町通り五条上る西橋詰町794

■3:リピーターを持つ絶品フレンチトーストが人気の「cafe wapi」(滋賀)

画像:cafe wapi

最後にご紹介するのは滋賀県にある『cafe wapi』。

レトロな雰囲気でアンティークな食器などでサーブしていただけます。時間を経たヴィンテージに囲まれたモダンカフェなんです。

画像:cafe wapi

『フレンチトースト さつまいもバター』(1,200円・税込)がとっても有名です。※季節でメニューは異なります

フレンチトースト専用のパンを一晩漬け込んでいるので、外はカリ、中はふわとろ食感が楽しめますよ♡

画像:cafe wapi

他にも『フレンチトースト りんごのコンポート』(1,100円・税込)や『フレンチトースト モンブラン』(1,400円・税込)など、このフレンチトーストを楽しみに毎月訪れる地元の方もいらっしゃるんだそう。※季節でメニューは異なります

<店舗詳細>
cafe wapi
住所:滋賀県栗東市安養寺2-6-1

一人でもゆっくりできるお店ばかりなので、日常を忘れたい日、リラックスしたい日にぜひ訪れてみてくださいね。

(文/Yuikomore)

【画像・参考】
※ piu cafe/2eme MAISON/cafe wapi/平井宏美

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。